So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

パヴァロッティが亡くなって10年......"Pavarotti Un'emozione senza fine" (Arena di Varona, 2017.9.6) [パヴァロッティ]

 ヴェローナ野外劇場からパヴァロッティ没後10周年のイベント"Pavarotti Un'emozione senza fine"が開催されました。
 パヴァロッティは、イタリアよりも外国での人気が高かったのですが、ニコレッタ・マントヴァーニ未亡人は、さすがのやり手で、パヴァロッティの死後、財団の運営、ミラノとかモデナの記念館等々、パヴァロッティブランドの確立に奮闘しているようです。パヴァロッティが望んだ方向かどうかは疑問ですが......今回の大規模なイベントも彼女の趣味(オペラには興味がない)、オペラ歌手としてよりも世界の人気者としての側面がおおいに反映されたもののようです。でも、カレーラスとドミンゴが一緒に、それにグリゴーロが出演するので、早朝4時からの放送を楽しませてもらいました。イベント自体は大成功で、テレビでも他番組を押しのけてダントツ1位の高視聴率(平均視聴率26,91%)だったそうです。 第二ブログにも記事があります。

プログラム
司会:Carlo Conti
Ron Howard 映画監督:
 パヴァロッティのドキュメンタリーを制作
verona2017.jpg
1.José Carreras e Placido Domingo: My way →
2.Zucchero:Miserere
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-4.jpg
3.Vittorio Grigolo:Tosca”lucevan le stelle” →
4.Fabio Fazio プロデューサー
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-9.jpg
5.Placido Domingo, Angela Gheorghiu & Jose Carreras
 Non ti scordar di me    →
6.ros Ramazzotti:Se bastasse una canzone
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-12.jpg
7.Andrea Bocelli ローマから:
 La fille di Régiment ”Ah, mes ami” →
8.Rigoberta Menchú Tum リゴベルタ・メンチュウ・トゥム:1992年ノーベル平和賞  
9.Giorgia:Imagine
10.Alessandro Del Piero:サッカー選手
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-6.jpg
11.José Carreras:Passione ドミンゴ指揮 →
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-7.jpg
12.Massimo Ranieri & Gheorghiu:
 ナポリ民謡 Te voglio bene assaje →
13.Fiorella Mannoia:Caruso
14.Nek Filippo Neviani:Ave Maria
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-8.jpg
15.Francesco Meli:
 L'elisir d'amore “Una furtiva lagrima” →
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-10.jpg
16.パヴァロッティ財団の若手オペラ歌手6人:
 “La Traviata”から「乾杯の歌」   →
17.ニコレッタさん挨拶
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-13.jpg
18.2Cellos:La donna è mobile e ’O sole mio →
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-11.jpg
19.Fabio Armiliato:Mattinata →
luciano-pavarotti-10th-anniversary-concert-2.jpg
20.Vittorio Grigolo, Nicola Piovani指揮:
  romanza ’Lucianò,  →    
  Nicola Piovani作曲 / Franco Marcoaldi歌詞

*youtubeにアップされているビデオの再生リスト:Arena di Verona 06.09.2017 (Raiは、即刻削除なんですが、未だにあるということはイタリア国内からならいいのかも...)

 三大テノールもドミンゴはバリトンに転向、カレーラスはオペラの舞台からは引退してコンサート活動だけ、という現状です。ドミンゴは、バリトンに転向したので、ソロでは歌いませんでしたが、カレーラスの指揮を引き受けていました。
 グリゴーロは、パヴァロッティと13才で同じ舞台(1990.12.13〜1991.1.19)に立ち、とても可愛がってもらっていたとか....マスコミが「パヴァロッティーノ」と呼んでいたとか......そして、パヴァロッティが亡くなる直前に、ワシントン歌劇場で「ボエーム」を歌うためのアドバイスをもらいにモデナの自宅を訪問しています。2008年にシカゴでパヴァロッティ追悼野外コンサートを開催し、4万人の観客が集まったとか......いろいろ不思議な縁で結ばれていますね。

関連記事:
パヴァロッティ没後8周年追悼コンサート (モデナのグランデ広場 / 2015.9.6):パヴァロッティの記事のリンク有り

 ここの写真はほとんどClassicFM.comのサイトから頂いて来たものですが、作曲家のピオヴァーニと司会者の写真に"5. Placido Domingo talks to host Carlo Conti"なんて説明つけてます。今現在訂正されていません。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

テノールのマイケル・ファビアーノ 婚約発表=カミングアウト(2017.8.30) [オペラ歌手]

 ファビアーノが、facebook とTwitterで発表しました。 ふーん.....そうなんだ....おめでとうございます。ENGAGED to the love of my life, Bryan McCalister [黒ハート]

オペラ関連のサイトの記事:
Forum Opéra:Carnet rose : Michael Fabiano fiancé
parterre box:Possente amor li chiama


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

メト2017/18シーズン「トスカ」:カウフマン降板 代わりはグリゴーロ (2017.3.3発表) 理由は personal life とprofessional obligations ☆ NYTimes 続報(3/8) ☆ オポライス降板 トスカはヨンチェヴァ(2017.6.16メト発表)☆ネルソンス→レヴァイン(2017.7.11) [オペラの話題]

◎あらららら、今度はアンドリス・ネルソンスがキャンセル、ジェームス・レヴァインが振るそうです。理由は発表されていませんが、奥さんが出ないなら、やっぱりやーめたってことかなぁ。いつまで続くのって感じですが、シーズン発表で唯一残っているターフェルは大丈夫かな.....
 NYtimesの記事、James Levine to Replace Andris Nelsons in the Met’s New ‘Tosca’
(2017.7.11)



◎あら、吃驚、オポライスが “for personal reasons,”で降板、代役はソーニャ・ヨンチェヴァとの発表がありました。(2017.6.16メト発表)
 ヨンチェヴァは、「フィガロの結婚」(12/29〜1/13)の伯爵夫人からトスカに乗り換え、伯爵夫人はアイリーン・ペレス、ヨンチェバは来シーズン「トスカ」「ボエーム」「ルイザ・ミラー」にHD出演ということになります。新演出の「トスカ」、混迷続きですが、さすがメトってことですか......うまくおさめました。キャスト変更はこれで最後にして欲しいですね。

・NYTimesの記事:Adding a Note of Turmoil, the Met Opera Loses Its Tosca

 しかし、ヨンチェヴァの来シーズンのスケジュール凄いですよ。ロールデビューが、「ドン・カルロ」、「トスカ」、「ルイザ・ミラー」、ベリーニの「海賊」と四つも。

◎ヨンチェヴァ来シーズンのスケジュール:
パリ(10/10〜10/28):フランス語版「ドン・カルロ」新演出 初役
パリ(12/1〜12/16):「ボエーム」新演出
メト(12/31〜1/27):「トスカ」新演出 初役 HD
ジュネーヴ 2/4:コンサート
ドルトムント 2/7:コンサート
スカラ座 2/11:リサイタル
メト(2/16~3/10):「ボエーム」HD
メト(3/29〜4/21):「ルイザ・ミラー」初役 HD
チューリッヒ 5/1:リサイタル
ロール スイス 5/4:リサイタル
フィラデルフィア(5/12,16,19):コンサート形式「トスカ」
シャンゼリゼ劇場 6/1:コンサート
バーデンバーデン 6/3:コンサート
スカラ座(6/29〜7/17):ベリーニの「海賊」初役


 今シーズンは健康上の理由でのキャンセルもあったようですが、全部こなせるのかしら。(ヨンチェヴァに関する過去記事)
(2017.6.17)

=  =  =  =  =  =  

◎ニューヨークタイムズから続報が出ました。

1、なぜ、発表前に言わなかったかは、回答を得られなかった
2、ヨーロッパ外の公演は2週間が上限
3、ヨーロッパ内では、各週ごとに1〜2日は家族と過ごす
4、カウフマンの提案:4公演だけ歌ってもいい、リハーサル期間と大晦日ガラには参加しない。HDシネマには出ても良い。今回の提案はゲルプにとっては許容できる程度を超えていたので、グリゴーロを雇った。(メトのギャラは$17,000/1公演、リハーサル中は、約$2,000/1週間)

以上のような内容です。

 ということは、ヨーロッパ外では、オペラの出演はまず無理でしょう。

Jonas Kaufmann: A Tenor in Demand, Now in Short Supply
(2017.3.9)

=  =  =  =  =  =  =  


◎3月4日「ウェルテル」最終公演、ライブ放送の幕間インタビューでグリゴーロが「トスカ」について話しています。「2019年にロールデビューの予定だったのでプランの変更をせまられたが、チャンスをもらえて嬉しい.....カヴァラドッシを歌うことは、ローマでパヴァロッティとトスカの舞台にパストレッロ役で出演した時からの夢だった....」と。



 グリゴーロは、昨年の12月31日から3月4日までメトの公演「ロメオとジュリエット」と「ウェルテル」に出演、リハーサルを含めると4ヶ月以上ニューヨークに滞在したわけですが、これってトップレベルのオペラ歌手の宿命、クリスマスもお正月も自宅で家族と過ごしたいのであれば、劇場の専属歌手になるか、最初から、この期間は歌わないことを周知しておくことが必要でしょう。それを発表後2週間経って、キャンセルって......まあ、どうでもいいですけど...開いた口が...です。
 カウフマンのファンにとっても今回のキャンセルは残念なことのはずですが、中には大晦日に歌いたくないのは当たり前だとか、カウフマンならあの大きな劇場を満席にできるからといって、9回も歌わせるのは異常なことだ、とメト側を非難していますが、この大晦日ガラって、メトではかなり前からやっていて、今回の「ロメオとジュリエット」も9公演ですし、同じドイツ出身のダムラウは、2年連続(真珠採りとロメオ)で出演しています。カウフマンは、以前も「この時期家族と居たい....」という理由で公演をまるまるキャンセルしたことがありますが、その時は6月でした。
ヨナス・カウフマン プライヴェートな理由で6月12〜23日のスカラ座「カヴァレリア」出演取り消し(2015.3.5発表)
(2017.3.5)

=  =  =  =  =  =  =  

 2月15日に発表されたメト来シーズンの「トスカ」から、カウフマンが降りることが発表されました。そんな理由ならシーズン発表前に出られないって言えるでしょ.....の一言につきるわけですが.....

