So-net無料ブログ作成

米主要地方劇場 2011-12シーズン発表: サンフランシスコ - ヒューストン - WNO - シカゴ - L.A - シアトル [オペラの話題]

 第二ブログで、L.A.オペラ2011-12シーズン発表の記事を掲載しましたが、その他のアメリカの主要地方劇場の来シーズンの発表もほぼ終わっているようで、ちょっとチェックしてみました。テノールに関しては、30代前半の歌手に代替わりしている傾向が強い....バスは、フルラネットとかモリスの名前が見られますが.....

★サンフランシスコ・オペラ San Francisco Opera 9演目72公演 (2011.1.18発表)
Turandot/Heart of a Soldier/Lucrezia Borgia/Don Giovanni/Serse/Carmen/Nixon in China/Attila/The Magic Flute
イレーネ・テオリンのトゥーランドット、ハンプソンの世界初演"Heart of a Soldier"、フレミングのルクレツィア、スーザン・グラハムのセルセ、ケイト・オルドリッチのカルメン、フルラネットのアッティラ
↑1幕:オルシーニ(ケイト・オルドリッチ)、ジェンナーロ(ヴィットリオ・グリゴーロ)、ルクレツィア・ボルジア(ルネ・フレミング)

実は、サンフランシスコ・オペラの発表を見て吃驚だったのは、《ルクレツィア・ボルジア》のジェンナーロがフランチェスコ・メーリだったことです。演出がヴィットリオ・グリゴーロのジェンナーロが大評判になったのWNO制作(上の写真)なんです。はっきり言って、メーリでは、衣裳も似合いませんし、動けないと思います。立ち姿もよくないし、それらしく見える演技力に欠けています。スカラ座の《マリア・ストゥアルダ》でも全く貴族に見えませんし、そのことを差し引いて余りある歌唱とも思えません。高音も苦しそうですし、叫ぶタイプみたいですし。YouTubeにアップされているマントヴァ公爵は、人類がやっと二足歩行をはじめたような、動きのぎこちなさが目立って、歌も下手くそに聞こえます。体型も普通で、顔だって悪くは無いのに、どうしてこうなるんでしょう。自分をそれらしく見せる芝居心が無いようです。特に劇場デビューは慎重にレパートリー、演出を選ぶ必要があると思います。日本では人気があるようですから、日本でならいいと思いますが、アメリカでは「わざわざイタリアから呼ばなくても...」とメトの二の舞になりかねません。
更に驚きの情報...メーリのエージェントのウェブサイトに、この《ルクレツィア・ボルジア》をDVDにするって....冗談でしょ。

★ヒューストン・グランドオペラ Houston Grand Opera 6演目31公演 (2011.1.30発表)
Il barbiere di Siviglia/ Fidelio/La Traviata /The Rape of Lucretia /Don Carlos /Maria Stuarda

カリタ・マッティラのフィデリオ、ネイサン・ガンの理髪師とローレンス・ブラウンリーのアルマヴィーヴァ、ジョイス・ディドナートのマリア・ストゥアルダ

★ワシントン・ナショナルオペラ Washington National Opera:5演目31公演 (2011.2.1発表)
Tosca/Lucia di Lammermoor/Così Fan Tutte/Nabucco/Werther
トスカはドミンゴ指揮、コジのドン・アルフォンがウィリアム・シメル(このところ脇役でちょいちょい見かる)、フランチェスコ・メーリがウェルテルで劇場デビュー(メトデビューは失敗でしたけどウェルテルは得意なの?)、シャルロッテがソニア・ガナッシ......ドミンゴ総監督、どうみてもLAオペラの方に力を入れてるようです。そういえば2011年6月の契約満了後、退任するんでした。
ドミンゴのWNOでの経歴:1996年から芸術監督、2003年からは総監督となり、著名な歌手を多く招くなどWNOオペラの水準向上に貢献。しかし米ロサンゼルス・オペラの総監督も務めており、過労気味と診断され、契約更新しないこととなった。

★シカゴ・リリックオペラ Lyric Opera of Chicago:8演目71公演 (2011.2.1発表)
The Tales of Hoffmann/Lucia di Lammermoor/ Boris Godunov/Ariadne auf Naxos /The Magic Flute/Aida/Show Boat/Rinaldo

