So-net無料ブログ作成
検索選択

"冷たい手 Che gelida manina"の半音下げの移調は誤摩化し、賞味期限のつけかえみたいなもの... [テノールの高音]

★2009年7月25日追記:
 プッチーニが書いた楽譜通りに歌った"冷たい手"の録音がありました!  guuchokipantenさん情報ありがとうございます。
 さてこの録音ですが、実演ではなくピアノ伴奏なので、どういう経緯で歌ったのかは不明.........一応音声ファイルをアップしますが、超ヒストリカルですので、覚悟をして聞いて下さい。右下の楽譜通りです。
 半音下げは別問題として、今現在普通に歌われているものは、ラ♭→ドに上げるちょっと小さめに書いてあるoppureの楽譜の方なんです。こちらの方が、クライマックスにふさわしいし華やかになるし、テノール歌手としては、ラ♭→下降して終わるオリジナルよりこの"oppure"を選びたくなるということです。この録音がピアノ伴奏なのもうなずけます。これを舞台でやったら、拍手をもらえないだけでなく、レタスが飛んできたり、猫ちゃんが天井桟敷からパラシュートをつけて舞い降りて来ないともかぎりません。
 プッチーニが「ハイCに不安があるなら、わざわざ"oppure"で歌わんで、オリジナルで歌ってよ....」と言っても、そりゃ無理でしょうね。この録音を聞いての感想は、やっぱり、ここは『現場の知恵』の移調で対処して頂いて結構です....ということになるんだな....と思いました。でも、誤摩化されるのは嬉しくないですから、半音下げる場合は、堂々とプログラムにでも書いて下さいと言いたいですね。

1899年録音:Giovanni Cesarini(1860?〜??)
《ボエーム》の初演は1896年2月1日トリノ
***************************************************************
以下2009-01-09の記事です。

先日の記事、★ロドルフォのアリア"Che gelida manina"の半音下げ についての続きです。

 一般に歌曲は、声域に合わせて移調して歌うことが許されていますが、オペラのアリアは、オリジナルで歌うのが基本ということになっています。
 ところで、ドミンゴは「《ボエーム》と《トロヴァトーレ》《ファウスト》では、アリアを移調することにしている」と公言しています(テノールに要求される高音について)。とはいえ、舞台でのことで、録音ではオリジナルで歌っているようです。高音が出ないわけではないが、失敗する確率が高いので、舞台では避けているということでしょうか。しかし、《トロヴァトーレ》は、実際の楽譜にはない高音(ハイC)に上げて歌うのが慣例になっているだけなので、オリジナル通りに歌えばいいだけであって、移調するのはどうなんでしょうね。このへんが、クーラとは違って、ドミンゴのなんというか要領のいいところかな.....
 たとえば、『日伊コンコルソ概要』には、「オペラ・アリアは原則として原調とする。ただし、慣例的に移調されているものは認める」となっていますが、この《ボエーム》と《トロヴァトーレ》のアリアの移調は慣例的なものなんでしょうか.....そうは思えないんですけど、ご存知の方がいっらしゃいましたら教えて下さい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(21)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

オランジュ音楽祭 2009《椿姫》ネットでも放送:日本時間16日の早朝4時45分〜 [ヴィットリオ・グリゴーロ]

◎YouTubeにTV中継の録画がかなりアップされました。まとめましたので再生リストから視聴できます。(2009.7.18)
★アルフレード=Vittorio GrigoloハイライトMP3 を第2ブログにアップしました。(2009.7.17)
★日本時間で午前7時40分無事終了、音声ファイルを2つ、第2ブログにアップしました。(2009.7.16)

詳細は、第2ブログへ....


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ルッジェーロ・ライモンディ特別番組ビデオクリップ [RR関連]

26日にFrance3で放送されたルッジェーロ・ライモンディのテレビ番組のほんの一部がYouTubeにアップされました。

↑写真をクリックすると、以下の3種類の映像にリンクしています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