理由:
personal life and professional obligations

"I feel that I cannot allow myself to have such long periods away from my family at this time," he said in a statement issues through his agents. "I look forward to returning to the Met in the near future. I also look forward to my appearances at Carnegie Hall next season in a recital (1/20)and as soloist (4/12)with the Boston Symphony."


werther1314.03.jpg →  →  →  → gri_werther2017met_20-db4e7.jpg

 ちなみにカウフマンは、メトでは2014年「ウェルテル」(今グリゴーロが歌って、好評を博している)が最後で、その後の「カルメン」「マノン・レスコー」は健康上の理由で降板しています。
 2017年10月28日パリの「ドン・カルロ」最終公演以降オペラの公演は白紙状態なので、今後のスケジュールによっては、更なる真相が明らかになる可能性もあります。

1、よくあるのは、他の劇場の公演に乗り換え
  (可能性としては、スカラ座の開幕公演が「アンドレア・シェニエ」ですから、可能性ゼロとは言えない。ペレイラの発表では、ネトレプコ夫婦だそうですが、タイトルロールは、マッダレーナではなく、シェニエですし、シェニエがネトレプコの夫というのはいかがなものか....と私は思っています)
2、トスカは飽きたし、新しいものを歌いたい....第二のドミンゴになりたい
3、長期間(4〜6週間)のリハーサルを要求されない劇場を優先する
4、知名度も上がったし、今後は実入りのいいコンサート中心でいく
5、ファミリーが子供たちのことかどうか分からないが、彼女Christiane Lutzが関係している公演に出たい
6、その他

参考記事:今のところNYTimesの記事とAP通信の記事が配信されている
Jonas Kaufmann Withdraws From Met Opera’s ‘Tosca’
Tenor Jonas Kaufmann Cancels at Met Opera Yet Again
 ゲルプは、万一に備えて(そうでしょうね、カウフマンはあてにできない)、グリゴーロに、トスカを歌うつもりがあるかどうかは打診していたそうです。グリゴーロは、2018年または2019年にROHでロールデビューするつもりでしたがどうなるんだろう。ゲルプに恩を売っておいて、ウェストサイドをメトでって話が実現したりして.......

関連記事:
メトの「ウェルテル」:ヴィットリオ・グリゴーロ(2017年)とヨナス・カウフマン(2014年
メト2017−2018シーズン発表 (2017.2.15) ☆一覧表
ヨナス・カウフマン:復帰後。。。 ☆パリ「ローエングリン」復帰 (2017.1.18) ....
ヨナス・カウフマン プライヴェートな理由で6月12〜23日のスカラ座「カヴァレリア」出演取り消し(2015.3.5発表)



=  =  =  =  =  =  =  


「1990年、ローマ歌劇場は《トスカ》の3幕のために牧童を必要としていた。ヴァチカンが、たまたまヨハネパウロ2世にコーヒーを持って来たシスティーナ聖歌隊のソリスト、ヴィットリオ・グリゴーロを提供した。」Opera News”2010年9月号ヴィットリオ・グリゴーロの特集記事から



関連記事:
1990年ローマ歌劇場《トスカ》13才のグリゴーロ(羊飼いの少年):パヴァロッティ感激
13才のヴィットリオ・グリゴーロ"パヴァロッティーノ"の新聞記事


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カウフマンの「オテロ 」テジエ(イアーゴ)降板(ROH 2017.6.2発表) [オペラの話題]

◎劇場側のキャストチェンジのお知らせから、テジエが「健康上の理由」でキャンセルしたという文言が消されました。やっぱり、劇場側の作文だったんですね。コミニュケーション不足ってことだと思いますが、勝手に理由を作ってはダメでしょう。
(2017.6.11)


◎twitterのアカウントが本物のテジエのものかどうか怪しい(面倒くさい世の中になったなぁ)という声があったようで、ForumOperaに再度とりあげられました.....で結局どうなのか(私には)よくわかりません。

Ludovic Tézier parle aux Anglais (et aux autres)
(2017.6.8)


 ROHの今シーズン一番の目玉のカウフマンのオテロでイアーゴを歌うはずだったリュドヴィク・テジエ Ludovic Tezier が降板しました。(させられましたかな...)

 ROHの発表:Cast change: Verdi's Otello on 21, 24, 28 June and 2, 6, 10 July 2017/The role of Iago will be sung by Marco Vratogna.
 劇場側発表の「健康上の理由」というのはウソだということで話題になっています。リハーサルに2日遅れたのが理由で、健康上はなんの問題もないということのようです。テジエによれば、リハーサルに遅れたことは事実だが、降板を決定したのはROH側ということです。(Plus de Iago pour Ludovic Tézier)

 実はテジエは5月の「ドン・カルロ」を個人的な理由でキャンセルしていますので、これの報復ではないか....なんて言われたりも。(Cast change: Christoph Pohl and Simone Piazzola to sing in Don Carlo(5/2発表))

 この「ドン・カルロ」は、けっこういいキャストを揃えたのに、エリザベッタ(Krassimira Stoyanova)とロドリーゴ(Ludovic Tezier )の主要キャストが二人も直前キャンセルした上、なんと最終日は、エリザベッタの代役のソプラノが救急車で病院に運ばれて、代役が見つからずに中止になったそうです。中止と言っても1幕から3幕までの抜粋で1時間半近く上演して、切符代は全額返金ということだったそうですけど、劇場側としては踏んだり蹴ったりの公演だったんですね。(ロンドンの椿姫さんのブログの情報

 ずっと前のことですが、スカラ座からリハーサルに出なければ解任する....と言われたとかで、マルセロ・アルバレスが怒って、その後の出演(開幕公演のドン・カルロとアンドレア・シェニエ)を全部キャンセルしちゃったことがあります。記事:マルセロ・アルバレス、天下のスカラ座を袖に.....

 ROHの発表では「来シーズンの"L’Ange de Nisida"での復帰を楽しみにしています」とテジエが言ったことになっていますが、本当なのかしら。



nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2017-2018シーズン発表:☆バイエルン国立歌劇場 (4/2発表)☆ ウィーン国立歌劇場 (4/5発表)☆ ロイヤル・オペラハウス(4/5発表)☆ スカラ座(5/31発表) [オペラの話題]

ミラノ・スカラ座 2017-18シーズン (2017.5.31発表)
バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.2発表)
ウィーン国立歌劇場 Wiener Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.5発表)
ロイヤル・オペラハウス(2017.4.5発表)

 バイエルンもウィーンも連日オペラをやっていますので、オペラ愛好家の皆様ご贔屓の歌手がだいたい出ているのではないかと思います。来シーズンは、グリゴーロもちょっとだけ出演予定、両劇場とも「愛の妙薬」です。

◎バイエルンは、こちらのサイトで、出演歌手等だいたい分かります。
 J. Kaufmann, A.Netrebko And All The Major Stars in Bayerische Staatsoper’s 2017-18 Season
  
◎ウィーンは、こちら。
 All The Major Opera Stars Performing At The Vienna State Opera 2017-18 Season

◎ROHは、こちら。
 6 Opera Stars You Must See At the Royal Opera House in 2017-18
 6 Opera Starsって、マイケル・ファビアーノを入れちゃうの? まあアメリカのサイトだからか。へえぇーーなのが、フォークトのローエングリンにオポライスのエルザ、指揮は夫のネルソンス。ネトレプコはキャンセルされないように夫婦共演にしちゃてるじゃないの。予想では、フローレスがルチアに出演することになっていたようですが、やっぱり出ませんね。今シーズンのあの(ひどい)ニュープロダクションでは出ないだろう......と言われていましたけど。

関連記事:
パリ国立歌劇場 l’Opéra national de Paris 2017/2018シーズン:オペラ公演ラインアップ (2017.1.25発表)
メト2017−2018シーズン発表 (2017.2.15) ☆一覧表





nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今シーズンも「ダブル・リゴレット」(2017.5.27〜6.27)☆パリ(バスティーユ)新演出「リゴレット」:ドッペルゲンガー・リゴレット(2016.4.9〜5.30) [オペラの話題]

◎ l’Opéra Bastilleでは、前シーズンに続いて今シーズンもクラウス・グート演出の「ダブル・リゴレット」やります。
今シーズンのキャスト:
・Daniele Rustioni, Claus Guth
 Vittorio Grigolo, Željko Lučić, Nadine Sierra, Kwangchul Youn ,Elena Maximova


 第二ブログに今シーズンの「リゴレット」追っかけ記事
パリ国立歌劇場 l’Opéra Bastille リゴレット(2017.5.27〜6.27 ー11公演)」があります。
(2017.5.27)

=  =  =  =  =  =  =  =  = 

以下2015-16シーズン
 
 パリ・オペラ座2015-16シーズンの「リゴレット」、ただ今上演中。クラウス・グートの新演出で、来シーズンも再演(2017.5.27〜6.27)されることになっていて、グリゴーロが出演予定です。なので、どんな演出か気になります。
 今シーズンの公爵は、あのマイケル・ファビアーノ、そう、このパリのリゴレットのオファーがなければ、新国で「ウェルテル」を歌っていたはずの......(ウェルテルって顔じゃないから....コルチャック君の方がよかったけどね)。

pari-Rigoletto2016.jpg
 クラウス・グートの新演出で、見た目はメトの「ラスヴェガス・リゴレット」みたいですが、なんかリゴレットが二人....ドッペルゲンガーってこと? Pascal Lifschという俳優が演じています。キャストを見て、吃驚、なんとマッダレーナがヴェッセリーナ・カサロヴァ(Vesselina Kasarova 1965.7.18 - )、ロールデビューなのかなぁ。舞台写真を見るとリゴレットが小さい段ボール箱を抱えているけど、舞台全体がその段ボールの中という設定なのかなぁ.....こういう演出って年取るとめんどくさい......

