So-net無料ブログ作成

クリスマス! ☆Concerto di Natale(アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂)フレーニとライモンディ [RR関連]

 2005年に記事にした『アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂でのクリスマス・コンサート』の抜粋をYouTubeにアップしました。
Assisi - Concerto di Natale - Mirella Freni - Ruggero Raimondi(2009.12.19)

以下2005-12-08の記事
☆クイズ:サイドバーの《静けき真夜中》は、誰と歌っているでしょうか? 
クイズ参加ありがとうございます。フレーニです。

アッシジのサン・フランチェスコ大聖堂でのクリスマス・コンサート
雪の中のサンフランチェスコ
2001年クリスマスコンサート
《来りて拝め》
R.ライモンディ
《AveMaria》マスカーニ
M.フレーニ
assisi_natale1.jpgassisi_natale2.jpgassisi_natale3.jpg
馬小屋を飾りますクリスマスの日に馬小屋に
幼子キリストが置かれます
アッシジの聖フランチェスコによって
始められた習慣だそうです。

1997年9月26日、ウンブリアとマルケを襲った地震でアッシジのサン・フランチェスコ教会の聖堂内の天井や壁画が崩落、修復できるか危ぶまれましたが、ボランティアによる修復工事などにより、2000年にはほぼ元の形に修復できました。

◎思い出のアルバム:
イタリア アッシジ Assisi(1)
イタリア アッシジ Assisi(2) :6月の花祭りと冬のアッシジ

nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 15

Cecilia

素敵な特集ありがとうございます!
私も先月クリスマスソング特集をしたばかりです。
真剣に考えているのですが、誰なのでしょう・・・?
フレーニの声にも似ているような気がしましたが・・・。
by Cecilia (2005-12-08 22:06) 

euridice

ほんとになんたる偶然!^^!
で、TBします。

誰でも知ってるって言われてもねぇ....^^;
あてずっぽうで、リチャレッリ?
by euridice (2005-12-08 22:37) 

TARO

声はフレーニっぽいし、歌い口も彼女のような感じが。
でもクリスマス・コンサートにフレーニ&ライモンディでは、出演料が高くなりすぎる気も・・・
by TARO (2005-12-08 23:21) 

ヴァラリン

今日は大雪警報が出てます…今のところ霙まじりですが、さむーい(><;
edcさん宅のホフマンのお歌にもヤラれましたが、RR氏もステキですね!
それに、このお写真!!やっぱり、絵が本物なんですもの~~
アメリカの教会とはワケが違うわ(笑)

クイズですが…私もCeciliaさんと同じく、フレーニに一票♪
by ヴァラリン (2005-12-08 23:24) 

keyaki

クイズに参加のみなさん、ありがとうございます。
フレーニさんでした。2001年のTV放送ですから、66才ですね。
by keyaki (2005-12-09 01:27) 

keyaki

Cecilia さんのブログで、マスカーニのアヴェ・マリアが話題になっていましたので、一部ですがアップしました。もちろんフレーニです。お楽しみ下さい。
nice! 1ありがとうございます。
by keyaki (2005-12-09 01:30) 

Sardanapalus

euridiceさんのブログと偶然の一致、でもどちらも素敵な歌手が歌っているのですから悪い訳がありませんね!

アッシジも行きたいんですよね。素敵な写真の数々ありがとうございます。これは映像の中で紹介されたものですか?地震で崩れた壁画は、修復できて良かったね!と心から思います。
by Sardanapalus (2005-12-09 01:32) 

keyaki

TAROさん
チャリティーかもしれないし、TV放送されて、きれいに修復された様子を写してますので、ギャラはテレビ局が払うんですよね。
しかし、大御所二人、すごいですよねぇ。
by keyaki (2005-12-09 01:39) 

keyaki

Sardanapalus さん
>これは映像の中で紹介されたものですか?
そうなんです。
イタリアの修復技術は凄いですからね。
by keyaki (2005-12-09 02:06) 

