So-net無料ブログ作成
検索選択

メトHDの「ホフマン物語(2015年)」のインタビュー ☆ 7重唱 "Hélas, mon cœur s'égare encore" いろいろ [オペラの話題]

 8月27日(土)にメトHDの「ホフマン物語 "Les contes d'Hoffmann"」がWOWOWで放送されます。メトでの収録2015年1月31日です。グリゴーロ主演のものは「ボエーム」に続いて2作目。
 「ホフマン物語」の前に上映された「メリー・ウィドウ」の幕間に宣伝のためグリゴーロが駆けつけてお喋りしています。司会はジョイス・ディドナート、この時にはすでにROHでの「ウェルテル」での共演が決まっていたんですね。「イタリアンモード ON」なんて面白い話をしています。「メリー・ウィドウ」といえば、グリゴーロのカミーユ・ド・ロションは当たり役だったんですよ。



 11月7日からROHでの「ホフマン物語」出演も決まっています。日程は、11月7, 11, 15 (LiveCinema), 18, 21, 24日、嬉しいことにLiveCinemaあって、1980年シュレジンジャー監督の演出で。初演はドミンゴでした。
 私の好きな娼婦ジュリエッタの場面の七重唱 「ああ、僕は心を失って "Hélas, mon cœur s'égare encore"」、今まで六重唱かと思っていましたが合唱もいれて七重唱 (Hoffmann, Dapertutto, Giulietta, Nicklausse, Schlemil, Pittichinaccio, Chœur)なんだそうですが、youtubeからいろいろ拾ってみました。ドミンゴのもあります。アグネス・バルツァが素敵です。




1980年のプロダクション、シュレジンジャー監督の非常に評判のいい演出で、ドミンゴ、シコフ(1986)、クラウス(1991)、マルセロ・アルバレス(2000)、ビラソン(2004, 2008)と続き8年ぶり2016年11月にグリゴーロがやります。


オランジュ音楽祭2000年:
Haddock, Van Dam, Kirchschlager, Vaduza, Dessay, Uria-Manzon, under Plasson.



ザルツブルグ音楽祭2003年:ケント・ナガノ指揮、マクヴィカー演出
 ニール・シコフ、アンゲリカ・キルヒシュラガー、ルッジェロ・ライモンディ、ワルトラウテ・マイヤー、マリアナ・リポヴシェク、ルビツァ・ヴァルギツォヴァなどスターが勢揃い。



マチェラータ音楽祭2004年:Chaslin指揮 Pizzi演出
 La Scola, Raimondi, Rancatore, Allegretta, Maurus, Morris, Casalin, Rivencq, Muzzi, Carraro, Zingariello, Palloni


関連記事:
メトの《ホフマン物語》誤算続きのコケまくり... M・アルバレス、ビリャソンに続きパペまでも! 前回のカレヤ主演の「ホフマン物語」のこと
グリゴーロの [Les contes d'Hoffmann]

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