So-net無料ブログ作成
検索選択

オペラのなんだこりゃ: ☆ テノールの悲惨な高音 ☆ マゼールの「ドン・カルロ」 ☆ 元テノールの「プロヴァンスの....」 [オペラの話題]

 イタリアのRadio3の"La Barcaccia"、2013年3月18日放送の毎度お馴染の"perle nere”、ジュセッペ・フィリアノーティの悲惨な高音、マゼールの超スローテンポの「ドン・カルロ」、ドミンゴパパの「プロヴァンスの青い空と海」。フィリアノーティは、多分2011年の「リゴレット」、あとは最新の演奏....なぜか全部メトです。
  iPhone/iPad 用

ちょっと説明:
1) フィリアノーティは、なんか気の毒....笑い飛ばせないくらい悲惨な状態。これは多分2011年の公演、メトの公演はほとんどご覧になっているmadokakipさんによれば、最近の「つばめ」は「まあ、よかった」そうです。
2) マゼールの「ドン・カルロ」は、解説者2人の反応が面白い....ぞうさんの行進みたいですけど、歌手もよくないよね.....これも指揮者のせいなの? 
3) ドミンゴのパパはこの有名アリアだけ聞くと、オペラ歌手というよりはなんなんだろう....ミュージカルシンガーみたいというか、まあ、声だけよりは見てなんぼって感じなんでしょうね。

今までの取り上げた"La Barcaccia":
ジョセフ・カレヤのニューアルバムから「アリヴェデルチ ローマ」
ゲオルギューとグリゴーロ★☆Rai3のラジオ番組"La Barcaccia"
『椿姫』ジョルジョ・ジェルモンの手紙を読むヴィオレッタ
オペラ傑作歌唱で初笑い:ターフェル(ヴォータン)のGeh'! ☆ ロメオ(ベチャラ)のハイC失敗...
マリーナ・ポプラフスカヤの"Sempre libera"のケッサク歌唱(メト2011.1.15の椿姫)
フランチェスコ・メーリがトロヴァトーレのマンリーコ! ....なんだ半音下げか〜

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Kinox

Keyakiさまのperle nereのご紹介、毎回楽しませて戴いてます!
フィリアノーティは音色や表現の魅力もありますけれど、これからまたあちこちでマントヴァ公やるの、大丈夫なのかなぁ、今シーズンは二回聴く機会があって、ここまで外すことはなかったですけど、高音も苦しかったり、低音部でもコントロールをふっと崩したりとか、はらはらするものがあります。
どんどん遅れていくマゼールのせいかもしれませんけどドンカルロの悲惨さ、特にフリットリに関してはこちらでも随分言われてましたよ。メトはマゼールにメトロノームぐらい買ってやれ!なんて言ってる友人もいました。わたしはタイミングも合わなかったし、あんまり怖くてラジオも一度も聴かなかったんですが、前にKeyakiさまに教えていただいたRTVEの番組にあったので一応ブックマークしときましたが・・・
ドミンゴに関してはperle neroはさすがに一言言わないと嘘でしょう、ふふ。
by Kinox (2013-03-25 05:38) 

keyaki

Kinoxさん
ここまで苦しいと、表現もへったくれもなくなっちゃいますね。ドミンゴのオペラリア1999年三羽烏ビリャソン、フィリアノーティ、カレイヤのうち二人も喉に問題をかかえていて綱渡り状態のようですね。完全な回復が無理であれば、演目を選ばないと....
フィリアノーティは、予定通りであれば(グリゴーロはあてにならない)、ROHで来シーズン、土曜日の午後フィリアノーティ、夜はグリゴーロというスケジュールがあるんですよ。「ボエーム」なんですけど.....

マゼールは、1930年生まれということは83才....一時期、病気でキャンセルが多かったようですけど、まあ、指揮者は、棒が振れる間は大丈夫ねんでしょうけど....歌手さんたちとのコミュニケーションがとれているのか...ってことですよね。

ドミンゴも次々バリトンロールを制覇していますけど、無理して「若い役」をやらないという見識があるのに.....歳をとってもあの甘い声は変えようがないってことですね。
by keyaki (2013-03-26 10:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。