パリ・オペラ座 2016-17シーズン:
リゴレット:2017年5月27, 30日/ 6月2, 5, 9, 12, 15, 18, 21, 24, 27日 (11公演)2016.2.10発表
 Daniele Rustioni / Vittorio Grigolo, Željko Lučić, Nadine Sierra, Kwangchul Youn, Elena Maximova

メトのラスベガス・リゴレット(2013年4月)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メト:リンカーンセンター50周年ガラコンサート(2017.5.7) 出演者最終発表(2017.3.15)☆ ライブ放送 [オペラの話題]

◎第2ブログにも記事(プログラムも)があります。



 ネトレプコは「マクベス」のマクベス夫人の "Vieni t'affretta..."と「マダム・バタフライ」の"ある晴れた日に Un bel dì " を歌いましたが、歌もマクベス夫人と同じに怖かった....芸者スタイルなんて言ってましたが、ケバケバした着物風?衣装と怖いメイクでとても蝶々さんには見えません。YouTubeのビデオで衣装とメイクが見られます。
(2017.5.9)


Metropolitan Opera 50th Anniversary Gala Review: Dmitri Hvorostovsky’s Surprise Return Among Many Highlights in a Memorable Night

◎グリゴーロ登場、ロメオです。 
☆Ah! lève-toi, soleil

 2曲目は、トスカから"E lucevan le stelle"


Free Live Audio Streams で放送中。
(2017.5.8)


◎あららら.....フローレスまでキャンセルだそうです。理由は、
Flórez announced the news on his website stating, “It is with much regret that I have to cancel my participation at the MET Gala due to an indisposition. I send the best wishes to all my friends and colleagues for a wonderful celebration. Thanks for your understanding.”(全文はoperawire)

 "indisposition" ってよく分かりませんが、なんとなく気がのらないってことなの? 一曲歌うだけのために海を渡ってニューヨークまで来たくないってこと? ビリャソンの突然の辞退も変だし、もしかしてトランプのせい?
(2017.5.7)


◎ローランド・ビリャソンがキャンセルしました。ビリャソンは5月27日からのROHの「愛の妙薬」もキャンセルしています。理由は、medical reasons、ネモリーノは無理じゃないかと思っていたので、やっぱり....と思いましたけど....歌手から演出にシフトしているようです。
(2017.5.4)


 5月7日に行われる「Soloist in the 50 Years at Lincoln Center Gala」の出演者が、最終的に決まったようです。

 メトのシーズン発表(2016.2.17)後、出演者リストが時々変更されていましたが、今回の発表が最終的なもののようです。出演者リストにヴィットリオ・グリゴーロが追加(合計28名)されてた時点(2016.6.17)では、総勢28名でしたが、最終的には歌手は36名、8名も増えています。プログラムが決定してから、必要な歌手を揃えたんでしょうけど、やっぱりね....というテノールも追加されています。泣くこと地頭にはなんとやら....なのかしら。

50th Anniversary Gala:2017年5月7日
(2016.6.17での出演者は青と赤、その後追加された出演者は緑)
指揮者:
 Marco Armiliato, James Levine, Yannick Nézet-Séguin

テノール (86名+2名=108名):
 Piotr Beczała, Benjamin Bliss, Javier Camarena, Michael Fabiano, Juan Diego Flórez,
 Vittorio Grigolo, Matthew Polenzani, Rolando Villazón, Joseph Calleja, Yusif Eyvazov

カウンターテノール (+1名);
 David Daniels

バリトン(5名+2名=7名):
 Plácido Domingo, Mariusz Kwiecień, Željko Lučić, James Morris, Michael Volle, Dwayne Croft,
 Yunpeng Wang


バス(3名+1名=4名):
 Ferruccio Furlanetto Gunther Groissböck, Eric Owens, René Pape, Christopher Job


ソプラノ(8名-1名+1名=8名):
 Diana Damrau, Renée Fleming, Amanda Majeski, Angela Meade, Anna Netrebko,
 Kristine Opolais, Pretty Yende, Sonya Yoncheva. Latonia Moore

メゾ (4名+2名=6名):
 Joyce DiDonato, Elīna Garanča, Susan Graham, Isabel Leonard, Dolora Zajick, Stephanie Blythe



 やっぱりね....のテノールが、たまたまBarcacciaのPerle Nereで放送されました。
*2017.3/9放送:"Nessun dorma" 高音を失敗したとかではなく.....ノンベリッシマ.....



nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メトロポリタン・オペラ HD上映:WOWOW放送分 (2017.4まで) [WOWOWメトHD放送一覧]

◎2017年4月8日(土)初回放送:ヴェルディ《オテロ》2015年10月17日収録。
 2012年の「オテロ」(ボータ、フレミング、シュトルックマン)に続きHD2回目。

=  =  =  =  =  =  

2015/2016シーズン
◎2016年11月19日(土)初回放送:ヴェルディ《トロヴァトーレ》2015年10月3日収録
◎2017年4月8日(土)初回放送:ヴェルディ《オテロ》2015年10月17日収録
◎2017年5月13日(土)初回放送:ワグナー《タンホイザー》2015年10月31日収録
◎xxxx年x月xx日(土)初回放送:アルバン・ベルク《ルル》2015年12月21日収録
◎xxxx年x月xx日(土)初回放送:ビゼー《真珠採り》2016年1月15日収録
◎2017年1月2日(土)初回放送:プッチーニ《トゥーランドット》2016年1月30日収録
◎2017年3月4日(土)初回放送:プッチーニ《マノン・レスコー》2016年3月5日収録
◎2017年2月11日(土)初回放送:プッチーニ《蝶々夫人》2016年4月2日収録

◎xxxx年x月xx日(土)初回放送:ドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》2016年4月16日収録
◎xxxx年x月xx日(土)初回放送:リヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》2013年10月5日収録
(2017.3.31)
*  *  *  *  *  *  


◎明日は、V・グリゴーロ主演 オッフェンバック《ホフマン物語》の初回放送です。第二ブログに記事を書きました。
WOWOWメトHD初回放送「ホフマン物語」(2016.8.27午後3時〜)☆ グリゴーロ「ホフマン」について語る
(2016.8.26)

*  *  *  *  *  *  

2014/2015シーズン
◎2016年10月1日(土)初回放送:《カヴァレリア・ルスティカーナ/ 道化師》2015年4月25日収録
◎2016年8月27日(土)初回放送:オッフェンバック《ホフマン物語》2015年1月31日収録
◎2016年7月2日(土)初回放送:《イオランタ》《青髯公の城》2015年2月14日収録
◎2016年6月11日(土)初回放送:モーツァルト《フィガロの結婚》2014年10月18日収録
◎2016年5月14日(土)初回放送:ロッシーニ《セビリアの理髪師》2014年11月22日収録
◎2016年4月30日(土)初回放送:ワグナー《マイスタージンガー》2014年12月13日収録
◎2016年3月12日(土)初回放送:ドニゼッティ《湖上の人》2015年3月14日収録
◎2016年2月6日(土)初回放送:レハール《メリー・ウィドウ》2015年1月17日収録
◎2015年12月26日(土)初回放送:ビゼー《カルメン》2014年11月1日収録
◎2015年11月14日(土)初回放送:ヴェルディ《マクベス》2014年10月18日収録


2013/2014シーズン
◎2015年9月26日(土)初回放送:プッチーニ《トスカ》2013年11月9日収録
◎2015年7月11日(土)初回放送:ロッシーニ《チェネレントラ》2014年5月14日収録
◎2015年8月1日(土)初回放送:プッチーニ《ボエーム》2014年4月5日収録
◎2015年6月6日(土)初回放送:ボロディン《イーゴル公》2014年3月1日収録
◎2015年5月16日(土)初回放送:ドボルザーク《ルサルカ》2014年2月8日収録

◎2015年3月14日(土)初回放送:モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》2014年4月26日収録
◎2015年2月7日(土)初回放送:ヴェルディ《ファルスタッフ》2013年12月14日収録
◎2014年12月20日(土)初回放送:マスネ《ウェルテル》2014年3月15日収録
◎2014年11月1日(土)初回放送:チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》2013年10月5日収録
*  *  *  *  *  *  

◎2014年10月18日(土)初回放送:ヘンデル《ジュリオ・チェーザレ》2013年4月27日収録
◎2014年9月27日(土)初回放送:ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》2013年3月16日収録

 あの1984年豪華版ピエロ・ファッジョーニ演出の再演です。これは楽しみですが、キャストはどうなんだろう.....レナータ・スコットとプラシド・ドミンゴが主役でしたから聞きおとりしそう。
 1984年の公演は、発売されたLDの紹介文によれば、「メト100周年記念で、150万ドル(当時のレートは1$/240円くらいですから3億6千万!)かけた66年ぶりの新演出で、演出、舞台、衣装は、イタリア系で、望みうる最高のスタッフを揃えた・・・」んだそうです。フランチェスカの夫ジャンチョットはバリトンの役ですが、カップッチッリがオファーが来ても断る役の筆頭にあげてました。確かにやな奴です。(2014.9.25追記)
*  *  *  *  *  *  * 

◎2013年8月以降に放送されたものを追加しました。放送されたオペラは64、メトのHD上映も同じ演目2回目になってきました。(2014.7.19)

