So-net無料ブログ作成

2017-2018シーズン発表:☆バイエルン国立歌劇場 (4/2発表)☆ ウィーン国立歌劇場 (4/5発表)☆ ロイヤル・オペラハウス(4/5発表)☆ スカラ座(5/31発表) [オペラの話題]

ミラノ・スカラ座 2017-18シーズン (2017.5.31発表)
バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.2発表)
ウィーン国立歌劇場 Wiener Staatsoper 2017-18シーズン(2017.4.5発表)
ロイヤル・オペラハウス(2017.4.5発表)

 バイエルンもウィーンも連日オペラをやっていますので、オペラ愛好家の皆様ご贔屓の歌手がだいたい出ているのではないかと思います。来シーズンは、グリゴーロもちょっとだけ出演予定、両劇場とも「愛の妙薬」です。

◎バイエルンは、こちらのサイトで、出演歌手等だいたい分かります。
 J. Kaufmann, A.Netrebko And All The Major Stars in Bayerische Staatsoper’s 2017-18 Season
  
◎ウィーンは、こちら。
 All The Major Opera Stars Performing At The Vienna State Opera 2017-18 Season

◎ROHは、こちら。
 6 Opera Stars You Must See At the Royal Opera House in 2017-18
 6 Opera Starsって、マイケル・ファビアーノを入れちゃうの? まあアメリカのサイトだからか。へえぇーーなのが、フォークトのローエングリンにオポライスのエルザ、指揮は夫のネルソンス。ネトレプコはキャンセルされないように夫婦共演にしちゃてるじゃないの。予想では、フローレスがルチアに出演することになっていたようですが、やっぱり出ませんね。今シーズンのあの(ひどい)ニュープロダクションでは出ないだろう......と言われていましたけど。

関連記事:
パリ国立歌劇場 l’Opéra national de Paris 2017/2018シーズン:オペラ公演ラインアップ (2017.1.25発表)
メト2017−2018シーズン発表 (2017.2.15) ☆一覧表





nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 7

サンフランシスコ人

「マイケル・ファビアーノを入れちゃうの?」

サンフランシスコではスターです...
by サンフランシスコ人 (2017-04-09 05:56) 

keyaki

サンフランシスコ人さん

スターって星の数ほどいるってことですね。
でもスターって、やっぱり華がなくちゃ。
まあ、暴行で逮捕されたテノールのアルフレード・キムもスターなんて書いてました。その方がニュースとして面白いからでしょうけど。

by keyaki (2017-04-09 11:13) 

masi

スカラの来シーズンの予定は五月三十一日午後五時(現地時間)に発表されます。

by masi (2017-05-12 19:36) 

keyaki

masiさん
ありがとうございます。
すでに概要は発表されたようですね。
やっぱり開幕公演は、ネトレプコ夫妻のアンドレア・シェニエなんですね。
メトの50周年ガラコンサートでも、ネトレプコ様に出演していただくために夫も出しましたが、アリアは歌わなかった(歌わせなかった)んですけど.....開幕公演のタイトルロールとは、妻の七光りってすごいですね。
ベリーニの海賊なんて珍しいものもやるようですね。


by keyaki (2017-05-12 23:41) 

Masi

スカラとしては未だ発表 していないのですが、情報が漏れるのは毎度のことで………………。ネトレプコは2011年のドンナ・アンナで冷たくあしらわれ、新聞には"イタリア語が理解できなかった"と一言書かれただけであったので、一昨年のジョヴァンナ・ダルコに起用された時は反対の声が沸き起こりシャ-イが弁護する騒ぎになりました、結果は彼女の成功となり、今シーズンは椿姫につながったのです。彼女のスカラに対する度胸と決意には感服しました。彼女の旦那に関してはシャーイがOKを出した様です。
by Masi (2017-05-13 05:29) 

keyaki

Masiさん

>彼女の旦那に関してはシャーイがOKを出した様

そのようですね。まあ、そもそも結婚することになったのが、ローマのムーティ指揮のなんでしたっけマノン・レスコーですから、指揮者受けはいいのかも。まあ、あんまり見え見えなので、なんだかなぁ....という感じ。
カウフマンが、メトの大晦日のガラ公演の「トスカ」を変な理由できゃんせるしたので、もしかしたらスカラ座の開幕公演に? とおもったりしていたのですが......そういうことにはならないようですね。

by keyaki (2017-05-13 09:28) 

masi

ネトレプコがゴリ押ししたからと言って出してもらえる様な甘い世界ではないでしょう。その様な記事が出たことは確かですが、プロの世界を知らない人の憶測だと思います。ジャーナリストはストーリーを売るのが仕事ですから。歌手達自身、ロッジョーネの恐ろしさを良く解っているはずです。

先日のアンナ•ボレーナではFedrica Lombaldiというとても若いソプラノが主役に登場しました。スカラの研修生とのことですが、堂々とこの重い役を歌いきり盛大なブラヴォーが飛び交いました。スカラではあまりスターが出ませんが、この様な楽しみを味わえるのは流石です。脇役も隅々まで揃っていて、フル編成のオケ、圧倒的なコーラスと合わせ、全体の構成力では他の追従を許さないでしょう。ジョヴァンナにはなんとソーニャ•ガナッシが出演、若いアンナの脇では若干違和感がありましたが、その歌唱は流石に素晴らしいものでした、そこで思い出したのは、もう15年くらい前にチェネレントーラを見た時で、ガナッシが歌う筈の所代役でしたが、とても素晴らしく、スカラ内部でもガナッシ以上の評価を得たと聴きました。それがジョイス•ディドナートのスカラ•デビューだったのです。
by masi (2017-05-14 00:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0