ポレンザーニのホフマン、モリスの悪漢4役の《ホフマン物語》、フルラネットのボリス、ヴォイトのアリアドネ、ソンドラ姉さんのアイーダ.....こんなところが目玉でしょう。

★ロサンゼルス・オペラ Los Angeles Opera 6演目42公演 (2011.1.31発表)
Eugene Onegin/Così fan tutte/Roméo et Juliette/Simon Boccanegra/Albert Herring/La Bohème

一番の目玉は、ヴィットリオ・グリゴーロの劇場デビュー、ニーノ・マチャイゼ(ドミンゴはマカイゼと言っています)とのペアで《ロメオとジュリエット》に登場、脇役もヴィタリ・コワリョフ、チェルノフと充実、指揮はドミンゴ。ドミンゴのバリトンロール《シモン・ボッカネグラ》、フィエスコに若手バスのヴィタリ・コワリョフ、パオロにベテランのガバネッリ。《コジ》の男性陣は、ダルカンジェロとレガッツォという実力派を揃え、《ボエーム》はペレスとコステロという若手アメリカ人夫婦歌手.....多分ドミンゴの人脈あってのキャスティングでしょう。

★シアトル・オペラ Seattle Opera 5演目33公演 (2010.12.31発表)
Porgy and Bess/Carmen/Attila/Orpheus and Eurydice/Madama Butterfly

アニタ・ラチヴェリシュヴィリのカルメンとカレイヤのドン・ホセ、ジョン・レリエのアッティラ、ラセットの蝶々さん....ラチヴェリシュヴィリはカルメン専門みたい...

 こうして眺めてみると、ひいき目じゃなくてもLAオペラが一番楽しめそう.....しかし、アメリカにはワグネリアンっていないのかしら....一本もない...メトにおまかせということですね。

関連記事:
L.A.オペラ2011-12シーズン発表☆ドミンゴは2014~15年までの予定があるとコメント
グリゴーロのジェンナーロ
nice!(0)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 15

euridice

>YouTubeにアップされているマントヴァ公爵
なんというかかったるいですね。登場の歩き方は相当ブザマですし・・
それに短いフレーズではアンジェリ、長いフレーズではアンジョリと聞こえますね。歌だからかもしれませんが、イタリア語では両者を峻別しないとも考えられます。
by euridice (2011-02-04 17:36) 

keyaki

euridiceさん
馬子にも衣装って言葉はメーリには通用しないですね。デブでもチビでもないのに.....運動会の親子競技でだるまのはりぼてをかぶった子供を連れて走るリレーがありますが、それにそっくり.....細い足がにょきって出てて。

>それに短いフレーズではアンジェリ、長いフレーズではアンジョリ
なんだかね....イタリア人のくせに、全く、私の英語圏の歌手云々説を見事に打ち砕いてくれました。(笑

>イタリア語では両者を峻別しないとも考えられます
そんないい加減な....angeliとかいてあるんだから、アンジェリでしょう。
by keyaki (2011-02-05 11:22) 

ペーターのファンです。

こ、この演出をメーリで? まさかと思っていたらDVDまで・・・。
いや~、グリゴーロだからこそ、この衣装と動きが似合いますけど。台座に伸び乗ったりBの文字を蹴っ飛ばして落とすところ、どうなっちゃうのか気がかりです。
DVDにするならぜひともグリゴーロでお願いしたいものです。

マントヴァ公爵、ユーチューブで見てみましたが声も姿もその他大勢と区別がつきません。公爵でなく宮廷の道化かと思ってしまいました。メトはダメでもサンフランシスコなら大丈夫なんでしょうか。

by ペーターのファンです。 (2011-02-06 11:43) 

keyaki

ペーターのファンさん
ほんとうにどうなっているのか、愚痴の1つも言いたくなります。
よりによってメーリとは....
劇場側のセンスのなさ....オペラだからこんなもんでいいと思ってるんでしょうか。

