So-net無料ブログ作成

イタリアのラジオ番組 La Barcaccia で陽気に喋る ヨナス・カウフマン 三日に渡って放送(20145.20/21/22) [オペラの話題]

 時々紹介しているイタリアのオペラ番組"La Barcaccia "で三日に渡ってヨナス・カウフマンの歌とおしゃべりが放送されました。
 4月14日のスカラ座のリサイタルでミラノを訪れたヨナス・カウフマンをゲストに迎えて録音したものです。オペラについて、キャリアについて、スカラ座の観客について、家族についてとてもリラックスした雰囲気....この番組はいつもそうですけど.....で、カウフマンも饒舌で楽しんでいるようです。
 初っぱなの「vicino al sol」は、アラーニャの舞台放棄の原因になった一節ですね。
 社交辞令じゃなくて本当にイタリアが好きなのかなぁ.....カウフマンの子供たちの名前も話題になってます。息子たちはファビオとマテオなんだそうです(長女はシャルロッテ)....イタリアの名前じゃないの.....ってことで。離婚のことを知っているのかどうか不明....「奥さんは.....」って言ってる...でもテノールの妻は忍耐が必要だね....とも言ってるし。
   2014.5.20 約26分

2014.5.21 約40分

2014.5.22 約20分

iPad/iPhone用mp3:(1) (2) (3)

RAI3のラジオ番組"La Barcaccia"は、エンリコ・スティンケッリとミケーレ・スオッツォが、過去のオペラの録音や、今話題のオペラ公演の紹介とか、オペラ歌手をゲストに招いたり、電話インタビューしたり、また、"perla nera"というコーナーでは、ケッサク歌唱を放送したりしています。ケッサクというのは「ひどくこっけいなこと」のほうです。イタリアならではの番組です。

今までの取り上げた"La Barcaccia":
ジョセフ・カレヤのニューアルバムから「アリヴェデルチ ローマ」
La Barcaccia (Radio 3 - Rai.it) ミュンヘンのコンサート後のインタビュー(2012.6.12放送) ☆ グリゴーロ?グリゴロ?論争
ゲオルギューとグリゴーロ★☆Rai3のラジオ番組"La Barcaccia"
『椿姫』ジョルジョ・ジェルモンの手紙を読むヴィオレッタ
オペラ傑作歌唱で初笑い:ターフェル(ヴォータン)のGeh'! ☆ ロメオ(ベチャラ)のハイC失敗...
マリーナ・ポプラフスカヤの"Sempre libera"のケッサク歌唱(メト2011.1.15の椿姫)
フランチェスコ・メーリがトロヴァトーレのマンリーコ! ....なんだ半音下げか〜

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0