So-net無料ブログ作成

新国《トーキョーリング・第2日 ジークフリート》2010.2.23 [オペラ生舞台鑑賞記録]

 2001年からはじまったキース・ウォーナー演出「トーキョー・リング」は、2004年に完結して、昨年2009年から第2周目がじまりました。今年2010年2月《ジークフリート》、3月には《神々の黄昏》が上演され完結します。それにしても、ワーグナーだからか《 ジークフリート》だからかは分かりませんが、明らかに男性が多い....女子トイレがすいていることからも実感できます。
 《ジークフリート》は2003年が初演キャストは、ダブルキャストでしたが、私は第一キャストで見ましたので、ジークフリートのクリスティアン・フランツとさすらい人のユッカ・ラジライネンは今回も同じです。
 フランツは、なんていいましょうかあの風貌と(幼児)体型とはいえ、やはり7年の歳月は感じられましたが....といっても1968年生まれのようですから、まだ40そこそこなんですね.....最後のブリュンヒルデとのあの長い二重唱....テオリンの迫力にも負けてなかったです。ラジライネンは、前回の公演ではほとんど印象に残っていませんでしたが、今回は、7年の歳月で貫禄がついたのか、なかなかよかったです。そうそう、前回は、ハンナ・シュヴァルツ(1943.08.15-)がカメオ出演といいますか....素晴らしいエルダだったのを思い出しました。(1階8列左中央寄り、目線は舞台よりちょっと高い位置で舞台奥まで見える)

続きを読む


ローマ歌劇場2009.12ゼッフィレッリの《椿姫》さえない再演(雑誌"l'opera 1月号") [椿姫]

 オペラ雑誌"l'opera "2010年1月号に掲載されたこの舞台写真、どうみてもゲオルギュー&グリゴーロでしょ.....写真をクリックすると大きくなりますからじっくりご覧になって下さい.....いくら今回の再演がぱっとしないからって、2年も前のを載せなくても....
 ゼッフィレッリ新演出で話題を呼んだ2007年4月の《椿姫》、この時も公演の直前まで、ハプニング続出、まず、アラーニャがゼッフィレッリに袖にされて、アラーニャの代わりにプレミエ歌手として浮上したフィリアノーティが急性腹膜炎で入院....その後アルフレードは誰がプレミエを歌うかのタイトルマッチがはじまり、ヴィットリオ・グリゴーロに軍配が上がり、プレミエはゲオルギュー&グリゴーロのカップルで大成功、その後、ゲオルギューがなぜかへそを曲げて、2公演目の途中で降板....とまあ、話題にはことかかなかったわけですが、公演自体は、成功でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

サンピエトロ大聖堂、ピエタ像の事件:ガラスで囲われたのはいつからか? [雑談]


壊された当時の写真 マリア様の鼻と腕が....
(写真をクリックすると拡大します)
 下記の2005年3月27日の記事に、「ミケランジェロのピエタ像が、ガラス越しにしか見られなくなったのはいつからでしょう.....」というコメントを頂きました。

 事件が起こったのが、1972年5月21日、右の写真のように聖母マリアの左腕、鼻など15カ所が破損、傷つけられましたが、修復して、防弾ガラスで囲ったかたちで公開されているわけですが、私もいつから防弾ガラスのパネルで囲って展示をしているのか気になっていましたので、調べてもらいました。運良く甥がローマに赴任中で、まあ、こういう関係の仕事なんで、同僚にでも聞いてもらえばすぐに分かるかな....と思ったんです。
 甥っ子からは、下記のようなメールと写真が送られてきました。右の写真は調べた本の表紙ですが、マリア様の腕と鼻がもがれて、痛々しい様子で心が痛みます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新演出《セビリアの理髪師》チューリヒ歌劇場...好評のうち全日程終了 [セビリアの理髪師]

 ニュープロダクションの《セビリアの理髪師》、7月10日の公演が残っていますが、年末の12月27日から1月24日までの12公演、長丁場でしたが、ルッジェーロ・ライモンディは全公演出演、更に、このあと28日、31日とローマ歌劇場でゼッフィレッリ演出の《ファルスタッフ》にも友情?出演というハードなスケジュールを無事こなしました。


Mario Zeffiri(伯爵), Nello Santi, Massimo Cavalletti (フィガロ),Serena Malfi (ロジーナ), Ruggero Raimondi (バジリオ),1/22

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