 WOWOWでメトのHD上映の放送が開始されたのが2011年10月。放送されたオペラも50作品になりました。何度もリピート放送されることもあって、わけが分からなくなってきましたのでリストを作りました。
 私が、WOWOWに加入したのは20年前なんですが、きっかけは、1992年のベルリン定期演奏会のアバド指揮「ランスへの旅」の放送.....ルッジェーロ・ライモンディが出演するというのであわててデコーダーを電気屋さんに買いに行きました。今は、テレビとか電話で申し込むだけですぐ見られますけどね。

*このリストの「みどころ」は、WOWOWのオペラ紹介のページにリンクしています。間違い等ありましたら教えて下さい。写真はMetアーカイヴスから(クリックすると拡大します)。


★Verdi:
Macbeth0708.18.jpg Aida.0910.16.jpg Boccanegra0910.19.jpg
 1.マクベス:2008年1月12日収録 2.アイーダ:2009年10月24日収録 3.シモン・ボッカネグラ:2010.2.6.収録
DonCarlo1011.10.jpg Trovatore0809.01.jpg Traviata1112a.01.jpg
4.ドン・カルロ:2010年12月11日収録 5.トロバトーレ:2011年4月30日収録  6.椿姫:2012年4月14日収録
Ernani1112.15.jpg otello1213.20.jpg ballo1213.03.jpg
7.エルナーニ:2012年2月25日収録 8.オテロ:2012年10月27日収録  9.仮面舞踏会:2012年12月8日収録
rig201213.05.jpg aida_met_alagna.jpg Falstaff1314.27.jpg
10.リゴレット:2013年2月16日収録 11.アイーダ:2012年10月27日収録 12.ファルスタッフ:2013年12月14日収録
Macbeth-06.jpg Trovatore_Duet.jpg OTEL_3644a.jpg
13.マクベス:2014年10月11日収録 14.トロバトーレ:2015年10月3日収録 15.オテロ:2015年10月17日収録



1.MACBETH:James Levine/Zeljko Lucic, Maria Guleghina, John Relyea, Dimitri Pittas みどころ
2.AIDA:Daniele Gatti/Violeta Urmana, Johan Botha, Dolora Zajick, Carlo Guelfi みどころ
3.SIMON BOCCANEGRA:James Levine / Plácido Domingo, Adrianne Pieczonka, M.Giordani, James Morris みどころ
4.DON CARLO:Yannick Nézet-Séguin/Roberto Alagna, Simon Keenlyside, Ferruccio Furlanetto みどころ
5.IL TROVATORE:Marco Armiliato/Marcelo Álvarez, Sondra Radvanovsky, Dmitri Hvorostovsky, Dolora Zajick みどころ
6.LA TRAVIATA:Fabio Luisi/Natalie Dessay, Matthew Polenzani, Dmitri Hvorostovsky みどころ
7.ERNANI :Marco Armiliat/Marcello Giordani, Angela Meade, Dmitri Hvorostovsky, Ferruccio Furlanetto みどころ
8.OTELLO :Semyon Bychkov/Johan Botha, Renée Fleming, Falk Struckmann, Michael Fabiano みどころ
9.UN BALLO IN MASCHERA :Fabio Luisi/Sondra Radvanovsky, Marcelo Álvarez, Dmitri Hvorostovsky みどころ
10.RIGOLETTO :Michele Mariotti/Zeljko Lucic, Diana Damrau, Piotr Beczala, Oksana Volkova みどころ
11.AIDA :Fabio Luisi/Liudmyla Monastyrska, Roberto Alagna, Olga Borodina, George Gagnidze
12.FALSTAFF :James Levine, Robert Carsen/Ambrogio Maestri, Angela Meade, Franco Vassallo, Stephanie Blythe
13.Macbeth:Fabio Luisi/Zeljko Lucic,Anna Netrebko,Rene Pape,Joseph Calleja
14.Il Trovatore :Marco Armiliato/Yonghoon Lee,Anna Netrebko,Dmitri Hvorostovsky,Dolora Zajick
15.Otello:yannick nézet-séguin/Aleksandrs Antonenko,Sonya Yoncheva,Zeljko Lucic,Dimitri Pittas



★Puccini:
ManonLescaut0708.14.jpg Boheme0708.07.jpg Rondine0809.04.jpg
 1.マノン・レスコー:2008年2月16日収録 2.ボエーム:2008年4月5日収録 3.つばめ:2009年1月10日収録
Butterfly0708.12.jpg Tosca0910.20.jpg Turandot0910.10.jpg
4.蝶々夫人:2009年3月7日収録 5.トスカ:2009年10月10日収録 6.トゥーランドット:2009年11月7日収録
Fanciulla1011.23.jpgTosca1314.06.jpg LaBoheme_1009s_2-3165709253-O.jpg
 7.西部の娘:2011年1月8日収録8.トスカ:2013年11月9日収録9.ボエーム:2014年4月5日収録
Turandot_5903-s.jpgBFLYX_0529a.jpg11ALAGNAJP-master675.jpg
10.トゥーランドット:2016年1月30日収録
11.蝶々夫人:2016年4月2日収録
12.マノン・レスコー:2016年3月5日収録


1.MANON LESCAUT:James Levine/Karita Mattila,Marcello Giordan,Dwayne Croft みどころ
2.LA BOHÈME:Nicola Luisotti/Angela Gheorghiu,Ramón Vargas,Ludovic Tézier みどころ
3.LA RONDINE:Marco Armiliato/Angela Gheorghiu,Roberto Alagna,Samuel Ramey みどころ
4.MADAMA BUTTERFLY:Patrick Summers/Patricia Racette, Marcello Giordani,Dwayne Croft みどころ
5.TOSCA:Joseph Colaneri/Karita Mattila, Marcelo Álvarez, George Gagnidze みどころ
6.TURANDOT:Andris Nelsons/Maria Guleghina, Marcello Giordani, Samuel Ramey みどころ
7.LA FANCIULLA DEL WEST:Nicola Luisotti/Deborah Voigt,Marcello Giordani,Lucio Gallo みどころ
8.TOSCA:Riccardo Frizza/Patricia Racette, Roberto Alagna, George Gagnidze
9.LA BOHÈME:Ranzani/Kristine Opolais,Vittorio Grigolo,Massimo Cavalletti
10.TURANDOT:Paolo Carignani/Nina Stemme, Marco Berti, Anita Hartig, Alexander Tsymbalyuk
11.MADAMA BUTTERFLY :Karel Mark Chichon/Kristine Opolais, Roberto Alagna, Maria Zifchak, Dwayne Croft
12.MANON LESCAUT :Fabio Luisi,/Kristine Opolais, Roberto Alagna, Massimo Cavalletti



★Wagner:
TristanIsolde0708c.01.jpg Rheingold1011.30.jpg Walkure1011.14.jpg
1.トリスタンとイゾルデ:2008年3月22日 2.ラインの黄金:2010年10月9日収録 3.ワルキューレ:2011年5月14日収録
Siegfried1112.46.jpg Gott1112.45.jpg parsifal1213.34.jpg
4.ジークフリート:2011年11月5日収録 5.神々の黄昏:2012年2月11日収録 6.パルジファル:2013年3月2日収録 
MEIS_9758a.jpg
7.マイスタージンガー:2014年12月13日      

1.TRISTAN UND ISOLDE:James Levine/Robert Dean Smith, Deborah Voig, Michelle DeYoung, Matti Salminen みどころ
2.DAS RHEINGOLD:James Levinei/Bryn Terfel, Stephanie Blythe, Eric Owens, Richard Croft みどころ
3.DIE WALKÜRE:James Levine/Deborah Voigt, Jonas Kaufmann, Eva-Maria Westbroek, Bryn Terfel みどころ
4.SIEGFRIED:Fabio Luisi/Jay Hunter Morris, Deborah Voigt, Bryn Terfel, Gerhard Siegel みどころ
5.GÖTTERDÄMMERUNG:Fabio Luisi/Deborah Voigt, Jay Hunter Morris, Waltraud Meier みどころ
6.PARSIFAL:Daniele Gatti/Jonas Kaufmann, Katarina Dalayman, Peter Mattei, René Pape みどころ
7.Die Meistersinger von Nürnberg:James Levine/Michael Volle, Annette Dasch, Johan Botha, Johannes Martin Kränzle



★Donizetti:
FilleRegiment0708.24.jpg Lucia0809.43.jpg DonPasquale1011.23.jpg
1.連隊の娘:2008年4月26日収録 2.ルチア:2009年2月7日収録 3.ドン・パスクアーレ:2010年11月13日
Lucia1011.12.jpg AnnaBolena1112.32.jpg Elisir1213.13.jpg
 4.ルチア:2011年3月19日収録  5.アンナ・ボレーナ:2011.10.15収録 6.愛の妙薬:2012年10月13日収録
mstuarda1213.13.jpg
7.マリア・ストゥアルダ:2013.1.19.収録  
1.LA FILLE DU RÉGIMENT:Marco Armiliato/Natalie Dessay, Juan Diego Flórez, Alessandro Corbelli みどころ
2.LUCIA DI LAMMERMOOR :Gianandrea Noseda/Anna Netrebko, Piotr Beczala, Mariusz Kwiecien みどころ
3.DON PASQUALE:James Levinei/John Del Carlo, Anna Netrebko, Matthew Polenzani, Mariusz Kwiecien みどころ
4.LUCIA DI LAMMERMOOR:Patrick Summers/Natalie Dessay, Joseph Calleja, Ludovic Tézier みどころ
5.ANNA BOLENA:Marco Armiliato/Anna Netrebko, Ekaterina Gubanova, Ildar Abdrazakov, Stephen Costello みどころ
6.L'ELISIR D'AMORE:Maurizio Benini/Anna Netrebko, Matthew Polenzani, Mariusz Kwiecien,Ambrogio Maestri みどころ
7.MARIA STUARDA:Maurizio Benini/Joyce DiDonato, Elza van den Heever, Matthew Polenzani みどころ


