So-net無料ブログ作成
検索選択

新国「ローエングリン」フォークト最高!(2012.6.13) ☆ フォークトのインタビュー(朝日新聞):ただいま 新国「ローエングリン」リハーサル中(2012.5.22) [オペラ生舞台鑑賞記録]

 クラウス・フロリアン・フォークトの白鳥の騎士が、交流、巡回ブログで100%好評、ほんとに?と思いながらも楽しみに、期待して行ってきました。劇場の前に「チケット求む」の人がいましたから平日の午後5時という変な時間の開幕なのに完売だったようです。
 フォークトのローエングリンは、第一声から「名乗りの歌」まで、完璧だったと思います。5年前の「ホフマン物語」では、スマートでハンサムということはよく覚えていますが、どんな声だったのか印象に残っていません。しかし、今回のローエングリンは今でもフォークトの声が頭の中で聞こえています。声よし、歌よし、姿よし、で3拍子揃った正に白鳥の騎士(ペンギンとかガチョウとかいろいろいますからね)で、こんなのめったに見られるものではないと思います。「現代最高のローエングリン、フォークト」は誇大広告ではありませんでした。



 衣装が、特に合唱団のが、なんなの?でしたし、わけの分からないものが天井から降りて来たりしましたが、「大工のローエングリン」とか「ねずみのローエングリン」に比べればまし......1幕でエルザの首の後ろの枕のようなものが気になりましたが、知人と検討した結果、あれは「重荷」ということで落ち着きました。ローエングリンの衣装は、デフォルメされていましたが、白が基調で頭に変なかぶりものもなく、フォークトの背格好(身長186㎝)、雰囲気もペーター・ホフマンを彷彿とさせますし、髪型が同じでしたし(意図的に?).....なんかペーター・ホフマン追悼公演のように思えました。フォークトは、ある記事によればペーター・ホフマンの舞台をオケピットでホルンを吹きなが見ていて憧れていたそうですし......(参照:edcさんの記事「ドイツの新白鳥の騎士」)
 フォークトは、42才ですからもう青年というのにはほど遠い年齢ですが、声は、非常に若々しく澄んで清らかで繊細ながらも合唱、分厚いオーケストラを突き抜ける力強さもあって、しかも安定していて、最後の名乗りの歌「In fernem Land」は、本当にすばらしかったです。幕間の休憩が40分が2回でしたが、あれだけ破綻なく歌うには、長い休憩が必要なんだ...と改めて認識しました。
 エルザのメルベートの歌唱も安定していて、夢見る乙女から疑惑に支配されて行く心の変化を表現していましたし、オルトルートは常にふてぶてしく(カーテンコールでも)、テルラムントのグロホスキーは見た目が貧相でいかにもオルトルートにひきづられている感じですが歌は満足のいくものでしたし、グロイズベックは1979年生まれの若いバスですが、見た目も歌唱も堂々と威厳があり国王にふさわしく、伝令の萩原 潤さんは、声もよく出ていて大健闘でした。(1階3列で鑑賞)

ローエングリン [New Production]
2011/2012シーズン:6月1,4,7,10,13,16日
Richard Wagner : Lohengrin
リヒャルト・ワーグナー/全3幕
スタッフ
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
美術・衣裳:ロザリエ
照明:グイド・ペツォルト
キャスト
ハインリヒ国王:ギュンター・グロイスベック
ローエングリン:クラウス・フロリアン・フォークト
エルザ:リカルダ・メルベート
テルラムント:ゲルト・グロホフスキー
オルトルート:スサネ・レースマーク
王の伝令:萩原 潤
ブラバントの貴族:
  大槻孝志/羽山晃生/小林由樹/長谷川 顯

新国立劇場合唱団
東京フィルハーモニー交響楽団

nntt_Lohengrin_profile.txt

関連記事:
新国再演《ホフマン物語》 フォークト出演
新国《チェネレントラ》2009.6.16 ギュンター・グロイスベック出演

フォークトのインタビュー(朝日新聞):ただいま 新国「ローエングリン」リハーサル中 (2012.5.22)

