So-net無料ブログ作成

R.ライモンディ 来シーズン2009/2010 のスケジュール 更に追加 リエージュとベルリン [RR関連]

★ビリャソン、やっぱり全公演降板。LA.opera《愛の妙薬》のネモリーノは、数日前にフィリアノーティとのダブルキャストに変更されていましたが、全公演フィリアノーティになりました。ビリャソンは、他の劇場についても全公演降板したようで、それぞれ対応に追われているようです。さすがドミンゴ総裁、動きが早かった!(2009.4,30)
★ケルン・オペラ来シーズン発表!RR《アルジェのイタリア女》に出演確定(4.30記事に追記)


ヤニス・ココス
 各劇場の来シーズンの演目とキャストが次々発表されています。特にご贔屓の歌手がいる方たちは、ワクワク、ドキドキ、実際に追っかけファンをやってる人は、旅行の計画を立てたり、これも楽しみの一つでしょうね。
 R.ライモンディの来シーズンのスケジュールは、すでに、La.オペラの《愛の妙薬》、ウィーン国立歌劇場《トスカ》の日程が発表されましたが、ワロン王立オペラ劇場 Opéra Royal de Wallonie(リエージュ)とベルリン・ドイツ・オペラにも出演が決まりました。

 リエージュは、元ボローニャ歌劇場のインテンダントだったステファノ・マッツォニス氏が現インテンダントなので、その繋がりでしょうね。2007年にも就任ご祝儀出演してますから。開幕公演はホセ・クーラの《サムソンとデリラ》、これは、ボローニャの今シーズンのものです。ライモンディは、新演出の《ファルスタッフ》と《ボリス・ゴドノフ》に出演します。両方とも新演出だなんて、さすがライモンディ.......嬉しいですね。
 

続きを読む


アバド指揮 ベルリン・フィル《オテロ》ドミンゴ&クーラ+フリットリ+R.ライモンディ(1) [オテロ]

 クラウディオ・アバドは、1996年と1997年にベルリン・フィルを指揮して、《オテロ》を上演しています。ベルリン・フィルの「シェイクスピア・チクルス」の一環として上演されたもので、演出は映画監督のエルマンノ・オルミ、歌手は、オテロ以外は、ほとんど同じキャストです。この両方のヤーゴを歌ったのが、ルッジェーロ・ライモンディで、1996年に、54才でロール・デビューを果たしました。

♫音声ファイル:1幕のオテロ登場の”Esultate”とヤーゴの"Inaffia l'ugola! Trinca, tracanna!"
ドミンゴオテロ2.jpgcura_frittoli.jpg
★1996年ザルツブルグ:Placido Domingo (Otello), Barbara Frittoli (Desdemona),Ruggero Raimondi (Iago),
              Sara Mingardo (Emilia),Vicente Ombuena (Cassio)

★1997年トリノ:Placido Domingo (Otello), Barbara Frittoli (Desdemona),Ruggero Raimondi (Iago),
              Serena Pasqualini (Emilia),Vicente Ombuena (Cassio)


続きを読む


オペラ雑誌(2009.3月号)から....パレルモのローエングリン、メトのリゴレット、ベルリンのファウスト [オペラ関連書籍&雑誌]

todo.jpg 定期購読しているイタリアのオペラ雑誌からの話題です。2月のバレンシアの《ファウスト》のレビューもありますが、それはヴィットリオ・グリゴーロのブログの方で取り上げたいと思います。

 さて、まず表紙に注目しました.....一瞬、これはオテロとデズデーモナ.... (今、頭の中を《オテロ》が駆け巡っていますので)...と思いましたが....ローエングリンとエルザでした。この二人、誰だか分りますか? どこかで見たことがあるような二人とも新国に出演してます....回答は「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む


新国《トーキョーリング・第1夜 ワルキューレ》2009.4.15 [オペラ生舞台鑑賞記録]