★Rossini:
Barbiere0607.31.jpg Cenerentola0809.08.jpg Armida0910.24.jpg
1.セビリアの理髪師:2007年3月24日収録 2.チェネレントラ:2009年5月9日収録 3.アルミーダ:2010年5月1日収録
ComteOry1011.31.jpg cenjd_0646a1.jpg barb14_2678a.jpg
4.オリー伯爵:2011年4月9日収録5.チェネレントラ:2014年5月10日収録6.セビリアの理髪師:2014年11月22日収録
Donna_del_Lago_3.jpg
7.湖上の女:2015年3月14日収録  
1.IL BARBIERE DI SIVIGLIA :Maurizio Benini/Peter Mattei, Joyce DiDonato, Juan Diego Flórez みどころ
2.LA CENERENTOLA:JMaurizio Benini /Elina Garanca, Lawrence Brownlee, Simone Alberghinii みどころ
3.ARMIDA:Riccardo Frizza/Renée Fleming, Lawrence Brownlee, John Osborn みどころ
4.LE COMTE ORY:Maurizio Benini/Juan Diego Flórez, Diana Damrau, Joyce DiDonato, Stéphane Degout みどころ
5.La Cenerentola:Fabio Luisi/Joyce DiDonato, Juan Diego Flórez, Pietro Spagnoli, Alessandro Corbelli, Luca Pisaroni
6.Il Barbiere di Siviglia:Michele Mariotti/Christopher Maltman, Isabel Leonard, Lawrence Brownlee, Maurizio Muraro
7.La Donna del Lago:Michele Mariotti/Joyce DiDonato, Juan Diego Florez, Daniela Barcellona, John Osborn



★Richard Strauss:
Salome Scene 1.jpg Rosenkavalier0910.08.jpg Capriccio1011.15.jpg
1.サロメ:2008年10月11日収録 2.ばらの騎士:2010年1月9日 3.カプリッチョ:2011年4月23日収録
1.SALOME :Patrick Summers/Karita Mattila, Juha Uusitalo, Kim Begley, Ildikó Komlósi みどころ
2.DER ROSENKAVALIER:Edo de Waart /S.Graham, R.Fleming, K.Sigmundsson, C.Schäfer みどころ
3.CAPRICCIO:Andrew Davis/Renée Fleming, Sarah Connolly, Joseph Kaiser みどころ



★Bellini:
Puritani0607.10.jpg Sonnambula0809.11.jpg
1.清教徒:2007年1月6日収録 2.夢遊病の娘:2009年3月21日 
1.I PURITANI :Patrick Summers/Anna Netrebko, Eric Cutler, Franco Vassallo, John Relyea みどころ
2.LA SONNAMBULA:Evelino Pidò/Natalie Dessay, Juan Diego Flórez, Michele Pertusi みどころ



★Mozart:
Zaub 17.jpg DonGiovanni1112a.03.jpg tito_met.jpg
1.魔笛:2006年12月30日収録 2.ドン・ジョヴァンニ:2011.10.29収録3.皇帝ティートの慈悲:2012.12.1収録
Cosi1314.14.jpg Nozze-06.jpg  
4.コジ・ファン・トゥッテ:2014.4.26収録5.フィガロの結婚:2014年10月18日収録

1.DIE ZAUBERFLÖTE :James Levine/Ying Huang, M.Polenzani, Erika Miklósa, René Pape, Nathan Gunn みどころ
2.DON GIOVANNI:Fabio Luisi/Mariusz Kwiecien,Marina Rebeka, Barbara Frittoli, Luca Pisaroni みどころ
3.LA CLEMENZA DI TITO:Harry Bicket/Giuseppe Filianoti, Barbara Frittoli, Elina Garanca みどころ
4.COSI FAN TUTTE:James Levine, Lesley Koenig/Susanna Phillips, Matthew Polenzani, Isabel Leonard, Rodion Pogossov, Danielle de Niese, Maurizio Muraro
5.Le Nozze di Figaro:James Levine/Ildar Abdrazakov, Marlis Petersen, Peter Mattei, Amanda Majeski,Isabel Leonard



★Jules Massenet:
Thais0809.15.jpg Manon1112.26.jpg werther1314.10.jpg
1.タイス:2008年12月20日収録 2.マノン:2012年4月7日収録3.ウェルテル:2014年3月15日収録
1.THAÏS :Jesús López-Cobos /Renée Fleming, Thomas Hampson, Michael Schade みどころ
2.MANON:Fabio Luisi/Anna Netrebko, Piotr Beczala, Paulo Szot みどころ

3.WERTHER:Alain Altinoglu, Richard Eyre/Jonas Kaufmann, Sophie Koch, David Bizic, Lisette Oropesa


★Gounod:
Romeo0708.22.jpg Faust1112.38.jpg
1.ロメオとジュリエット:2007年12月15日 2.ファウスト:2011年12月10日収録
1.ROMÉO ET JULIETTE:Plácido Domingo/Roberto Alagna, Anna Netrebko, Robert Lloyd, Nathan Gunn みどころ
2.FAUST:Yannick Nézet-Séguin /Jonas Kaufmann, René Pape, Marina Poplavskaya みどころ *2013/8/31初回放送



★Berlioz:
Damnation0809.34.jpg Troyens1213a.01.jpg
1.ファウストのごう罰:2008年11月22日 2.トロイアの人々:2013年1月5日収録 
1.LA DAMNATION DE FAUST:James Levine/Marcello Giordani, Susan Graham, John Relyea みどころ
2.LES TROYENS:Jabio Luisi/Deborah Voigt, Dwayne Croft, Bryan Hymel, Susan Graham みどころ



★Offenbach ★Bizet ★Thomas:
Contes200910.34.jpg Carmen0910.15.jpg Hamlet0910.20.jpg
ホフマン物語:2009年12月19日収録 カルメン:2010年1月16日収録 ハムレット:2010年3月27日収録
carmen1415-06.jpg gri_2015hoffmann_4.jpg
カルメン:2014年11月1日収録ホフマン物語:2015年1月31日収録 
・LES CONTES D'HOFFMANN:James Levine/Joseph Calleja, Kate Lindsey, Alan Held, Anna Netrebko みどころ
・CARMEN:Yannick Nézet-Séguin/Elina Garanca, Roberto Alagna, Barbara Frittoli みどころ
・HAMLET:Louis Langrée/Simon Keenlyside, Marlis Petersen, Toby Spence みどころ
・Carmen:Pablo Heras-Casado/Anita Rachvelishvili, Aleksandrs Antonenko, Anita Hartig, Ildar Abdrazakov
・LES CONTES D'HOFFMANN:Yves Abel, Bartlett Sher/Vittorio Grigolo, Kate Lindsey, Thomas Hampson *2016.8.27初回



★Tchaikovsky ★Mussorgsky:
Onegin0607.15.jpg Boris1011.12.jpg Onegin1314.07.jpg
エウゲニ・オネーギン:2007年2月24日収録 ボリス・ゴドノフ:2010年10月23日収録エウゲニ・オネーギン:2013年10月5収録
p02jxzpj.jpg
イオランタ:2015年2月14日収録  
・EUGENE ONEGIN:Valery Gergiev/Dmitri Hvorostovsky, Renée Fleming, JRamón Vargas みどころ
・BORIS GODUNOV:Valery Gergiev/René Pape, Oleg Balashov, Aleksandrs Antonenko みどころ
・EUGENE ONEGIN:Valery Gergievs, Deborah Warner/Mariusz Kwiecien,Anna Netrebko,Piotr Beczala *2014/11/1初回
・IOLANTA:Valery Gergiev, Mariusz Trelinski / Anna Netrebko, Piotr Beczala, Aleksei Markov
*2016/7/2初回



★Gluck:
Orfeo0809.11.jpg Iphigenie0708.16.jpg
1.オルフェオとエウリディーチェ:2009.1.24 2.タウリスのエフィゲニア:2011.2.26. 
1.ORFEO ED EURIDICE:James Levine/Stephanie Blythe, Danielle de Niese, Heidi Grant Murphy みどころ
2.IPHIGÉNIE EN TAURIDE:Patrick Summers/Susan Graham, Plácido Domingo, Paul Groves みどころ



★Handel:
Rodelinda1112.20.jpg cesare1213.28.jpg
1.ロデリンダ:2011年12月3日2.ジュリアス・シーザー 2013.4.27収録
1.RODELINDA:Harry Bicket/Renée Fleming, Joseph Kaiser, Stephanie Blythe みどころ
2.GIULIO CESARE :Harry Bicket, David McVicar/David Daniels, Natalie Dessay, Patricia Bardon, Alice Coote *2014/10/18初回

>

★Tan Dun ★Humperdinck  ★Britten:
FirstEmperor0607.02.jpg Hansel0708.12.jpg PeterGrimes0708.02.jpg
始皇帝:2007年1月13日収録 ヘンゼルとグレーテル:2008年1月1日ピーター・グライムス:2008年3月15日


・THE FIRST EMPEROR:Tan Dun/Plácido Domingo, Elizabeth Futral, Paul Groves みどころ
・HÄNSEL UND GRETEL:Vladimir Jurowski/Alice Coote, Christine Schäfer, Rosalind Plowright, Alan Held みどころ
・PETER GRIMES:Donald Runnicles/Anthony Dean Griffey, Patricia Racette, Anthony Michaels-Moore みどころ



★John Adams
DoctorAtomic0809.24.jpg Nixon1011.01.jpg
1.ドクター・アトミック:2008.11.8 2.ニクソン・イン・チャイナ:2011.2.12.
1.DOCTOR ATOMIC:Alan Gilber/Richard Paul Fink, Gerald Finley, Thomas Glenn みどころ
2.NIXON IN CHINA:John Adams/James Maddalena, Janis Kell, Richard Paul Fink みどころ


