So-net無料ブログ作成
検索選択

「東京ドームのアイーダ」中止の波紋がウィーンまで..... Roberto Alagna が Lance Ryan を押し出し [オペラの話題]

bayreuth156_v-contentgross.jpg 「東京ドームのアイーダ」中止の波紋がなぜかウィーンにまで広がって行きました。 前記事のコメントでもちょっとふれていますが、「東京ドームのアイーダ」が中止になって、アラーニャは、10月末のメトの「トスカ」まで仕事ゼロという事態になってしまったわけですが、なぜか急に運良くウィーン国立歌劇場の「カルメン」(9月4,7,10,13,16日) にランス・ライアンの代わりに出演することに。これって単純に「運良く」なんでしょうか.....アラーニャが予定通り日本でラダメスを歌っていれば、こんなおかしなキャスト変更はなかったのではないか....どういう経緯でこうなったか.....

6月20日:アラーニャ「東京ドームのアイーダ」に出演決定、パリ「アルセスト」9公演をキャンセル
8月25日:「東京ドームのアイーダ」中止決定
8月28日:ランス・ライアン9月4日からの「カルメン」出演のためウィーン入り、リハーサル開始
9月2日:劇場側から「君のカルメンはよくない....」とか言われて、劇場側の都合で降ろされる

 なんか釈然としません。劇場側は、アラーニャが暇してなくてもランス・ライアンを降板させたのか。アラーニャのためにランス・ライアンを降板させたと考えるのが妥当でしょう。ランス・ライアンは、すでにドン・ホセをレパートリーにしていて、直近では2010年にスカラ座で歌っています。久々に「カルメン」を歌うことを楽しみにしていたようですし、クビにされるほどひどかったとは考えにくいです。

 ウィーンでは、ほぼ毎日オペラの公演がありますが、9月はアラーニャがレパートリーにしているオペラは、「カルメン」「椿姫」「トスカ」、これらが順繰りに上演されます。「椿姫」は、アラーニャの子供を妊娠しているアレクサンドラ・クルザックがヴィオレッタ.....アルフレードは、いろんな劇場で同役を歌っているマッシモ・ジョルダーノ、「トスカ」は、あらまあゲオルギューがトスカ、カヴァラドッシが、マルセロ・アルバレス....いくらなんでもマルちゃんを降ろすわけにはいかないし....「カルメン」のドン・ホセはランス・ライアン....最近ワグナーのヘルデンテノールとして活躍しているとはいえ、明らかにアラーニャより格下ってことで目をつけられちゃったんでしょう。

 なぜ、ここまでしてウィーンの舞台を確保したかったのか.....お金絡みでしょうね。アラーニャは、かつて「カネが要るときはアブダビや日本に行くね」と言っていますが、日本公演のギャラももらえず、7月19日のオランジュ音楽祭のコンサートを体調不良で直前キャンセルしていて、診断書を提出したので違約金はとられませんでしたが、ギャラをふいにしていますし、あてにしていたギャラが大幅に減っちゃった....そこで、ウィーンの「カルメン」で、パリに出演したくらいのギャラを確保したっかったんでしょう。

 右の写真はランス・ライアンですが、彼は、舞台映えするというか、歌舞伎役者並にけっこう化けます。ドン・ホセもアラーニャに待機させてやってもらえばよかったのに...

参考:アラーニャのギャラ情報(2010年フィガロ紙)
http://www.lefigaro.fr/musique/2009/10/09/03006-20091009ARTFIG00359-l-argent-des-starsde-l-opera-.php
http://www.lefigaro.fr/musique/2009/10/09/03006-20091009ARTFIG00281-roberto-alagna-tout-me-reussit-.php
「ギャラ公演では1晩6万ユーロ。カネが要るときはアブダビや日本で、10万ユーロもらえる。ディスクの著作権料は1枚につき25セント・ユーロ。DVDやオペラの映画館中継はノーギャラ。オペラのギャラは1晩税込み1万3000ユーロ。半分は税金、後の半分はマネージャー代と必要経費でほとんど消える。」
アラーニャは、オランジュ音楽祭コンサートで6万€、東京ドームで20万€、合計約3千4百万(130円換算)くらいの収入の見込みが途絶えたことになるが、ウィーンでカルメンを5公演歌うことで6千5百万€(約850万円) 確保。のんびり長期休暇を楽しめばいいのに....よほど火の車なのか。

メモ:ランス・ライアン Lance Ryan略歴:
カナダ出身、ギター専攻で、カナダの大学を出て、声楽を勉強するためにイタリアに渡って、ジャンニ・ライモンディ、カルロ・ベルゴンツィに師事、イタリアものから出発して、2005年くらいから、人手不足のヘルデンテノールのドイツものに移行......生年月日は分かりませんが、2005年11月の記事に、現在34才と書いてあったので、41か42歳。
9月2日のランス・ライアンのブログに降板させられたことが書いてあります。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 7

老婆の休日

ご存知の通り~ ウィーンの劇場支配人はフランス人。 SOV と関係の深い友人から聞いてましたが 『 声に関しては~まるっきり駄目な人。 声を 評価出来ない~ 』 と云う事で今回のランス・ライヤン降板劇は、ライヤンの声云々では無く、単に、アラーニャ & SOV支配人間の取引は明白。 でも本当にSOV支配人が言ったので有れば~ 恥じですネ・・・