もし、本当にDVDになったら、数年前にピエロ・ファジョーニ演出のドン・キショットがライモンディではなくスカンディウッツィでDVD化された時よりもショックですよ。何度もライモンディで映像化するチャンスがあったのに、何を今更、ファジョーニの奴め!裏切り者...と思いましたけど。

YouTubeのリゴレットも動きが変なだけでなくなんかいつも笑ってますけど、BShiで放送された、マリア・ストュアルダもずっーと「いひひ」みたいな笑い顔ですよ。舞台なら遠目でごまかせますけど、ジェンナーロがお母さんに抱かれて死ぬ所なんかどうするんでしょう。
どうして笑い顔になるのか、再度じっくり見てみましたが、前歯2本を出して歌うんですよ。出っ歯ではないので、げっ歯類のように前歯2本が長いのかも.....歌もせっかくのデヴィーアの素晴らしい歌を邪魔しているようにしか聞こえませんしね。
by keyaki (2011-02-06 14:04) 

osamu

vコワリョフは新国でフィリッポも歌ってましたが、音域が下から上までムラなく良い響きでした。ネトレプコ&ヴィラゾンのボエームの映画でコッリーネも歌ってて、レパートリーもヴェルディはもとより、ワーグナーの大役までこなし、LAOやスカラ座でもヴォータンを歌ってて、バスの憧れる役をモノにしていて羨ましいですね~。
by osamu (2011-02-09 21:08) 

keyaki

osamuさん
>vコワリョフ
新国のフィリッポ、よかったですね。体格もバスにはふさわしいし、今シーズンのスカラ座の開幕公演では、ルネ・パペが降板して、コワリョフがヴォータンを歌ったんですよね。
コワリョフは、1999年のドミンゴ主催のオペラリアで特別賞だったんですが、この年は、1位がバスのオーリン・アナスタソフ、2位がビリャソンとフィリアノーティ、カレイヤも特別賞という当たり年だったんですよ。

by keyaki (2011-02-09 22:21) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコ・オペラ 2017-18シーズン発表...

http://www.sfgate.com/music/article/Adams-premiere-Ring-revival-in-SF-10861398.php
by サンフランシスコ人 (2017-01-18 06:39) 

サンフランシスコ人

本日発表になりました...

http://sfopera.com/1718season/
by サンフランシスコ人 (2017-01-18 08:00) 

keyaki

サンフランシスコ人さん

おぉ、悪役面のファビアーノがいばってますね、SFオペラでは人気者なんですね。

Girls of the Golden West って、プッチーニの「西部の娘」の英語版?と思いましたが、新作なんですね。


by keyaki (2017-01-18 22:56) 

サンフランシスコ人

プッチーニのは"The Girl of the Golden West".....アメリカの作曲家のジョン・アダムズのは"Girls of the Golden West"......娘一人と娘達の違い...

http://www.charlotteobserver.com/entertainment/music-news-reviews/article127111124.html
by サンフランシスコ人 (2017-01-19 02:57) 

サンフランシスコ人

ヒューストン・グランドオペラは、500年に一度と言われる洪水で、どうなるのでしょうか?
by サンフランシスコ人 (2017-08-31 02:04) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
>500年に一度と言われる洪水
そうなんですか。
日本には台風が毎年来て、洪水だの土砂崩れだのありますが.....
地震とか土砂崩れと違って、水が引けば、復興は早いと思いますけど。

by keyaki (2017-08-31 16:40) 

サンフランシスコ人

日本のテレビ局でもニュース番組に登場......

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170830-00000056-jnn-int

ヒューストン・グランドオペラのホームページはずっとダウン....
by サンフランシスコ人 (2017-09-01 01:17) 

サンフランシスコ人

9/9 ヒューストン交響楽団....メゾのスーザン・グラハムの公演中止...

http://www.houstonsymphony.org/tickets/production/detail?id=8223

Due to the impact of Hurricane Harvey, Opening Night with Susan Graham has been cancelled.
by サンフランシスコ人 (2017-09-03 04:50) 

サンフランシスコ人

ヒューストン・グランドオペラの洪水のニュース...

http://www.latimes.com/entertainment/arts/la-et-cm-harvey-damage-on-houston-arts-institutions-20170906-htmlstory.html
by サンフランシスコ人 (2017-09-07 03:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0