★Philip Glass ★Jeremy Sams(Handel, Vivaldi, Rameau, Purcell...) ★Thomas Adès:
Satyagraha1112.24.jpg EnchIsla1112.23.jpg tempest1213.15.jpg
サティアグラハ:2011年11月19日収録 魅惑の島:2012年1月21日収録テンペスト:2012年11月10日収録 
・SATYAGRAHA:Dante Anzolini /Richard Croft, Bradley Garvin, Richard Bernstein  *2013/9/21初回放送みどころ
・THE ENCHANTED ISLAND:William Christie/David Daniels, Joyce DiDonato, Plácido Domingo みどころ
・THE TEMPEST:Thomas Adès/Simon Keenlyside, Audrey Luna, Iestyn Davies, Toby Spence


★Zandonai★Franz Lehar★Dmitri Shostakovic
francesca1213.04.jpg MW_4082a.jpg Nose1314.10.jpg
フランチェスカ・ダ・リミニ:2013.3.16 メリー・ウィドウ:2015年1月17日収録
鼻:2013年10月26日収録
・Francesca da Rimini:Marco Armiliato,Piero Faggioni / Eva Maria Westbroek,Marcello Giordani,Robert Brubaker
・The Merry Widow:Andrew Davis/Renée Fleming, Kelli O'Hara, Nathan Gunn, Alek Shrader, Thomas Allen
・The Nose:Pavel Smelkov/Paulo Szot, Andrey Popov, Alexander Lewis



★Antonín Dvořák★Borodin★Bartók
Rusalka1314.16.jpg igor1314.06.jpg image7.jpg
ルサルカ:2014年2月8日収録 イーゴリ公:2014年3月1日収録青髯公の城:2015年2月14日収録
・Rusalka:Yannick Nézet-Séguin / Renée Fleming, Piotr Beczala, Emily Magee, Dolora Zajick, John Relyea
・Prince Igor :Gianandrea Noseda/Ildar Abdrazakov, Oksana Dyka, Sergey Semishkur, Mikhail Petrenko, Stefan Kocán, Anita Rachvelishvili
・BLUEBEARD'S CASTLE:Valery Gergiev, Mariusz Trelinski / Nadja Michael, Mikhail Petrenko*2016.7.2初回



★Pietro Mascagni  ★Ruggiero Leoncavallo 
metropolitan-opera.jpg 
CAV/PAG:2015年4月25日収録
 

・CAVALLERIA RUSTICANA:Fabio Luisi/Eva-Maria Westbroek, Marcelo Álvarez, George Gagnidze
・PAGLIACCI :Fabio Luisi/Patricia Racette, Marcelo Álvarez, George Gagnidze, Lucas Meachem, Andrew Stenson


メモ:
MET_HD_wowow.xls

メトarchives:http://archives.metoperafamily.org/archives/frame.htm

WOWOW:http://www.wowow.co.jp/stage/met/

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヨナス・カウフマン:☆来日公演延期の延期!(3/28発表)☆ 声帯の異常でパリの「ホフマン物語」もキャンセル発表(2016.10.1)☆ 復帰後。。。 ☆パリ「ローエングリン」復帰 (2017.1.18) ☆ ハンブルグも(2016.12.15発表) ☆モンテカルロも(2016.12.8)ノーベル賞コンサートも(2016.11.29発表)☆ 日本ツァー延期(2016.11.24発表)☆ Teatro Real のコンサートも(2016.11 [オペラ歌手]

◎あららら、またこの記事がトップに返り咲きです。
 なになに????延期の延期?しかも2018年1月4,6,10日だそうです。
かなり吃驚です。メトの「トスカ」を蹴ったので、スケジュールに空きが出たからってことですか。転んでもただでは起きないってことか......コンサートの方が儲かりますし。
 延期理由は、
「現在のスケジュールでは気候の変動が大きく、咽喉に負担がかかる」という カウフマンの主治医からの指導による来日スケジュールの変更
 だそうですが、つまり来日の直前がシドニーの公演(8/9,12,14)なので、「気候の変動が大きく」ということなんでしょうが、でも、シドニーの公演は、来日公演の前から決まってたのに、なにを今更ですね。アーティスト招聘会社が勝手にスケジュールを組んだってこと? どういう契約してるんでしょう。なんかメトの件も、今回の件も言い訳が言い訳になってない、「都合により」の方がいいと思います。
(メト2017/18シーズン「トスカ」:カウフマン降板 代わりはグリゴーロ (2017.3.3発表) 理由は personal life とprofessional obligations ☆ NYTimes 続報 )

詳細は → ヨナス・カウフマン ジャパンツアー2017延期公演のお知らせ
(2017.3.28)


◎あららら、またこの記事がトップに返り咲きです。
 4ヶ月の休養を経て2017年1月18日にバスティーユの「ローエングリン」で復帰を果たし、2月4日からロンドンのバービカンホールで"The Kaufmann Residency"とやらがはじまりました。4日と8日は無事終了しましたが、13日は気管支炎でキャンセルだそうです。10日は、コンサートではなく、イベントだったようですが、13日のために大事を取ってキャンセルしましたが、回復力が落ちているようですね。

◎カウフマンのスケジュール
8/6, 10, 12, 14, 18 南米ツァー 
9/12 サンカルロ劇場(ナポリ) コンサート

9/19, 20 ベルリン(リンデン):エルガーのDream of Gerontius キャンセル 代役はトビー・スペンス
9/25  ブダペスト:コンサート キャンセル
9/30, 10/3, 8 ミュンヘン:マイスタージンガー キャンセル 代役 Robert Kunzli
10/13 シャンゼリゼ:リサイタル 延期
11/3,6,9,12,15, 18 パリ:ホフマン物語(ロールデビュー) キャンセル 代役ラモン・ヴァルガス
11/13 ギュータースロー(ドイツ)歌曲のリサイタル キャンセル (一連のキャンセル後に組んだ)
11/22 マドリッド:リサイタル (2016.1.10の振替だった)キャンセル
11/28, 30, 12/3 大阪 東京 大宮:コンサート 2017.8末に延期、大阪8/21、東京8/23、東京8/26
12/8 ストックホルム:ノーベル賞コンサートキャンセル 代役はバイオリンのJanine Jansen
12/12 モンテカルロ:リサイタル 延期
1/11, 12 エルプフィルハーモニー・ハンブルク、オープニング・コンサートキャンセル代役パヴォル・ブレスリク (Pavol Breslik)
1/18, 21, 24, 27, 30 パリ:ローエングリン 復帰?
2/1 フランス:TV出演 (追加)
2/4,8,10,13 ロンドン:The Kaufmann Residency 10, 13, キャンセル(気管支炎)
2/23 ウィーン:Wiener Staatsoper, Opernball (追加)
3/12,15,18,22,30 4/2 ミュンヘン:Andrea Chenier
3/26 シャンゼリゼ:Andrea Chenierコンサート形式
4/5ギュータースロー(ドイツ):歌曲のリサイタル(11/13の振り替え/ドバイのコンサートはキャンセルした模様)
(2017.4.5)
*  *  *  *  *  *  


◎あけましておめでとうございます。
 昨日のCorriere della seraのインタビュー.....たいした内容ではないので無視していましたが、なんかネット上で一気に拡散しているので、こちらにも元記事をアップします。しかし、どうしてイタリアの新聞のインタビュー記事を記事にしてるんでしょう。少なくともフランスとドイツは独自の記事じゃないとおかしいでしょ。まあ、蓋が開くまで、あくまで予定ですからね。

 ......どうしてこういう事態になったのか分かってない感じですね.....今後のスケジュールを見直した方がいいと思いますけど....今シーズンの残りで1月中はローエングリン5公演、2月はロンドンでコンサート4回とハンブルグで1回、3月?4月は「アンドレア・シェニエ」7公演、ドバイでコンサート、5月はウィーンで「トスカ」3公演とハンブルグでコンサート、6月?7月は、ROHで「オテロ」7公演とミュンヘンで「運命の力」2公演と「アンドレア・シェニエ」2公演.....凄いね......としか言えない。

メモ:「今の時代は、ポップスを歌う歌手でいる方が(オペラの)テノールをやってるより大変だ、ということがわかって、これからはオペラにフォーカスを置きたいと思ってます。ポップスの歌手は、とにかくトーク、トーク、トークで、朝の6時ごろからプロモーション活動をしなければならない時もあるんだよ。声帯って体の中で、もっとも最後に目が覚める器官だ、って知ってます?最近ではアデル(注:イギリスのノン・オペラ歌手)(声帯出血で長期休業した)の例もありますが、そんな状態で、レコードだけならともかくライブで何度も何度も自分の声域をプッシュするような歌唱を繰り広げていたら、喉を潰してしまいます。なので、最近気をつけていることは、適切なレパートリーを歌うこと、色んなことに手を出すのは構わないが、何事も程度を知ってやること、というのを心がけています。適切なレパートリーというのは、すなわち、自分に合ったテッシトゥーラ(その作品の中で主にカバーされている・中心になる音域)か、ということです」(Madokakipさんの2013.4.17の記事から、グリゴーロ談)
(2017.1.3)


