So-net無料ブログ作成

News! ヴィットリオ・グリゴーロのコンピレーション・アルバム "Italia, Un Sogno" 発売 [ヴィットリオ・グリゴーロ]

 特別企画コンサート"Italia, Un Sogno" を記念して、Sony Classical Italia からコンピレーション・アルバムが発売(2016.10.7 )されます。詳細は第二ブログへ.....

gri_ITALIA. UN SOGNO_5.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「Festkonzert Grafenegg グラフェネック音楽祭2016」佐渡裕の第九: Nylund, Zhidkova, Vogt, Pape. [オペラ歌手]

 フォークトとパーペがソリスト.....と、同好の方にお知らせをいただき、とりあえず録画、昨日見ましたが、ソプラノがカミッラ・ニールンド、メゾがジドコヴァ(新国の表記はツィトコーワ)でした。このお二人は、新国の「薔薇の騎士」で元帥夫人とオクタヴィアンでとても素敵でした。

festkonzert-grafenegg-2016-4.5510268.jpg
Camilla Nylund, Elena Zhidkova, Yutaka Sado, Klaus Florian Vogt, René Pape

get_asset.jpg
Festkonzert Grafenegg 2016 „Ode an die Freude“

☆クラシカ・ジャパン:佐渡裕の第九「グラフェネック音楽祭2016」
カミッラ・ニールンド(ソプラノ)エレナ・ジドコヴァ(メゾ・ソプラノ)クラウス・フロリアン・フォークト(テノール)ルネ・パーペ(バス)ウィーン楽友協会合唱団

関連記事:
新国《ばらの騎士》鑑賞:2007.6.15
ベルリンの壁崩壊25周年:バレンボイム 第九「歓喜の歌」フレミング、ガランチャ、フォークト、パーペ (2014.11.9)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ひかりTV」でクラシカ・ジャパン ☆ 録画 → DVD が面倒くさい上に低画質で画面が小さくなる(2016.7.31) [雑談]

 やっとクラシカ・ジャパンが見られるようになりました。クラシカ・ジャパンを見るにはいくつか方法がありますが、インターネットが光回線であれば、「ひかりTV」が一番簡単そうなので、「ひかりTV」で視聴することにしました。
 録画するために、同時に外付けハードディスクも購入、目的の番組、昨夜午後9時からのROHの「愛の妙薬」もちゃんと録画できたしクラシカ・ジャパンの番組もいろいろ見ることができました。
 しかし、録画したものをいつまでも外付けHDDに保存しておくのもなんなので、DVDにできるかな...と思って、調べたら、なんとこの外付けHDDからデータを移動もできないし、DVDにも焼けない....パソコンにつなぐと初期化されてしまうという規制だらけのシロモノでした。そういえば、「ひかりTV」を検討するにあたってサポートにいろいろ質問したときに、サポートの人がDVDレコーダーに録画できなくはないけど...とごちゃごちゃ言っていたのを思い出しました。その時は、まあ、実際にチューナーが来てからでいいや...とまじめに聞いてませんでした。
 つまり、DVDに焼きたい場合は、外付けのHDDは必要なかったってことでした。手持ちのDVDレコーダーで録画して、DVDに焼けばいいってことです。ただし、接続が昔ながらの赤白黄色のケーブルになるので、画質がかなり落ちるということです。
 ためしに録画してみましたが、確かに画質は悪いし、サイズが一回り小さくなります.....画質が良くないのを隠すために画面が勝手に小さくなるのかなぁ.....
 それと録画するのに、手間がかかります。下の画像のように

1.クラシカジャパンの画面で録画予約をする
2.DVDレコーダー側でも、「外部入力を予約録画する」を選択
3.開始時間と終了時間を入力


IMG_1708.JPGIMG_1709.JPGIMG_1710.JPG

IMG_1712.JPG費用:
初期費用:5400円
月額視聴料金:4536円
 (内訳:基本放送プラン¥1080、チューナーレンタル料¥540、クラシカジャパン¥2916)

 クラシカ・ジャパンって、視聴できるようにするのが面倒なので、視聴者が少なくて儲かってないような感じ....だってタイトル画面なんて昔から全然変えてないし。とにかくクラシカ・ジャパンを視聴するのはいろいろ限定されるし、面倒、だから視聴者も増えないんじゃないかな.....

 録画が簡単にきれいにできるように、今更ですが「ひかりTV」ではなく、「フレッツTV」(ソフトバンクの場合は「テレビ視聴サービス」) に乗り換えることにしました。サービス提供地域なので、いくらか工事費を払えば、大丈夫なんだそうです。これにして、「スカパー!プレミアムサービス光」というのを契約すれば、今使っているDVDに高画質で録画できるそうです。とりあえず「テレビ視聴サービス」に申し込んでみました。
 しかし、「ひかりTV」と「フレッツTV」が全然違うものだとは、なんと紛らわしい。ソフトバンクが「テレビ視聴サービス」という名称にしているのはそのせいかしら。
 「スカパー!プレミアムサービス光」でクラシカ・ジャパンが見られるようになったら、ご報告します。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ROH 2012「リゴレット」クラシカ・ジャパン(2016.9.13, 16, 17. 19) [オペラの話題]

 すでに昨年の10月に初回放送され、その後何度かリピート放送されていますが、私はクラシカジャパンで見るのははじめてです。(最近契約したので)

rigoletto_roh2012.jpg

 さて、さて、あの1幕の乱痴気騒ぎの中でこれみよがしに見せちゃう場面もあります。映画館上映の際は、始まる前に "This production of RIGORETTO contains some nudity and scenes of a sexual nature. " と予告されるわけですが、お茶の間のテレビではどうするか......かつてNHKは苦肉の策で、実にうまく場面を差し替えました。クラシカジャパンは.......あらまぁ.....まん丸のぼかし.....いかにもって感じでよくないですねぇ。

