So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin 1975.3.6 - モントリオール)メトの次期音楽監督に(2016.6.3) [オペラの話題]

 ジェームズ・レヴァイン(James Levine, 1943.6.23 - )引退決定を受けて、メトの次期音楽監督が決まりました。ヤニック・ネゼ=セガン、41才、カナダのモントリオール出身の指揮者です。
 次期といっても実際に就任するのは2020年からだそうです。だったらもうちょっと先にもっと早く就任できる指揮者にすればいいのに....と思いますが、指揮者の皆さんかなり先まで契約があるし、すぐに就任できる指揮者はいないってことなんでしょう。ちなみにヤニック・ネゼ=セガンは現在フィラデルフィア管(2026年まで)とモントリオール・メトロポリタン・オーケストラの監督を務めているそうです。
 メトのyutubeのチャンネルに"Yannick Nézet-Séguin Named New Music Director"というタイトルのビデオがアップされました。

  

 ヤニック・ネゼ=セガンはフィラデルフィア管の来日公演(5/31〜6/5)に同行していて、日本から抱負を述べています。

 指揮者にはうとい私ですが、彼は、グリゴーロと共演したことがあるので、名前と顔は知っています。2011年にスカラ座で「ロメオとジュリエット」を振っていて、スカラ座デビューでした。スカラ座では77年ぶりの上演で、 Machaidze、Grigolo、Nezet-Sequinの若者トリオとして話題になりました。



関連記事:
スカラ座で77年ぶりにグノーの「ロメオとジュリエット」2011.6.6〜23 ☆リハーサルVideoClip
若者トリオ Machaidze e Grigolo,Nezet-Sequinの"Romeo et Juliette"はじまる☆レビュー☆舞台写真


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0