◎あらららららら、もうキャンセルは終わりだと思って「まとめ」たのに、来年の初っぱなのコンサートもキャンセルだそうです。金曜日にテレビのトークショーに出るとかってファンが騒いでたけど.....ホントに?.....喋る方が喉によくないって言うのに。1月11,12日がだめで18日からのローエングリンは出るの? カウフマンって、座付きの時代が長かったから、自分の声に合ったレパートリーとか、休養の大切さとか分からなくなってるんじゃないかしら。なんか気の毒になってきましたね。
(2016.12.16)
=  =  =  =  =  =  =  =  =
◎まとめ:
 9月19日ベルリン(リンデン)からはじまった、カウフマンのキャンセル騒ぎ、結局12月8日時点では完全回復にはいたらず、年内の公演はすべてキャンセルになりました。キャンセルしたのは、全部で21公演(内オペラ6+2)、やっぱり、他の歌手と比べてどさ回りコンサート(多分CDを売るためのプロモーションツァー)が多すぎでしょ。たとえば、この期間、同じエージェントのマルセロ・アルバレスは、オペラ19公演(トスカとマノン・レスコー)、コンサートゼロ。それにしても病気休養中に、来年の11月11日にシンセンでコンサート....なんて発表していますよ。シンセンって北京ほどではないかもしれませんが、かなりの大気汚染があるらしいのに......ファンなら行って欲しくないでしょうね。
 今回の健康上の問題で気になるのは、声帯にヘマトーマとやらができたのが、薬の副作用によるもの....というところですけど.....ということは、なにか持病があるということでしょうか。主役を張るオペラ歌手はコンサート歌手と違って体力がないとできないお仕事ですから....
 そこで思い出すのが、アルゼンチンの新聞の3月27日付けの「カウフマンは健康上の問題を抱えているので、今後のスケジュールはすべてキャンセルだろう....」という記事。これにエージェントが大慌てで、根も葉もない嘘と否定したことがありますが、ネット上では、地球の裏側の新聞にエージェントが過剰反応したことの方に話題がいってましたが、半分当たってるじゃないですか。
 来年の1月には復帰するんでしょうが、ビリャソンのようにならない保証はないですね。ちなみにビリャソンもその当時はこのエージェントでした。
参考記事:ビリャソン 2度目の休業

ヨナス・カウフマン 過去の長期休業:
・2012年4月23~7月14日復帰(2ヶ月20日) 理由は感染症
・2014年9月27日~11月15日復帰(1ヶ月18日) 理由は咽頭炎
・2015年12月20日?2016年3月16日復帰(2ヶ月26日) 理由は健康上の問題
・2016年9月12日?2017年1月18日復帰予定(4ヶ月) 理由は声帯の血腫→風邪→健康上の問題


(2016.12.10)

=   =   =   =   =   =   


◎やっと発表.....Debuts monegasques de Jonas Kaufmann reportes モンテカルロも延期
(2016.12.9)


12月10日のBMWのアドベントコンサートもパヴォル・ブレスリク (Pavol Breslik)に代わった....と騒いでますが、このコンサートは、カウフマン側からは公式には発表されていませんでした。多分バイエルン国立歌劇場が絡んでいるので、ストックホルムとモンテカルロの途中だから寄ってよね.....とかで発表しちゃったのかも。8日(ストックホルム)、10日(ミュンヘン)、12日(モンテカルロ)って、普通に考えれば非常識な日程だけど、そういうのでも引き受けてきたんでしょう......来日公演も28日大阪、30日東京なんて日程でしたものね。
(2016.11.30)


◎いつまで続くのか.....ノーベル賞コンサートもキャンセルした模様。
Jonas Kaufmann staller in ? Janine Jansen ersatter
 代わりはバイオリンのJanine Jansen。8日がダメなら12日のモンテカルロも無理じゃないの.....なんか未練がましくポロポロ発表しないで潔く年内はすべてキャンセルにできないのかな......ゆっくり休養した方がいいと思いますけどね.......ビリャソンの道をたどるのか.....
(2016.11.29)


kaufmann_asahi.jpg◎あららららら.....朝日新聞2016年11月24日大阪本社夕刊(2面特集)にすでに延期のことが書かれています。見出しは、「世界の"テノール王"に酔う」「ヨナス・カウフマン 来夏大阪公演」、内容は周知のことだけ。最後に「今月予定されていたカウフマンの大阪公演は、本人の急病のため延期になった。振り替え公演は来年8月21日午後7時。払い戻しなどの問い合わせはフェスティバルホール(電話番号)」
 ちょっと素早過ぎますが、来日のための記事をそのまま載せたってことでしょう。でも「急病のため」じゃないでしょ、新聞社なんだからちゃんと調べて記事を書きましょう。記事の内容もなんか白々しい.....今これを掲載する意味は全くないと思います。

◎11月24日午後1時頃主催者より来年の8月末に延期の発表がありました。
 カウフマンのスケジュールでは、2017年8月9,12,14日とシドニーでパルジファル(コンサート形式)ですから、その後来日ということのようです。声帯の異常→ひどい風邪→健康上の問題という発表ですが、一体全体どこが悪いのか分かりませんが、今までの過密スケジュールのツケがまわってきているのか......今年はじめのキャンセルも約3ヶ月後の復帰でしたからうまくいって12月中旬ってことかな....ポロポロキャンセルを発表するより、ビリャソンみたいに、一気に長期休暇ってのもいいかも。

◎クラウド・ファンディングって何? すっきり割引券出した方がいいと思いますが.....これって支援した人にメリットがあるってことなのかなぁ。

 割引券もあるようですが、なんか面倒くさそう....
(2016.11.24)


◎カウフマンのコンサートに突如ソプラノが参加......こんなの有りなの.....オーケストラ伴奏のコンサートは、テノールとソプラノがセットになっているケースが多いので、べつにいいんですけど、後から突然出てくるのは、だまされたかんじがしませんか? 「*曲目は予告なく変更することがあります」とは書いてありますが、予告なくソプラノが加わってもいいのかしら。私は、てっきりカウフマンのソロコンサートだと思っていました。ソプラノが一緒に出るのであれば、「ソプラノ未定」と最初から発表するべきでしょう。
kaufmann_omote.jpgkaufmann_1.jpgkaufmann_ura.jpgkaufmann_2.jpg

 もしかして、ソプラノが加わったのは、このチラシをもらった人しか知らないサプライズなのかな.....(アーチなんたらのサイトでも発表してない).....ゲストのソプラノさんの投稿 facebookで発見
(2016.11.23)


◎マドリードのテアトロ・レアルでのコンサートも健康上の理由で降板。このコンサートは、2016年1月10日の振替だったんですけど......声帯の異常は回復したはず.....だって、皆をがっかりさせたパリの「ホフマン物語」を18日まで歌う予定だったのに、11月13日にドイツのギュータースローの劇場で歌曲のリサイタルをわざわざ復帰コンサートとして予定してたんですから。それを風邪で延期して、今度は「健康上の理由」でキャンセル、22日に歌えなくて、来日となると、来日優先で22日キャンセルしたってことになりそう。日本っていいところらしいですから。アラーニャが、「お金に困ったら日本!」と言ってますし。オペラだって、風邪ですけど頑張って歌います....ってのはよくあることなのに、それさえできない状態ってことか....

◎カウフマンのスケジュール
8/6, 10, 12, 14, 18 南米ツァー 
9/12 サンカルロ劇場(ナポリ) コンサート

9/19, 20 ベルリン(リンデン):エルガーのDream of Gerontius キャンセル 代役はトビー・スペンス
9/25  ブダペスト:コンサート キャンセル
9/30, 10/3, 8 ミュンヘン:マイスタージンガー キャンセル 代役 Robert Kunzli
10/13 シャンゼリゼ:リサイタル 延期
11/3,6,9,12,15, 18 パリ:ホフマン物語(ロールデビュー) キャンセル 代役ラモン・ヴァルガス
11/13 ギュータースロー(ドイツ)歌曲のリサイタル キャンセル (一連のキャンセル後に組んだ)
11/22 マドリッド:リサイタル (2016.1.10の振替だった)キャンセル
11/28, 30, 12/3 大阪 東京 大宮:コンサート 2017.8末に延期、大阪8/21、東京8/23、東京8/26
12/8 ストックホルム:ノーベル賞コンサートキャンセル 代役はバイオリンのJanine Jansen
12/12 モンテカルロ:リサイタル 延期
1/11, 12 エルプフィルハーモニー・ハンブルク、オープニング・コンサートキャンセル代役パヴォル・ブレスリク (Pavol Breslik)

1/18, 21, 24, 27, 30 パリ:ローエングリン
2/4,8,10,13 ロンドン:The Kaufmann Residency
3/12,15,18,22,30 4/2 ミュンヘン:Andrea Chenier
3/26 シャンゼリゼ:Andrea Chenierコンサート形式
(2016.11.19)
*  *  *  *  *  *  


◎"Rai News24"で9月12日のサン・カルロ劇場での様子が見られます。
 Jonas Kaufmann: un tedesco canta in napoletano (下の画像をクリックするとリンクしています)



 ニューアルバム"Dolce Vita" のプロモーションというか箔を付けるためのナポリ訪問だと思いますが、この時すでに喉の異常を感じていたはずですね。だって、ヨレヨレ....それともいつもこんなものですか? 
 (2016.10.9)

*  *  *  *  *  *  


◎この「ホフマン物語」は再演にも拘らず、チケットは他のオペラより25%割高、日本円でいうと、2万円の席が2万5千円、これは「カウフマン価格」なんだそうです.....だとすると前もって降板したわけですから、劇場側は、返金するのが当然だと思いますが、返金する代わりに、今シーズンの他のオペラ8とバレエ2タイトルからお好みのパフォーマンスに無料ご招待.....なんだそうです。なんかただでオペラが見られてお得なような気がしますが、劇場側にとっては返金するより得だから....に決まってますよね。しかもこの補償は、定期会員サブスクライバーだけなんだそうです。チケット持っている人全員が対象じゃないのは不公平ですね。

 「カウフマン価格」とか「ネトレプコ価格」とか、本人が要求しているのか、それとも劇場が勝手にやってるのか。オペラは、一人でやるものじゃないし、歌手の直前キャンセルもあるのに、こういう価格設定はおかしい。
 こちらに詳しい記事があります。→Annulation de Jonas Kaufmann a l'Opera de Paris : compensation pour les abonnes seulement ?