アラニャのパリ降板も結局は胸算用~?? 然し結果は≪取らぬ狸~≫ になりましたが。 ≪アルセスト≫ グルックを勉強するより、マイク付けてラダメスを歌う方が楽と思って飛び付いた~ 今後、日本出稼ぎの宣伝にもなるし~

大体そう言う人間ですよ~ アラニャの本性は誰も見抜いて居ます。 勘定高く無いと~ コ―ザ・ノストラ>> 家族関係の強いイタリアン気質、養うのは大変なのでしょうネ~  お邪魔しました。 
by 老婆の休日 (2013-09-06 07:52) 

keyaki

老婆の休日さん
おっしゃる通り....私ももっとズバッと書きたかったんですが....
オペラに限らず、なんでも人脈(コネ)で動いている世の中ですが、これはひどすぎですね。
劇場対歌手だと、歌手の味方をしたくなるんですが、今回の件も、劇場(ウィーン)対歌手(ランス・ライアン)...なんでランス・ライアンの肩を持っちゃうわけですが、その劇場の黒幕がアラーニャだったって...同僚の歌手として恥ずかしくないんでしょうか。

>勘定高く無いと~ コ―ザ・ノストラ>> 家族関係の強いイタリアン気質、養うのは大変なのでしょうネ~

そうみたいですね。インタビューでも家族や友人の面倒もみなくちゃいけないし、そのために稼がなくちゃ....って言ってますね。
人の懐の計算をしても仕方がないですが、 7月にオランジュ音楽祭のコンサートで6万ユーロ、9月に日本公演で20万ユーロ稼ぐ予定が、パーになっちゃった....10月もほとんどゼロ、汚い手を使ってでも横取りしたかったんでしょうね。

今までのアラーニャのお騒がせ事件も彼の性格に問題有りだったのかも.....
思いつくだけでも、スカラ座舞台放棄事件(これもリスネルがなんとかしてくれるとおもっていたんですよね)、ローマの「椿姫」でゼッフィレッリを怒らせた件、パリの「ファウスト」で指揮者を代えさせた件.....
それに、アラーニャが有名になるきっかけを作ってくれたムーティに対する批判というよりは悪口、「スター気取り」だとか言ったとか....どっちがぁ?ですね。

こうなってくるとゲオルギューのDV発言も全くの嘘とは思えませんね。ゲオルギューが、「アラーニャは、自分の家族優先で私たちのことは二の次...」って言ったことがありますし。

ヨーロッパでは、アラーニャとクルザック対ゲオルギューの対決なんて喜んでいて、誰もランス・ライアンのことなんか気にしてないみたいですね。
by keyaki (2013-09-06 09:40) 

euridice

力関係なんでしょうねぇ・・カワイソウな(ライアン氏)私のブログの音声ファイルがありました。TBしておきます。ドン・ホセじゃないですけど、聴いてあげてください。
by euridice (2013-09-06 11:25) 

keyaki

euridiceさん
>力関係なんでしょうねぇ・・

こういう話は、特別めずらしくはないですけど、いい感じはしないですね。
ライアン氏は、逆らってもなんの得にもならないので、我慢して大人の対応をしたってことでしょうね。
ウィーンも一定レベル以上の歌手と認めたからやとったんでしょうに、やることが汚い....それにいつも最高レベルの公演を提供してるわけでもないのに。
TBありがとうございます。
by keyaki (2013-09-06 14:41) 

老婆の休日

アラニャが、来シーズンのオランジュで≪オテロ≫って信じられます~??

残念ながら、今は質より量~ ウィーンもオランジュも観光客集め対策でしょうか~?? 特にウィーンはライヤンよりアラニャの知名度で取引したのでしょう。
近年のウィーンは名前さえあれば落ち目でも質より知名度~ 『カルメンをアラニャと云う有名人で聞いたの~』となれば、土産話にもなる~!! のでしょうネ

お邪魔しました。






by 老婆の休日 (2013-09-06 19:08) 

keyaki

老婆の休日さん
前の発表では「サムソンとデリラ」だったんですけど、本人が「オテロ」を希望したんでしょうね。「サムソンとデリラ」も歌ったことないんじゃないかな?
オランジュの前に、Salle Pleyelでこてしらべをするみたいですね。
昨年は、オランジュでトゥーランドットをやりましたから、次はオテロってことなんでしょうけど、ネモリーノを歌いながら、カラフもオテロもってめずらしいですよね。
テノールも50過ぎると怖いもの無しというか、ここまでつぶれないでやってきたんだから、あとは好きにやるってことなんでしょう。

>ウィーンもオランジュも観光客集め対策でしょうか~
観光客は重要な資金源ですから、ちゃんと対策すればいいんですけど、今回の交代は、アラーニャの都合でしかないでしょう。アラーニャのわがままを聞いた方が、劇場側も得だと判断したんでしょうけど、観光客は、アラーニャもライアンも同じでしょう。オペラを見たってことだけで。
by keyaki (2013-09-07 01:53) 

masi

バイロイトのチケット販売方法について、政府からもっと一般に入手出来る様に,との勧告が出されたのを受けて今年(というか2014年分)からオンライン販売が導入されました。それが10月13日、日曜日にあったのですが、幸運な事に全演目をゲット出来ました。流石に大変で、サーヴァーがフリーズする事度々で、一々最初からやり直していたのですが、その内,それまで到達したプロセスが保存されてる事に気づき、一寸だけ戻る方法を考え,それを繰り返している内に、ようやく最後迄たどり着きました。全部で一時間半かかりました。フーーーーーー!!!!!!
by masi (2013-10-18 08:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2