 クラシカ・ジャパンを契約して、オペラの録画がたまっているので、今年のザルツブルグの「ファウスト」でも見ようかな....と見始めました.....ファウストのベチャワは年取って禿げているというよりは、スキンヘッドのお兄さん風、アブドラザコフのメフィストは、丸刈り頭、二人でなんかふざけあっているけど、はっきりいって、面白くない......マルゲリータが出てくる前に「リゴレット」に変えました。ちょっと見るつもりが、全部見てしまった.....この「リゴレット」、リゴレットがイマイチなので、「リゴレット」というよりは、「マントヴァ公爵」ですね。テレビでも、Live cinema上映の際に最初と幕間に流したビデオも放送して欲しいです。

☆始まる前:パッパーノが「リゴレット」の見所を解説、1幕の公爵登場場面、モンテローネの呪いの場面、公爵とジルダが会う場面がちょっと見られます。



☆幕間:グリゴーロのマントヴァ公爵、ROHの過去の公演、ファウストの映像もちょっと....それからイ ンタビューと「リゴレット」のリハーサル風景、いつもの子供時代の写真と話し、ROHにバイクで出勤の様子....楽屋で公爵に変身....いざ舞台へ。



関連記事:
[リゴレット/ROH/2012]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2019年9月 ROH引越し公演「ファウスト」「オテロ」☆ ファウストはグリゴーロの予定 [オペラの話題]

 NBSから2019年9月 ROH引越し公演の概要が発表されました。3年も先のことで、現実味がありませんが、予定されているキャストは超豪華で、特に「ファウスト」は、3年後でもオペラ的に言えばまだまだ旬の若手スター歌手勢揃いです。ジェラルド・フィンリーは、ヤーゴのようですが、「ファウスト」のヴァランタンも歌っていただきたい。
royal_01.png
royal_02_1.jpgヴィットリオ・グリゴーロ Vittorio Grigolo
ディアナ・ダムラウ Diana Damrau
イルデブランド・ダルカンジェロ Ildebrando D' arcangelo

royal_02.png グレゴリー・クンデ Gregory Kunde
ジェラルド・フィンリー Gerald Finlay

上記の演目および出演者は2016年9月1日の予定です。今後、出演団体側の事情により変更になる場合があります。
 だそうです。

 グリゴーロは、今まで、バレンシア(2009年)とROH(2011年)でしか「ファウスト」を歌っていません。しかも両方とも同じマクヴィカーの演出です。どちらも好評でした。
 「一昨年のマノンの成功が、一時的なものではなかったことを証明した......彼の魅力には抵抗できません....彼は、音を着実にむらなく均一に作り 出すことができる。そして “Salut! demeure chaste et pure”を感受性豊かに歌った....彼のJack-the-Ladな魅力は圧倒的だ。彼は、歌うことと舞台が好きで、彼自身の100%を与える...」(Telegraph)
ROHの「ファウスト」:高評価レビュー続々 評論家も興奮

 2011年の「ファウスト」は、LiveCinemaで上映され、ヨーロッパでは今でも時々テレビで放送されています。この際クラシカ・ジャパンでも放送して欲しいものです。以下第2ブログに掲載しているビデオクリップです。

↓  ↓  第2ブログから  ↓  ↓  

 映像のハイライト版を作ってYouTubeにアップしたかったのですが、ROH関連のものは「全世界でブロック」されてしまうので、苦肉の策で、キャプチャー画像に音声をつけてアップしました。改めて見てみるとちょっと画像を早く動かし過ぎで目障りですね.....我慢してご覧下さい。

 ファウストがマルゲリータをしつこく口説く "Love Duet" の場面、グリゴーロとゲオルギューの二人があっけにとられるくらいラヴラヴで、グリゴーロの好き好きオーラ全開です。この場面、けっこう長いのですが、あきさせません。何回キスしてるんでしょ.....今までに世界で上演した「ファウスト」で最多記録でしょうね。



 「ワルプルギスの夜」、悪趣味(でも面白い)なバレエがユニークなんですが割愛、前後だけです。メフィストが歌う「朝の光が射すまで...」この歌好きなんです。メフィストは女装してます。初演のターフェルは女装というよりそのまんまでドレスを着てるだけって感じでしたが、パーペの女装は、けっこういい人っぽいおばさん風。



 ファウストのアリア「この清らかな住まい」



 Royal Opera House制作の「ファウスト」のトレイラー。2011年のHD上映版をなかなか面白くまとめてます....ニュー・シネマ・パラダイスのようにキスシーンの連続とか。これは、2013-2014シーズン再演の宣伝用で、キャストは、カレイヤ、ネトレプコ、ターフェル、キーンリサードとまたまた豪華でしたが、ネトレプコが降板しちゃったんですよね。



René Pape(Méphistophélès)、Dmitri Hvorostovsky(Valentin)、
Angela Gheorghiu(Marguerite)
、Vittorio Grigolo(Faust
)

☆グリゴーロの「ファウスト」関連記事:[ファウスト]

◎おまけ:ワルプルギスの夜「夜が明けるまで」、バレンシアの舞台写真にRuggero Raimondiの歌をつけました。シュロットのイヴニングドレス似合ってますね。



1971,Metライブ:Ruggero Raimondi(歌唱)
2009,Palau de Les Arts - Valencia:Vittorio Grigolo(写真)、Erwin Schrott(写真)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