So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨナス・カウフマン VS. デッカ ☆ グリゴーロの幻のCDアルバム...デッカが発売するはずだった... [オペラ歌手]

 ヨナス・カウフマンは、数年前にデッカからソニーに移籍、すでにソニーから数枚のアルバムを出していて、9月にニューアルバム "Nessun dorma - The Puccini Album"をリリースすることが決まっています。ところがデッカが8月に"Jonas Kaufmann – The Age of Puccini"というタイトルのアルバムをリリースするんだとか.....わざわざプッチーニという名前を使っていますが、内容は、数年前のデッカの録音"Vrismo"とほぼ同じでプッチーニの曲は3曲のみ。こういうのってよくありますよね。中身は同じなのに再リリースの時にジャケットや題を変えて、違う曲をちょっと加えたり....."Vrismo"ってタイトルのせいであまり売れなかったのかしら? ソニーのニューアルバムのタイトルに"Nessun dorma" としたのは売るための策でしょうね。

KAUFFMAN_NYtimes.jpg

 2枚もリリースってさすがカウフマンと思いますが、「僕の許可(いるのかどうかしりませんが)なしにデッカが勝手にやったことで、あれはプッチーニのアルバムじゃないから、間違って買わないように.....」ってカウフマンがfacebookにコメントしたので話題になっています。
詳しくはこちらで....
Jonas Kaufmann Takes Issue With Decca Over Puccini Album
Jonas Kaufmann: 'please do not let yourselves be deceived by the Decca release "The Age of Puccini"'

 カウフマンは不満のようですが、どうなんでしょう。両方買う人も多いと思いますし、なんでも宣伝になる世の中ですし。私に言わせればうらやましいですよ。ここから話が変わりますが、実はヴィットリオ・グリゴーロの場合は、結局発売されなかった幻のアルバムがあるんです。レコード業界って何をやっているんだかよくわかりません。

 ざっと経緯をまとめてみました。
 ヴィットリオ・グリゴーロはデッカと専属契約を結び、ポップレーベルのポリドールと数百万ポンドで録音契約をして、最初のPop Opera のアルバム“In The Hands of Love”を2006年3月にイギリスでリリース、その後、オーストラリア、アメリカでも発売。2007年には、ヨーロピアン・ボーダーブレーカーズ賞(European Border Breakers Awards=EBBA)も 受賞
gri_ebba2007.jpg

 そして2枚目のアルバムを2008年2月に発売するはずでしたが、グリゴーロの元エージェントとCD会社の間のトラブルで未だに発売されていません。どうやらグリゴーロが90日間のプロモーションツアーを断ってオペラを選んだことがトラブルの原因のようなんですが.....これにはプラシド・ドミンゴ とのデュエットも含まれているということですし、争ってないで発売して欲しかったです。いずれひょこって出てくるのかなぁ。もうあれから7年もたったし望み薄ですよね。

 幻のCDになるとは思ってもいなかった頃のインタビュー(2008.7.26)では、『次の CDは、グリゴーロ自身が共同作曲、共同制作者となるもので、来年の初め(2009年2月)に予定されている。大オペラ歌手プラシド・ドミンゴとのデュエットがある。「さらに僕らしく、さらに僕の音楽になります。そして、より"rockier"になるでしょう。プラシドと一緒に仕事をするのは名誉なことです。彼はオペラハウスが若い人を獲得することの重要さを理解しています」』(記事全文)と語っています。私もアリアのCDガ出るというので楽しみにしていましたし、ポペラのファンも首を長くして待っていたのに。

 「オペラ雑誌2009年9月号」のインタビューの「今日、国際的キャリアの確立は、CD企業との専属契約によってこそだと思われます。これについてどうお考えですか。」という質問に対して、『これに関しては、残念ながら、何か間違った方向に進んでいます。すでに一年半前にデッカでアリアのCDを録音しました。ところが、私の元エージェントとCD会社の間で不一致があり、このCDは発売されていません。当時、制作のために随分協力しました。90日のプロモーションツアーのために空いた時間などなかったから、CDか舞台かを選ばなければなりませんでした。で、私は正しい選択をしたと思います。でなければ、おそらく今2014年まで予約でいっぱいなんてことはなかったでしょう。』(記事全文

 そして、グリゴーロは2009年にSonyと独占契約をしました。

関連記事:
若い虎がパヴァロッティの王冠を獲得(2006.3.5)
EBBA 2007 ★Vittorio Grigolo - Italy "In the Hands of Love" Polydor/Universal(2007.1.21)
シカゴ・SUN TIMES記事:ニューアルバムはドミンゴと二重唱も
ヴィットリオ・グリゴーロのオペラアリア集CDアルバム ‘THE ITALIAN TENOR’の曲目発表
News!Sonyと独占契約「Donizetti,Verdi& Pucciniのオペラ・アリア集」発売予定


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。