新国サイトにリンク 2001年からはじまったキース・ウォーナー演出「トーキョー・リング」は、2004年に完結して、今年から第2周目がじまりました。《ワルキューレ》は2002年が初演でしたが、私も見に行きました。キャストについては、いつもはヴォータン役のドナルド・マッキンタイアがフンディングというのも興味津々でしたし、ロバート・ディーン・スミスがジークムントで、超ながぁ〜い「ヴェルゼ〜 ヴェルゼ〜」には、私が窒息しそうになった.....というような思い出があります。それに、こんな演出見たことない!というものでしたので、こういうオーソドックでないものの再演はどうかな....面白みは半減するのかな....と思いつつの鑑賞でした。(1階4列で鑑賞)

続きを読む


2007年10月トリノ開幕公演《ファルスタッフ》:新国をふったラウラちゃん★VideoClip [ファルスタッフ]

 ミラノでオペラのお勉強中のみどさん「ラウラちゃんに会いました...」というコメントで、ラウラ・ジョルダーノのナンネッタのビデオクリップをネットで見つけたことを思い出しました。
↓これです。とてもかわいいナンネッタで、フリットリのアリーチェと本当の母娘に見えますね。

 ラウラちゃんったら、診断書なんか出しちゃって、新国をうまく直前キャンセルして、トリノの《ファルスタッフ》に乗り換えたんですよ。新国では《フィガロの結婚》のスザンナを歌うことになっていました。スザンナは、大役ですし、しかも地の果て日本で歌うとなると彼女には荷が重すぎたのかもしれません。しっかりもののスザンナよりは、ナンネッタが、お似合いだし、適役なんでしょう.....
 最近、三歩歩くと忘れる....というにわとり状態なので、どこで見つけたビデオクリップなのか忘れちゃいました。もしかしたら、フリットリのホームページかも.....夫のナターレ・デ・カロリスがフォード氏だったので、彼がホームビデオで撮ったのかもしれません.....

2007年トリノ開幕公演 《ファルスタッフ》10月7,11,14,17,21,24 



※写真をクリックすると拡大します
05falstaff.jpg ノセダ指揮,ピッツィ演出
(ボローニャと同じ演出舞台衣裳)
Ruggero Raimondi(Falstaff)
Natale De Carolis(Ford)
Francesco Meli (Fenton)
Gregory Bonfatti (Dott. Cajus)
Luca Casalin(Bardolfo)
Federico Sacchi(Pistola)
Barbara Frittoli(Alice)
Laura Giordano(Nannetta)
Elisabetta Fiorillo(Quickly)
Manuela Custer(Meg)
キャスト詳細

RRのファルスタッフ公演記録:
1986年5月22日〜ジュネーヴ
1993年9月23日〜チューリヒ
1997年9月26日〜ニース
1998年2月15日〜ベルリン
1999年2月20〜ジェノヴァ
2000年12月30日〜ベルリン
2001年4月7日〜ザルツブルグ
2001年4月19日〜ベルリン
2001年7月5日〜チューリヒ
2006年5月12日〜フィレンツェ
2006年9月11日〜東京文化会館
2007年6月13日〜ボローニャ
2007年10月7日〜トリノ
2008年1月15日〜バーリ

関連記事:ラウラ・ジョルダーノ新国キャンセル&トリノ開幕公演《ファルスタッフ》

ウィーンでライモンディに遭遇★☆ウィーン国立歌劇場2009/2010シーズン発表 [RR関連]

rr200803.jpg
ウィーンの街角で...gonさん撮影 2008.3中旬
ウィーンでライモンディに遭遇!! といっても私ではないです。交流ブログのgonさんが、ばったり出会ってしまったそうです。
 遠目で(そう、背が思いっきり高いですから遠くからでもわかる...たとえば、空港の人ごみの中でも目立つからいい....とファンの人たちも言ってます)なんだか似てる顔だと思ったら、ライモンディ本人だったとか.....快く写真も撮らせてくれたということで、その写真を頂きました。ありがとうございます。いつもの帽子をかぶった格好ですね。グリゴーロも風邪の予防は頭と足を暖かく....と言ってますから、これは、イタリア人オペラ歌手の常識なのかな....

続きを読む