So-net無料ブログ作成

ルッジェーロ・ライモンディ 今後の予定☆《西部の娘》ランス初役 ☆ 来日!フィレンツェ歌劇場《トスカ》 [RR関連]

フィレンツェか劇場来日公演の日程が決まりました。《トスカ》は、2011年3月13(日)神奈川県民ホール、17(木)NHKホール、20(日)NHKホールで、ライモンディは最初の2公演に出演です。(2010.6.10現在の予定

 ルッジェーロ・ライモンディは、2月14 ,17日とウィーン国立歌劇場の《トスカ》に出演した後、4月12,13日とパリのSalle Gaveau でマスタークラスを開講、後進の指導に当たりました。《ドン・ジョヴァンニ》の演技がメインだったようです。マスタークラスを見に行ったライモンディの追っかけファンが、直接ライモンディに聞いた今後の情報です。

 あら!まあ!なのは、11月にチューリヒ歌劇場で《西部の娘》のランス役デビュー....まあ、ランスは、中年以上の役ですし、69才でもまあいいかな...ですけど、わざわざやらなくてもいいような気もしますが、チューリヒ歌劇場ということは、もしかしたらクーラと共演ではないかと思って、ちょっとクーラの公式ホームページに行ってみました。ありました! 劇場のレパートリー公演の発表はまだですので、ミニーが誰かは分かりませんが、マーロックあたりでしょうか。
 それから12月にはフィレンツェで《トスカ》、フィレンツェ歌劇場はこの《トスカ》と《運命の力》をもって2012年の2月か3月に来日するそうです。

★ルッジェーロ・ライモンディ今後の予定:
2010年5月21,24日:ベルリン・ドイツ・オペラ 《トスカ》グレギーナ、トドロビッチ
      (昨年同時期に、ナージャ・ミヒャエル、ヨナス・カウフマンと共演したプロダクション)
2010年6月15,17,20,23,26日:リエージュ《ボリス・ゴドノフ》
2010年7月10日:チューリヒ歌劇場《セビリアの理髪師》
2010年7月31, 8月3日:Santander音楽祭 《ボリス・ゴドノフ》
2010年8月5〜14日」ザルツブルグ マスタークラス
2010年11月14, 17, 20, 24日:チューリヒ歌劇場《西部の娘》クーラ
2010年12月: フィレンツェ歌劇場 《トスカ》
2011年2?3月: フィレンツェ歌劇場来日公演 《トスカ》メータ指揮、マリオ・ポンティッジャ演出

関連記事:
ベルリン《トスカ》の宣伝用ビデオクリップ
ベルリンの《トスカ》 ヨナス・カウフマンの" Vittoria! Vittoria!"★☆これで、あなたもカウフマン通
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ネット配信の動画をDVDレコーダーで録画保存する(アップル) [パソコン/ネット/YouTube/mp3,mov]

 第2ブログで記事にしましたが、"TV5MondeJapon"でチョーフィ&グリゴーロの《椿姫》がネット配信されます。皆様のNHKは、放送してくれませんが....(かつてはオランジュ音楽祭のオペラを放送していたこともあったんですが).....その代わりに、フランスのテレビ局が日本語字幕まで付けてネット放送してくれます。

 このテレビ局のネット放送は、パソコンには保存できないそうです。キャプチャーはできるんでしょうが、私の場合は2時間もは無理.....しかし、「パソコンをDVDレコーダーにつないで、録画することは可能.....方法は、お近くの電器店、家電量販店でご相談下さい.....」ということなんです。「よくある質問」の"Q1-6."に、ちゃんと書いてあります。日本語字幕付きは、持っていませんから、それはぜひとも録画保存したい.....ということで、「お近くの電器店、家電量販店」に行ってきました。
IMG_0255.JPGIMG_0258.JPGIMG_0256.JPG

続きを読む


訃報:ジュセッペ・タッデイ Giuseppe Taddei(1916.6.26 - 2010.6.2) [訃報]

ジュセッペ・タッデイが、6月2日にローマの自宅で亡くなりました。享年93歳、ご冥福をお祈りします。

Lirica: e' morto Giuseppe Taddei, baritono leggendario
ultimo aggiornamento: 02 giugno, ore 19:49

『本日6月2日午後5時30分にバリトンのジュセッペ・タッデイが、ローマの自宅で亡くなりました。26日には94歳を迎えるはずでした。ジェノヴァ生まれのタッデイは、18歳の1936年にローマで、トスカニーニ指揮の《ローエングリン》の伝令でオペラデビュー、その後、短期間で華々しいキャリアを築き、20世紀の最も偉大なバリトンの一人となりました。』

 ルッジェーロ・ライモンディ(1941.10.3-)とは親子ほど年が違いますが、ライモンディが16才でオペラ歌手を志した時から大先輩としてなにかと親身に相談にのってもらっていましたし、オペラデビュー後は、1968年《エルナーニ》《シモン・ボッカネグラ》、1969年《シモン・ボッカネグラ》、1971年には《ドン・ジョヴァンニ》で共演しています。2004年9月29日の"Una vita nella musica"のライモンディの受賞ガラコンサートでは、当時88才のタッデイの「ブラーヴォ」が劇場に響き渡ったそうです。

◎ジュセッペ・タッデイとルッジェーロ・ライモンディのエピソード

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