 新国「ローエングリン」に出演するために来日中のクラウス・フローリアン・フォークト(klaus Florian Vogt)のインタビュー記事、インタビューは、あちらドイツ北部のブルンスビュッテルで行われたものです。右の映像をクリックすると読めるくらいに拡大します。
 シーズン発表通りには、なかなかいかないのがオペラなので、フォークトが契約通り来てくれて嬉しいです。前回は、2005年の「ホフマン物語」、スマートでかっこいい...というのが第一印象のテノールでほとんど知られていませんでしたが、その時から、「今後、ローエングリン、ジークムントとして期待されている」とのことでした。ドイツ人ということだけで、そう言われるんでしょうが、現実のものとなったんですね。体調をくずさないようにお願いします。私も行きますからね。

 新国のホームページにもインタビューの動画がアップされています。「合唱が素晴らしい...」と言ってくれてます....とても謙虚な感じがいいですね。



Das Opernglas 2011.8/9月号インタビュー記事の写真

関連記事:新国再演《ホフマン物語》
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 10

euridice

新聞にも記事が載ったんですね。
私も「ホフマン物語」に行きました。
特に凄いとかすばらしいとは思いませんでしたが、
素敵なホフマンでした。共演者が新演出初演の方々だったら
もっと良かったかもしれない・・なんて思ったものです。

>とても謙虚な感じ
ネットでドイツ語の記事をいくつか読みましたが、
確かにそういう感じがして、好感が持てますね。










私の記事にリンク入れさせてくださいね。

by euridice (2012-05-23 08:40) 

keyaki

euridiceさん
リンクもちろOKです。
この記事、朝日のベルリン支局長が書いたみたいですけど、北部のなんちゃらってどこ?って検索するとハンブルグの近くで原子力発電所があって、ここの原発が事故で運転停止して、それが脱原発に大きく影響したってことのようです。日本はあれだけ大きな事故を起こしても相も変わらず懲りないんですね。

バイク大好きテノール、ペーター・ホフマン、ヴィットリオ・グリゴーロ、フローリアン・フォークト....バイクに乗っている姿がさまになっていてかっこいいですよね。

by keyaki (2012-05-23 09:33) 

euridice

>ハンブルグの近くで原子力発電所
どこかで読んだことがあります。
ドイツからの留学生も原子力発電のことはセミナーにもいろいろ出たし
けっこう詳しいという話をしてました。どんなに詳しいか楽しみです。
ノルウェーは原子力発電をしていないそうです。やはり危険性を考えての決断だったらしい。他の国の学生は冗談でしょうけど、建てる場所がないんだ・・なんてからかってましたけど。場所、ありそうですけどねぇ・・海が凍ると冷却水に困るのかもしれません。大きな河もないのかも・・ドイツは全部ライン河とかのほとりだそうです。


>バイク大好きテノール
そうですね。フォークトのバイク姿、初めて見ました。なかなか運動神経良いタイプでアウトドア派のようですね。小型機操縦もするなんて・・ホフマンは練習中に、超有名なベテラン先生が墜落死してやめたって話でしたけど・・

ついでに、新国「ホフマン物語」の記事をTBしました。よろしくお願いします。

by euridice (2012-05-23 10:01) 

Kinox

いいな、やっぱり日本は羨ましいなぁ。そして朝日新聞ありがとうございます! 海外組には紙面が見れるのはとても嬉しいです(それにしても甘く柔らか、ってなんだか白鳥がおいしそうみたい、ふふ)。
あの歌声の感じで、勝手に少年合唱団出身かと思ってましたが、もともとはホルン奏者だったんですね。そういえばイェルサレムもバスーン奏者だったんですっけ。やっぱりアンサンブルが分かっている歌手はひと味違うものなのでしょうか。
しかし羨ましい限りです。どんなパフォーマンスだったかお話を聞くのが楽しみです。
by Kinox (2012-05-24 08:30) 

keyaki

euridiceさん
原発に絡んで、東電のいろいろ腹立たしい事実が明るみに出て来ていますが、わが家も徹底的に節電してますがこれ以上は無理、照明は全部LED、電化製品も全部最新のものにしましたし、もう買い替えるものもない状態です。それなにの電気が足りないって、本当に信用できないです。地震国なのに....原発は止めるから出発しないと何も変わりませんよね。
TB承認しました。
新国のインタビュー、「埋め込み」に成功しました。新国も「埋め込み」できるようにすれば、ブログをやっている人たちが、宣伝してくれるのに...気が利かないですね。

by keyaki (2012-05-26 10:33) 

keyaki

Kinoxさん
>それにしても甘く柔らか、ってなんだか白鳥がおいしそうみたい、ふふ
どんなローエングリンか楽しみ....雰囲気的にはルネ・コロかな....