助六

「静けき真夜中」はドイツ語で歌っててちょっと意外!「アヴェ・マリア」のフレーニの声もファイルでは66歳とは思えぬ瑞々しさですね。最後に彼女を聴いたのはもう10年以上前で、その後はちょっと怖くて遠慮しています。
「思い出のアルバム」も楽しく拝見しました。73-74年というとまだまだ海外渡航は難しかった時代ですから、イタリアの小さな街で日本人を見かけることは珍しかったでしょうね。ペルージャ大学だって日本人は音楽・美術関係者に殆ど限られていたのではないですか。ウンブリアの穏やかな風景の裏に、「左派の牙城」、「進歩派フランチェスコ修道会士(最近ベネディクト16世によってそのセンター活動の独立性に終止符が打たれた)」、「高度な知的研究活動」といった複雑な顔が隠れているところがイタリアの魅力と面白さだと思います。アッシジの雪景色に接したことはおありですか。冬に訪れたグッビオの厳しいたたずまいが印象に残っていますが、残念ながら雪はなかったなぁ。共に最後に訪れたのは10年位前、スポレートにいたっては15年以上前になってしまいました。
イタリアの風景の中で打ち震えるI・バーグマンの美しい姿が好きですが、keyakiさん(ですよね?!)の姿も輝いてますね!私なんぞは、イタリアの風景の中に出現してもブチ壊しなだけので、人目に付かぬように心掛けてはいますが…。
by 助六 (2005-12-09 09:16) 

ヴァラリン

素敵なお写真と音声&ビデオクリップ、宣伝させて頂きました(^^;
TBさせて頂いたので、宜しくお願いします。
by ヴァラリン (2005-12-09 10:38) 

おさかな♪

keyakiさん こんばんわ♪
沢山のクリスマスの写真と、音楽にとても癒されました^^☆
マスカーニのAve Mariaには感涙です。
by おさかな♪ (2005-12-10 01:01) 

keyaki

おさかな♪ さんの《クリスマスグッズ売り場を激写》にTBとnice! をつけてきました。
写真がきれいに並んでますね。ソネットも進化したものです。私のは手抜きで、HPのをコピペして、ちょっと手直ししただけ。ヘヘヘ
携帯電話は絶対持ちたくないですけど、カメラは便利ですよね。携帯電話って、デジカメ専門に使っても基本料金取られるんですよね。
by keyaki (2005-12-10 11:48) 

keyaki

助六さん、
私が行った頃は、持ち出し枠1000$(当時の30万円)がなくなった頃で、その後、オイルショックで、ちょっと逆戻りしましたけど、、、日本人が札ビラ切っていた頃のようです。行く先々で、そういう話を良く聞かされました。たとえば、こないだ日本人がきてネクタイを100本買って行ったとか、適当に洋服とか靴を買って行ったとか(多分お土産ようでしょうね、試着もしないで買って行くのが彼等には理解できない)。
団体はノーキョー(農協)か医者の学会名目が主体でした。でも、まだまだ日本人は少ない時代でしたね。数年前、夫が久々にイタリアに行って、日本人だらけだった、、、とびっくりしてました。
アッシジの雪景色は、遠くからは見ています。私が行った年は、ペルージャにも雪が降ってましたから。でもあのあたりは、積もらないようですね。日本から送ったコートは寒くて使い物にならなくて、買いました。
今から思えば、ほとんど写真をとってないのが残念ですが、こうやって、インターネット上においておけば、手軽に思い出にひたれる、世の中変わったものですね。
by keyaki (2005-12-10 13:01) 

おさかな♪

keyakiさん
 Nice!とTBをありがとうございました。
 とても嬉しいです^^。
 写真の中央寄せは、DIVタグを入れて、アライン=センターにしてみました♪
 keyakiさんご一家にとって、素敵なクリスマスになりますように☆
by おさかな♪ (2005-12-10 21:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2