So-net無料ブログ作成

ネトレプコの現夫のテノール Yusif Eyvazov (2016.3 東京公演 NHK中継放送) パッケージ商法 [オペラ歌手]

 ユシフ・エイヴァゾフ(1977.5.2 - )は、ネトレプコ(1971.9.18 - )の今の夫でテノールですが、ネトレプコの七光りというか虎の威を借るテディーベアなのか、いずれにしろネトレプコの売り込みも激しいようで、そこそこ活躍しているようです。(ネトレプコって聞く耳が無い? その点ゲオルギューは聞く耳ありますよね)
 3月のネトレプコの来日コンサートでは、ネトレプコと対等に(アンコールも含めてアリアそれぞれ5曲、デュエット3曲)歌っています。全く興味がなかったのですが、ネット上ではなかなか評判もいいようですし、ちょうどNHKオンデマンドの契約をしていましたので見てみました。
 


 いやぁ、吃驚しました。だいたい一流の歌手しか聞いてないので、こういうの初めてです。これでもオペラって通用しちゃうんですね。私の体験では、録音で素晴らしい場合は、生舞台だと更に素晴らしい、生舞台でいいと思っても録音だと聞くに堪えないこともある.....んです...まさにこれなのかしら。一応評論家らしき人が誉めてましたから。
 第一印象は、なんかさぐるような歌い方でイライラする、高音(汚い)は怒鳴ってるだけだし、ところどころあれれの音程だし、表現力ないし......これでもかっこよかったら好きになるかって?それもないくらいどうでもいい歌唱です。だいたいソプラノ好きの方達が聞きに行ってるので、テノールには甘いんでしょうね。で、こういうパッケージ商法というかセット販売って、日本以外でも通用するのかしら。
1.L'arlesiana:Lamento di Federico, "E' la solita storia del pastore"
2.Trovatore:Ah! si, ben mio... Di quella pira...
3.Tosca:E lucevan le stelle
4.Andrea Chénier:Come un bel di maggio
5.Turandot:Nessun Dorma アンコール

プレミアムシアター アンナ・ネトレプコ IN 東京
出演 : アンナ・ネトレプコ 、ユシフ・エイヴァゾフ 、ヤデル・ビニャミーニ 、東京フィルハーモニー交響楽団

 それにしてもコンサートだけでなく余分なものまで入れて1時間50分も....グリゴーロのリサイタルはたくさんカットしたのに。
 ネトレプコ、ぜんぜん痩せないですね。もう太ってもこわくないってことでしょうね。将来、夫婦でトゥーランドットをやるってことかな。
関連記事:
オペラ界のトゥーランドット姫
「ダイエット歌姫:デボラ・ヴォイト」まとめ






nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin 1975.3.6 - モントリオール)メトの次期音楽監督に(2016.6.3) [オペラの話題]

 ジェームズ・レヴァイン(James Levine, 1943.6.23 - )引退決定を受けて、メトの次期音楽監督が決まりました。ヤニック・ネゼ=セガン、41才、カナダのモントリオール出身の指揮者です。
 次期といっても実際に就任するのは2020年からだそうです。だったらもうちょっと先にもっと早く就任できる指揮者にすればいいのに....と思いますが、指揮者の皆さんかなり先まで契約があるし、すぐに就任できる指揮者はいないってことなんでしょう。ちなみにヤニック・ネゼ=セガンは現在フィラデルフィア管(2026年まで)とモントリオール・メトロポリタン・オーケストラの監督を務めているそうです。
 メトのyutubeのチャンネルに"Yannick Nézet-Séguin Named New Music Director"というタイトルのビデオがアップされました。

  

 ヤニック・ネゼ=セガンはフィラデルフィア管の来日公演(5/31〜6/5)に同行していて、日本から抱負を述べています。

 指揮者にはうとい私ですが、彼は、グリゴーロと共演したことがあるので、名前と顔は知っています。2011年にスカラ座で「ロメオとジュリエット」を振っていて、スカラ座デビューでした。スカラ座では77年ぶりの上演で、 Machaidze、Grigolo、Nezet-Sequinの若者トリオとして話題になりました。



関連記事:
スカラ座で77年ぶりにグノーの「ロメオとジュリエット」2011.6.6〜23 ☆リハーサルVideoClip
若者トリオ Machaidze e Grigolo,Nezet-Sequinの"Romeo et Juliette"はじまる☆レビュー☆舞台写真


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新国:フォークトのローエングリン(2016.6.1 鑑賞) [オペラ生舞台鑑賞記録]

 1階2列目で鑑賞。(新国サイトの公演情報、キャスト等)
 フォークトは、長年映像で親しんだペーター・ホフマンのローエングリンを彷彿とさせる舞台映えのする容姿、また美しい声は2012年の公演そのままで力強さが増し、最高のローエングリンでした。
vogt_nnt.jpg

 この演出は、帰ってきた弟が独りぼっちになって幕を閉じます。誰にとっても救いがない....ということなんでしょうか。ちょっとでも希望があった方がいいなぁ。
 youtubeにアップされているトレイラーは、2012年の映像を使っています。今回のエルザは可憐でしたし、他のキャストもそれぞれはまっていました....伝令は2012年と同じ萩原 潤。





関連記事:
新国「ローエングリン」フォークト最高!(2012.6.13) ☆ フォークトのインタビュー(朝日新聞):ただいま 新国「ローエングリン」リハーサル中(2012.5.22)
arteTVのドキュメンタリー"Ténors mythiques" カウフマン、フォークト、グリゴーロ(2015.5.10 ストリーミング)☆ オンデマンドで視聴可 まだオンデマンドで見られる

東フィルのホルンの皆さんと(画像をクリックするとビデオにリンクしています)
vogt2.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