オペラ歌手って、けっこうオケ出身いますよね。下で弾いているより、舞台の上で...というのは夢でしょうね。歌は持って生まれたものの比重が大きいですから、「声のある」人はいいですね。
by keyaki (2012-05-26 10:38) 

euridice

>雰囲気的にはルネ・コロかな....
....じゃなかったですね・・・

昨夏のバイロイト出演に対して、現地の北バイエルン新聞に

「休憩では観客から「若き頃のホフマン」を思い出されるとの声が聞かれた。逞しくブロンドでハンサム、そして聴衆を感動で涙させる素晴らしい情熱的な歌唱」

と書かれたそうですが、その通りで、映像鑑賞のみですけどホフマンを彷彿とさせられてしまいました。

現在最高のローエングリン出現は、確かに誇大広告ではなかったわけですね。観ながら聴いて、違和感なく感動できるローエングリンでした。

他のソリストも皆役にぴったりでした。エルザはもうちょっと可憐なほうが好みですけど、これは要求しすぎでしょう。あのワンピース、綿枕付きがもっとエレガントな衣装だったらよかったんだと思います。

こちらからもTBします。よろしく。




by euridice (2012-06-15 08:57) 

OGASHI

今回のローエングリン、私も鑑賞して来ました。 (私は6/10)
皆さんが仰るとおり、ホフマンと見間違うくらいの容姿、甘い歌声どれをとっても
ブラボー!! 素晴らしい騎士でした。

舞台演出もシンプル(基本モノトーン+LED照明)でしたが、感情表現など微妙な色表現で楽しませてくれましたね。

今回2幕の終わりエルザがレッドカーペットを歩くシーンで私は涙ポロポロしてしまいました。(こんな感情は初めて)
この作品に自分の感情がここまで引き込まれてしまったのかと後から気づき、呆然!! ローエングリンでここまで感動するとは思いもよりませんでした。

最後にカーテンコールの時でしたが、オケピの前まで観客の方々が押し寄せ拍手の「波」いや「嵐」!!
今まで「新国立」では見たことの無い光景、これにはビックリしました。
来年マイスタージンガーにて「フォークト」再来日するようですから、必見ですね。
では、失礼致します。

P.S.
 騎士が登場する様はまるで「市川〇〇助」スーパー歌舞伎みたいでしたね^^)
by OGASHI (2012-06-15 18:54) 

keyaki

euridiceさん
>「若き頃のホフマン」を思い出されるとの声が聞かれた。逞しくブロンドでハンサム、そして聴衆を感動で涙させる素晴らしい情熱的な歌唱」
やっぱり皆さんそう思うんですね。
1988年ごろにはすでにオケでホルンを吹いていたようですから、例の記事は、正しいのではないかと思います。

本当に納得満足のローエングリンでした。
TBありがとうございます。
by keyaki (2012-06-19 16:16) 

keyaki

OGASHIさん
本当にフォークトは期待以上で感動しました。

>ローエングリンでここまで感動するとは思いもよりませんでした。
私もです。演出には批判もあるようですが、感情移入できた...ということはディテールの部分で意味ワカメもありましたが、全体的には、すんなり受け入れられたということですね。

>来年マイスタージンガーにて「フォークト」再来日するようですから、必見ですね
コンサート形式なのが残念、また新国に来て欲しいですね。

>騎士が登場する様はまるで「市川〇〇助」スーパー歌舞伎みたいでしたね^^)
しかも後ろ向きで歌っていたんんですよね。最後の「名乗りの歌」まで全く乱れませんでしたし。

by keyaki (2012-06-19 16:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2