下記のオペラ8とバレエ2、カウフマン主演の「ローエングリン」が入ってない......
- Lucia di Lammermoor (a l’Opera Bastille, a partir du 14 octobre)
- Cavalleria Rusticana / Sancta Susanna (au Palais Garnier, a partir du 30 novembre)
- Iphigenie en Tauride (a l’Opera Bastille, a partir du 2 decembre)
- La Flute Enchantee (a l’Opera Bastille, a partir du 23 janvier)
- Trompe-la-mort (au Palais Garnier, a partir du 16 mars)
- Wozzeck (a l’Opera Bastille, a partir du 26 avril)
- Rigoletto (a l’Opera Bastille, a partir du 27 mai) グリゴーロが公爵
- Carmen (a l’Opera Bastille, a partir du 13 juin)
- Jiri Kylian (au Palais Garnier, a partir du 29 novembre)
- Drumming Live (a l’Opera Bastille, a partir du 1er juillet
(2016.10.7)
*  *  *  *  *  * 


 恒例のカフマンのキャンセルの話題ですが、パリの「ホフマン物語」のキャンセルが発表されました。何でも歌っているカウフマンですが、ホフマンはロールデビューなんですよね、ということは表向きは病気が理由ですけど、勉強する時間がなかったんで....という可能性ゼロでもないかなぁ。ま、いずれにしても8月の南米ツァー9月12日のナポリでのコンサート以降、すべてキャンセルしてるようですから、11月のジャパンツァーのために充分に喉を休養させるってつもりなんでしょう。
 しかし、病気での全公演の降板は、だいたい2年か3年おきだったのですが、今年の2/12?3/11のメトの「マノン・レスコー」をキャンセルしてるんですよ....間隔が短くなってる.....
  今回のキャンセルの理由は、「薬の副作用による声帯の小静脈の破裂 the side effects of a medicine made burst a small vein on my vocal cords」だそうです。薬の副作用って何の薬を飲んでるのかしら?
 カウフマンの今回の降板の記事で、よくわからないのは、すでに「ヘマトーマ(血腫)」ができているのか、血腫ができる前段階なのか.....ネットでちょっと調べてみました。

「声帯の異常の第1段階は、声帯粘膜の炎症により声帯の粘膜に充血が起こる。第2段階は、充血が起こった状態で大声を張り上げたりして、声帯を酷使すると声帯粘膜上皮下の血管が破れて血腫ができ腫れる。程度が軽ければ声の安静で血腫は自然に吸収される。第3段階は、無理な発声を続けるとポリープになる。」

 ということは、やっぱり、血管が破れているわけですから、第2段階の血腫ができていると考えられます。今、現在この血腫が自然吸収されるのを待っている状態なんでしょう。

◎カウフマンのスケジュール
上に移動しました

代役のRamon Vargas(1960.9.11 - ) は、11/1,4, 10とメトの「ドン・ジョヴァンニ」のドン・オッターヴィオを歌うことになっていましたが、恐らくカウフマンと同じエージェントなので、ホフマンを歌うことに調整されたんでしょう。このメトの「ドン・ジョヴァンニ」は、シーズン発表では、Rolando Villazon / Paul Appleby / Ramon Vargas / Matthew Polenzaniと4人もオッターヴィオいたのですが、いつのまにかビリャソンが降板、バルガスも降りて、前半は全部 Paul Appleby(1983.6.29 - )が歌うことになったようです。カウフマンの代わりは、ベテランよりも期待の若手の方が、聴いてどうだかは分かりませんが、前もってのガッカリ度が低いと思いますけどね、野次馬としてもつまんない人選です。これならセッコ君でよかったのではないですか?

 ところで、カウフマンが、9月12日にナポリに行っているのを今、知りました。その後病気になったので、「ナポリを見て死ね Vedi Napoli, e poi muori.」をもじって、"Kaufmann vede Napoli e poi si ammala. "なんてスレッドがたっていました。カウフマンのあの声にはカンツォーネ・ナポレターナは合わないと思いますけどね。
Napoli - Teatro San Carlo: Jonas Kaufmann Day

こちらのサイトに、カウフマンの降板理由のメッセージが転載されています→
Just in: Jonas Kaufmann cancels Paris
Breaking: Jonas Kaufmann cancels Elgar

 ちなみにロベルト・アラーニャは、12月4?16日のROHの「トロヴァトーレ」を副鼻腔の手術のために全公演降板するそうです。11月は9日にウィーン国立歌劇場でコンサートの予定があるだけです。

最近の関連記事:
寝転がった写真って....☆ カウフマン11月13日リサイタルで復帰 → 延期
ヨナス・カウフマンはドミンゴの後継者....(2016.3.11)
ヨナス・カウフマン プライヴェートな理由で6月12?23日のスカラ座「カヴァレリア」出演取り消し
カウフマン VS. デッカ ☆ グリゴーロの幻のCDアルバム...デッカが発売するはずだった...
arteTVのドキュメンタリー"Tenors mythiques" カウフマン、フォークト、グリゴーロ
オペラ歌手のギャラ( 2014年記事より: トップクラス=1万7000?) ☆ イタリアの劇場の最高額ギャラと遅配(2015.3.11)
オペラ:Jonas Kaufmann contre Vittorio Grigolo (L'HEBDO 2014.10.31)
ヨナス・カウフマン ジャパンツアー全滅 (2011年9月頃、胸部のリンパ節の切除の手術)
オペラ歌手のキャンセルいろいろ


nice!(5)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

韓国人テノールの アルフレード・キム(Alfred Kim)逮捕、執行猶予付き8ヶ月の禁固と罰金8000€の判決(2017.3.22) [オペラ歌手]

モネ劇場のラダメスは、いつのまにかGaston Riveroというテノールに代わっています。本人が辞退したのか、劇場側の都合かどうかは分かりませんが.....
(2017.4.8)


◎参考までに「エルナーニ」のレビューと舞台写真
 Tolosa - Théâtre du Capitole: Ernani(2017.3.10)
 それにしてもこのクラスでも「スター・テノール」って書かれるんですね....その方が記事としてセンセーショナルだから? 当然でしょうけど(日本は被害者のことを書き立てるが)被害者の情報ははっきりしませんが、"sa compagne" だそうです。しかし、即、 " violences avec incapacité totale de travail " (ITT:最低 1 か月間の完全労働不能 )による判決が出て、ちゃんと有罪になってますから、やっぱり日本って女性への暴力・レイプに甘い、ほとんど示談ですませちゃうんですからね。
(2017.3.26)


 アルフレード・キム(Alfred Kim 43才、キム・ジェヒョン)は、主役級で、そこそこ世界的に活躍している韓国人テノールのようですが、フランスのトゥールーズ・キャピトル劇場(Théâtre du Capitole de Toulouse 1156席)で「エルナーニ」に出演中に、若い女性を殴ったとかで19日に逮捕拘留、22日に刑事裁判所で8ヶ月の執行猶予執行猶予付き8ヶ月の禁固と罰金8000€の判決が下ったそうです。(フランスでは執行猶予は一般的に5年だそうです)
 ということで「エルナーニ」の最終日(21日)には出演できず、劇場側は公演中止にしたとか.......フランスでは、けっこうニュースになっています。
 これらのニュースを総合すると、アルフレード・キムが滞在中のホテルで、若い女性(奥さんかガールフレンド)の髪をつかんで引きづりまわして彼女の頭を便器に強く打ち付けて、トイレの蓋でしょうね、壊したとか.....ホテルの警備員が警察に通報して、その場で逮捕され拘留されたんだそうです。キム自身は、泥酔していて全く覚えてないと言っているとか。酒乱ってことで、日常茶飯事だったのかも......警備員に見つかっちゃったので大騒ぎになったのかもね。カリスト・ビエイト Calixto Bieitoの演出と混同しちゃったんじゃないの...なんてコメントもあったかな......確かにね。
 トゥールーズの後、ブリュッセルのモネ劇場でラダメス (5/17, 20, 26, 31 & 6/4 )ROHでカラフ(6/16)に出演予定です。

Théâtre du Capitoleからのお知らせ:En raison de l’impossibilité pour le ténor Alfred Kim d’interpréter son rôle, nous sommes au regret de vous annoncer l’annulation de la représentation d’Ernani de ce mardi 21 mars à 20h. Pour les remboursements, nous vous invitons à vous rapprocher du service Billetterie au 05 61 63 13 13. Avec toutes nos excuses.

 それにしてもほとんど中一日(10, 12m, 14, 17, 19m, 21)のスケジュールって、フランスの地方劇場ってこれが普通なのかしら。それで、お酒飲み過ぎってすっごくタフなテノールですね。あら、ミケーレ・ペルトゥージ Michele Pertusi がシルヴァじゃないですか。それにしても、代役がいれば、ニュースにならなかったのではないかと思います...大きな劇場ならなんとしてでも代役連れてきますよね。

 こちらに事件の詳細な記事がありますが、これだとただ一緒にレストランで食事をしただけの?若い女性みたいですけど、彼のホテルについていっちゃったってこと?それで暴行されたわけ? キムさんは、レストランで白ワインを飲んだ後の記憶がないそうです。まあ、真相はよくわかりませんが、この事件で出演できなかったことは確かってことです。

 テノール逮捕と言えば、「ジョン・健・ヌッツォを思い出しますが、その後2年弱のブランクを経て、テノールとして活躍されているようです。
 ベルトランのレイプ〔冤罪らしい)事件なんてのも.....
シュロット契約違反で告訴★☆ナポリの《ロンバルディ》もキャンセル!
ナポリ・サンカルロ《ロンバルディ》いよいよ...ティート・ベルトランは出演

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -