So-net無料ブログ作成
検索選択

ロイヤル・オペラ2014『愛の妙薬』:クラシカ・ジャパン初回放送 2016年7月30日(土) [オペラの話題]

◎放送は、本編だけで、Live Cinemaのインタビューとかリハーサル映像がカットされていました。リハーサル映像はROHのyoutubeのチャンネルにアップされていますが、インタビューはないので、まとめた動画を作りました。下の画像をクリックするとビデオにリンクしています。Live Cinemaの宣伝はカットしました。それから、カーテンコールでは、当日グリゴーロは謎のシャツを着て現れましたが、他の日のと差し替えられています。


歩いているように見えますが、実際には目にも留まらぬ早さで舞台を駆け抜けるジャック・ラッセルのアルフィー君
 ターフェルがインタビューで話しているアムステルダムのプレスリー・ドゥルカマラは過去記事にあります。 (愛の妙薬(1)プレスリー・ドゥルカマーラとネモリーノは誰?)
alfie-and-tom-1.jpgalfie-opera-best.jpgAlfie-stage-1.jpg
アルフィー君は、2012年の公演から出演しているそうです。(Animal Ambassadors)
(2016.8.1)
*  *  *  *  *  

◎クラシカジャパン、契約しました。あの変なアンテナは絶対にいやっだったのですが、ひかりテレビで視聴できるということなので、ネットでクリックしちゃいました。本日11時55分にチューナーが届きました。パパッと接続、今晩9時からのグリゴーロの「愛の妙薬」も録画予約しました。
 今まで放送したものもオンデマンドで配信されているんですね。知りませんでした.....クラシカオンデマンドと言ってビデオ配信なので、いつでも見られる.... 佐渡裕の「レッドリボン・コンサート」2015 とか2014年パリ・オペラ座の「セビリアの理髪師」とかちらっと見てみました.....こんなサービスがあるとは知りませんでした。全部がビデオ配信されるのか一部なのか.....どういう基準でビデオ配信するんでしょうか。
・最新のテレビオンデマンド > クラシカ オンデマンドのビデオ作品一覧
(2016.7.30)
*  *  *  *  *  *  

 CLASSICA JAPANでグリゴーロ主演の『愛の妙薬』が放送されます。2016年7月30日(土) 21:00 〜 クラシカ・ジャパン初回放送、日本初です。



 ロイヤル・オペラのLive cinemaの放送で、グリゴーロ主演のオペラは、2012「リゴレット」(2015.10.10初回放送)に続き2本目、2011年の「ファウスト」もぜひとも放送して欲しいものです。





関連記事:
ROH「愛の妙薬」(2014.11.18〜12.13) ☆ 日本でも一日遅れのLive Cinema(11月27日) ☆ インタビュー☆ 舞台写真 カーテンコールの動画 ☆ レビュー

nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 9

mahnee

クラシカジャパンの情報,ありがとうございます。これを機に視聴手続きいたしました~~。今週工事が入ります。他のクラシック番組も、とても面白そうですね。今回の愛の妙薬は、仔犬みたいなグリゴーロの演技がかわいいですよね。ベルコーレ役の人がかなりの女好き設定でノリノリだったようなのでそれも楽しみです(笑)たしかぴあムックにグリゴーロと一緒に「イケメン」歌手と書かれていた大柄の人も出ていますよね。カーテンコールのところまでちゃんと見たいと思います。
by mahnee (2016-07-10 19:12) 

keyaki

mahneeさん
クラシック好きには、クラシカジャパンいいですよね。
実は私、クラシカ・ジャパンは契約してないんです。あの変なCSのアンテナがいやで、今までは、見たいものは知人に録画してもらっていましたが、その知人が契約しなくなって数年、今は、アンテナなくても光テレビを契約すれば見られるので、どうしようかな.....と悩み中。

>仔犬みたいなグリゴーロの演技がかわいい
本物のワンちゃんも登場、よく見てないと見逃しちゃいますけど、かわいいですよ。

>「イケメン」歌手と書かれていた大柄の人
ブリン・ターフェル、ブリン太ですね。

かれについての過去記事、けっこう笑えるのでよかったらどうぞ。

オペラ傑作歌唱で初笑い:ターフェル(ヴォータン)のGeh'! ☆ ロメオ(ベチャワ)のハイC失敗... 
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2012-01-02

ヴェルビエ音楽祭 Verbier Festival:ターフェルのドン・ジョヴァンニ
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2009-08-15

by keyaki (2016-07-10 23:08) 

mahnee

ターフェルさん、いい味出していますね。3回聴いて3回爆笑してしまいました。ベチャワさんは先日のネトレプコ夫婦コンサートのあと放送のボエームでも、一幕の最後にドアの陰でふたりで歌うア~~~モ~~~~ルの高音がひっくり返ってしまい、パパッとやめていました。グリゴーロが歌ったメトのHDではあのシーンはとても美しかったのでどうしても期待してしまうところでした。全体にやさぐれたネトレプコだけ目立ち情緒に欠けた演出であまり感動しませんでした。
by mahnee (2016-07-11 09:49) 

mahnee

ROHの2014愛の妙薬、見ました。指揮者が若くて、勢いがあって、はつらつとしたグリゴーロのネモリーノが小気味よかったです。息の合ったチームという感じに仕上がっていました。映像の撮り方、技術なのでしょうがライブ感がすごいですね。お客さんとのコミュニケーションを感じるよい映像でした。特にもグリゴーロはそういうタイプの歌唱ですし。メトなんかは大きすぎるので・・・・同じROHでもウエルテルはもはや映画という感じで、劇場であることを忘れるようなアップ映像満載の作品になっていました。オペラは劇場での一回限りの緊張感が魅力ですね。オペラ初心者ですが一度でいいから舞台を客席でで見てみたいものです。
by mahnee (2016-07-31 15:31) 

keyaki

mahneeさん
Live Cinemaそのままじゃなかったのがちょっと残念、始まる前にはターフェルと、幕間には、リハーサルの映像が流されましたし、ルスティオーニのインタビューもあったのに....リハーサル映像はROHのチャンネルにアップされていますが、でも、カットしなくていいのに....ROHがカットして売ってるんですね。Live Cinema当日のカーテンコールは、グリゴーロは衣装じゃなくて、タンクトップに一部の人にしか分からない意味不明のことが書いてあるのを着て現れたんですけど、他の日のに差し替えられていましたね。

>オペラ初心者ですが一度でいいから舞台を客席でで見てみたいものです
せっかくなら、グリゴーロの追っかけでオペラデビューしていただきたいです。国内なら新国がいいですよ。オペラハウスですし、ヨーロッパの劇場並みの大きさですし....
by keyaki (2016-08-01 00:30) 

mahnee

インタビュー動画ありがとうございます。ルスティオーニさんのインタビュー、楽しかったです。ROHの若手の育成プロジェクトか何かの出身だとか。才能ありますね。とても人懐こい人で、グリゴーロとの相性も最高。(彼の指揮、8月4日にメディチテレビでライヴ配信がありますよ。フランスで椿姫。パパがドミンゴ様です。また早起きして見ようかと思います。)ソプラノの歌唱が後半、特に告白場面で最高になっていた理由がインタビューでわかりました。このアディーナはかわいげがあって女の子独特の複雑な心理の変化も上手に表現していました。クルツァクのように高音を張り上げないんですね。もともと声量が足りないかあえてそうしているのか、その日の調子にもよるのでしょうか。MCのイギリス英語に聞き取れない部分たくさんあって、何度か見てみたいと思います。ターフェルって発音していないのがおどろきでした。あと、デ・ラ・レンタへのメッセージ入りシャツは手作りでしょうね。まったく彼らしいカーテンコール。主催者側としては、困っちゃったかも。
by mahnee (2016-08-02 10:07) 

keyaki

mahneeさん
インタビューの動画、楽しんでいただけて嬉しいです。
ルスティーオーニとは仲良しですよね。結婚式にも出席して歌をプレゼントしていますし、あとスカラ座のボエームと、ドイツのコンサートツァーも、来シーズンのパリの「リゴレット」、ルスティオーニでしたよね。

mahneeさんは、語学が堪能でいらっしゃるので、またなにか面白い話があったら教えて下さい。私は、半分くらい?以下くらいしか分かってないので。
ターフェルの英語はどうですか?ウェールズって全然違うっていいますよね、もちろん標準語?で喋っているんでしょうけど。

>デ・ラ・レンタへのメッセージ入りシャツは手作りでしょうね
もちろんそうでしょう。ファウストの時は、前に"CAIO! MAMMA E PAPA"と書いてあって後ろには"I ❤️LOVE LONDON"でうけてました。
小さい頃から、何かを作るのが大好きで、いつもなにかを作っていたそうです。

>主催者側としては、困っちゃったかも。
多分、コヴェントガーデンは自由な雰囲気があるんでしょうね。他ではやってないですから。

>(彼の指揮、8月4日にメディチテレビでライヴ配信がありますよ。フランスで椿姫。パパがドミンゴ様です。また早起きして見ようかと思います。)
あれれ、これって、オランジュのですよね。ヴィオレッタがダムラウのはずが....ヤオになってますね。ダムラウも最近キャンセル多いですね。働き過ぎですね。来シーズンのグリゴーロとの共演キャンセルしないで欲しいです。

by keyaki (2016-08-02 19:27) 

mahnee

オランジュ・寝落ちしてしまいました・・・
せっかく早起きしたのですが。音楽はよかったですよ。ルスティオーニは明るくスピード感があって好きです。歌手も華はないけど手堅い感じ。メーリ(?)というテノールはずっと真顔で変化に乏しいのですが声が美しかったです。賛否が分かれる人みたいですが。椿姫はyoutubeでチューリヒ駅のと、チョーフィのと、ネト子様&ヴィラソンしか見たことがなく(結果、すごい情熱爆発モードしか知らない…笑)普通がどんなのかわかりませんが、あまり入り込めず、結果気が付いたらPCの前で爆睡していました・・・映像なしで音だけだったらよかったかもしれません。ダムラウだったらよかった・・・
by mahnee (2016-08-04 23:32) 

keyaki

mahneeさん
ダムラウなら見たいかな...と思いましたが、ヤホは、華がなさすぎ、カルメンのミカエラとかトゥーランドットのリューとかが適役かも、若い時は若さでカバーできたけど、ますます貧相になってきてますね。
チョーフィもやせっぽちですが、顔が派手だしバランスがいい....

「舞台写真を眺めてみると、チョーフィのヴィオレッタが、いかに可憐だったかがわかりますね。エルモネラ・ヤオもスマートなんだけどちょっとバランスが...日本人並みに顔が大きいみたい。」なんて失礼なこと書いちゃってます。
Baalbeck 2009《椿姫》に出演:バールベックってどこよ?
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2009-05-28
レバノンのバールベック Baalbeck音楽祭でLa traviata(2009.8.13)
http://colleghi.blog.so-net.ne.jp/2009-08-1

メーリは手堅く重宝がられるタイプかもしれませんが、ROHのトロヴァトーレのれいの有名なアリアがアップされていたので聞きましたが、全然ワクワクしない、ただ歌いました...って感じで私には惹かれるものがないので、やっぱり主役よりちょっと脇役がいいかなって、たとえば、シモン・ボッカネグラのアドルノとか、ナブッコのイズマエレとか、マクベスのマクダフとか....

>賛否が分かれる人みたいですが
賛否が分かれるっていうか、この手の歌手は、どっちかというと批判されない...特別な何かがないから....所謂カリスマゼロなので、カリスマという得体の知れないものを毛嫌いする人たちには安心感があるんでしょう...あの真顔にもね。

スター歌手のダムラウが抜けたのは痛いですよね。ご主人と一緒にオランジュでバカンスを兼ねた出演だったでしょうに....20日のコンサートがキャンセルになりませんように!

by keyaki (2016-08-05 00:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。