So-net無料ブログ作成
検索選択

速報! ミラノ・スカラ座2010-2011シーズン発表:ビッグなテノールが戻ってきます.... [オペラの話題]

クリック:トスカにリンク ミラノ・スカラ座のシーズン発表が本日5月21日に行われました。ざざっと見ましたが、今シーズン(2009-2010)よりも知名度のある歌手が揃っています。こんな歌手を揃えました...とスカラ座が自慢して公表しているのは次の歌手です。バリトンとかバスが淋しいかんじもしますが....

Un tema dominante della Stagione 2010-2011 è la presenza delle grandi voci di oggi, fra cui.....

★テノール: Marcelo Alvarez, Jonas Kaufmann, Juan Diego Flórez(R+O), José Cura, Ian Bostridge, Marco Berti, Salvatore Licitra, Vittorio Grigolo, Francesco Meli

☆ソプラノ: Nina Stemme, Diana Damrau(R), Anja Harteros(R), Violeta Urmana(?), Adrianne Pieczonka, Maria Guleghina, Micaela Carosi, Martina Serafin, Lise Lindstrom, Aleksandra Kurzak(R), Nino Machaidze, Anne Schwanewilms, Kristine Opolais

☆メゾ:Waltraud Meier, Joyce Di Donato, Luciana D’Intino, Daniela Barcellona, Marianne Cornetti, Ekaterina Gubanova, Angelika Kirschlager(R)


★バリトン : Bryn Terfel, Leo Nucci, Zeliko Lucic, Thomas Hampson(R), Ambrogio Maestri, Matthias Goerne(R), Alex Esposito, Georg Nigl

★バス: René Pape, Ferruccio Furlanetto, Günther Groissböck, Marco Spotti, Kwanchul Youn

☆指揮者:Daniel Barenboim, Daniele Gatti, Daniel Harding, Omer Meir Wellber, Edward Gardner, Valery Gergiev, Yannick Nezet-Seguin, Nicola Luisotti, Rinaldo Alessandrini, Philippe Jordan, Roberto Abbado, Gustavo Dudamel, Yuri Temirkanov

 話題としては、スカラ座ボイコットしていたホセ・クーラとマルセロ・アルバレスが戻ってきます。ホセ・クーラは、1999年2月の《運命の力》以来、12年ぶりに《Cav/Pag》で、M.アルバレスは2006年2月《リゴレット》以来、5年ぶりに《アッティラ》と《ばらの騎士》で戻ってきます。しかし、《アッティラ》のフォレストは若い時ならともかく、トップクラスの役とはいえませんし....(一般的にやりがいのない役ということになっている)....本当にスカラ座と和解したんでしょうか.....。

 その他、注目の歌手の公演は、今シーズンに引き続きルネ・パペがヴォータンの《ワルキューレ》、イアン・ボストリッジの《ベニスに死す》、ヨナス・カウフマンは、メトと同じ演出の《トスカ》に出演、スカルピアのブリン・ターフェルとバラで出演は、チケット販売の戦略でしょうね。ヴィットリオ・グリゴーロは、《ロメオとジュリエット》、フアン・ディエゴ・フローレスは《湖上の美人》。
 2009-2010シーズンに比べて、確かに充実のテノールです。なにしろ今シーズンは、一応自慢?して発表したテノールが、『Jonas Kaufmann, Stefano Secco, Robert Dean Smith, Marcello Giordani, Rolando Villazon』というなさけない状態でしたから.....ステファノ・セッコは、リゴレットの公爵でしたが、あるレビューで、「悪くはないが、ミラノ・スカラ座の第一キャストで歌うテノールではない....」と書かれていました。中堅どころではありますが、トップクラスではないことは確かです。

◎オペラ14公演で、8公演がスカラ座の新演出、イタリアの作曲家9公演でその中にはイタリアの現代の作曲家ルカ・フランチェスコーニ(Luca Francesconi 1956-)の新作《Quartett》も含まれます。

続きを読む


ついに...やっと....ミラノ・スカラ座の公演記録がオンラインで検索可能に [オペラの話題]

 ミラノ・スカラ座のウェブサイトで 1949/1950 〜 2008/2009シーズン の公演記録が、オンラインで閲覧できるようになりました。写真をクリックするとリンクしています。

とりあえず "Ruggero Raimondi"で検索、全部出ました!
ポスター、舞台写真、解説、リブレット等も見ることができるものもあります(下の写真の右の"Visualizza Recite")。一番興味があるのは、舞台写真ですが、真ん中に大きく"SCALAのロゴ" が入っています。解像度も高くないので、舞台の雰囲気が分かる程度です。
閲覧するためには登録が必要です。名前と国とメールアドレスを登録するとパスワードが送られてきます。すでにスカラ座に登録済みの方は、それで入れます。

訃報 ジュリエッタ・シミオナートGiulietta Simionato(1910.5.12 - 2010.5.5) [訃報]

 2010年5月5日(水)、ローマの自宅でジュリエッタ・シミオナートが亡くなりました。享年99歳、ご冥福をお祈りします。
Una delle più grandi voci del Novecento/E' morta la mezzosoprano Giulietta Simionato

 シミオナートは、あと一週間で100才のお誕生日だったこともあり、イタリアのオペラフォーラムでは、5月2日には「 なにも話題になってないけど、来週の12日には100才のお祝いのイヴェントがあると思いますけど、どなたか知ってますか....」と"i 100 anni di Giulietta Simionato"というスレッドがたてられていました。2004年の94才のお元気な姿をこのブログで話題にしたこともありましたので、シミオナートさんご健在なんだ.....と思っていた矢先の訃報だったこともあり、大往生でお目出度いことなのですが、残念という気持ちと、100才という節目を超えるのは難しいんだな.....と妙な感慨にひたってしまいました。

 

続きを読む


新国立劇場《愛の妙薬》リーフレット 石戸谷 結子のエッセイ読んだ人いますか.....添削しましょう.... [オペラの話題]

 「愛の妙薬」、それは「声」  石戸谷 結子(音楽ジャーナリスト) リーフレットを捨てた方は、新国のウェブサイトでもまだご覧頂けます(下の画像をクリック)。
 このタイトルを見て、《愛の妙薬》はベルカントオペラだから「声」が重要....その通り...と思いましたが、筆者は、全く別のことを考えていたようです。

 このエッセイ、かなりまずいんじゃないですか.....新国さん....こんないい加減というか、完璧間違いもありますよ.....リーフレットの編集者はちゃんとチェックしてますか.....音楽ジャーナリストが書いたとは思えない内容です。オペラ初心者向けだから何を書いてもOKとたかをくくっていませんか。

このエッセイで私がひっかかったのは次の3カ所

続きを読む