So-net無料ブログ作成

News! 再現3作品のDVD発売: Tosca (Roma,1992) La Traviata (Parigi, 2000) Rigoletto (Mantova, 2010) [オペラの話題]

◎本日(11/21)ドイツから届きました。ドイツ・アマゾンから10日に普通便(7€)で発送、早いですね。注文した時は、円高(1€/105円位)だったので8千円代のつもりでしたが、かなり円安(1€/117円位)にふれて、請求金額は、送料込みで9195円。DVD自体は、かなり割引されていて70,58€です。
 ドイツ・アマゾンはブルーレイの方が安いんですが、パソコンでも見たいし、各オペラ、ディスク1枚、ボーナスディスクが1枚におさまっているので普通のDVDにしました。ブルーレイは3枚組なんです。
 ボーナス・ディスクは、トスカ、椿姫がそれぞれ1時間程度、リゴレットは38分のメイキング、まだちゃんと見ていませんが、リゴレットは、ドミンゴがいろいろ紹介しています。素敵なリブレット(イタリア語と英語)も付いています。
 ちなみに日本アマゾンは、なぜかブルーレイが妙に高い....3つのライヴ・フィルム 《トスカ》《椿姫》《リゴレット》[Blu-ray Disc 3枚組]  [DVD 4枚組]、4枚より3枚が高いって、なぜ? 
tosca_in_Roma.jpg
(2016.11.21)


◎NAXOSからビデオクリップが出ました。







(2016.10.26)


◎今現在ドイツ・アマゾン(2016.11.11発売)HMV(2016.11.22発売)で予約できます。ブルーレイだと3枚組、普通のDVDだと4枚組、HMVはどちらも同じ価格、条件付き割引価格で¥9,990です。ドイツ・アマゾンは、ブルーレイEUR 77,99(予約割引65,54)、普通のDVDは、EUR 89,78(予約割引75,45)で、日本から注文だと送料(普通便EUR 7,00)がかかります。(為替 €1/約¥105)
81XxkAFFiOL._SL1200_.jpg812Abr3j3VL._SL1200_.jpg

 相変わらず日本語字幕は無し(英、伊、仏、独、西、韓)、ずーっと先に日本語字幕版を発売して高く売ろうという魂胆でしょうね。
(2016.10.26)
*  *  *  *  *

(以下 2016.9.28)
 マントヴァの「リゴレット」、6年目にしてついにDVD発売、こんなに遅くて売れるのかしら。世界中で頻繁にテレビ放送されてますし.....私のようなコレクターしか買わないんじゃないの....そう思ったのか、なんと所謂「その時その場所」再現シリーズ3作品まとめて発売です。
 Naxosから11月11日発売予定で、今のところドイツ・アマゾンに詳細が出ています。いずれ、日本アマゾンでも輸入盤として購入出来ると思います。

 この3作品、私にとっては、なんだかんだあるんですよ。

☆まず、1992年のローマの「トスカ」は、ルッジェーロ・ライモンディがスカルピア、ずーっと後で知ったんですが、羊飼いの少年も声変りしなければ、ヴィットリオ・グリゴーロが歌うはずだったそうです。グリゴーロは、1992年の1月までは、ローマ歌劇場で、パヴァロッティと同じ舞台で羊飼いの少年をやっていますから、選ばれて当然だったわけです。



☆2000年のパリの「椿姫」は、ホセ・クーラのアルフレードとR.ライモンディのパパ・ジェルモン(初役)が話題だったんです。ところが、本当に直前にライモンディが急病(腰を痛めたとか)で、出演できなくなってしまいました。(代役はライモンディの親友で先輩のローランド・パネライ(1924.10.17)、76才だったが、ライモンディのたっての頼みで引き受けたものとおもわれる) ライモンディは、ホセ・クーラのパパにはぴったりですし、初役なので、世界のライモンディファンの皆さん本当に楽しみにしていたのに....残念でした。



☆2010年のマントヴァの「リゴレット」は、ローマの「トスカ」に出演したドミンゴとライモンディ、それにグリゴーロの公爵という、私にとっては、最高に嬉しい配役でした。Corriere della Sera(18 agosto 2010)の記事(ヴィットリオ・グリゴーロのインタビュー)で、「1992年のローマでの《再現トスカ》では、羊飼いの役でドミンゴとライモンディと一緒に出ることになっていたのに直前に声変わりでだめになった.....でも、このマントヴァのリゴレットでは、ライモンディも一緒なんだ.....」と言っています。







関連記事:
その時,その場所、再現《トスカ》DVD発売!マルフィターノ、ドミンゴ、R.ライモンディ
朗報! ローマのその時、その場所、再現《トスカ》ついにBS2で放送

ヴェルディ《椿姫》=エディット・ピアフ=シェーファー パリの「椿姫」をちょっと紹介

ライモンディ特別出演の『リゴレット・イン・マントヴァ』 NHKオンデマンドで22日まで視聴可!
マントヴァのリゴレット(Domingo)☆公爵はGrigolo ☆スパラフチレはR. Raimondi
[リゴレットa Mantova]

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

寝転がった写真って....☆ カウフマン11月13日リサイタルで復帰 → 延期 ☆ ロンドンとパリのホフマン...どっち [オペラ歌手]

 グリゴーロの写真は見慣れていますが、この舞台写真(ジュリエッタの場面)を見た時は、かなりインパクトがありました。
 hoffmann2016roh_1.jpg
 衣装が全身白で寝っ転がってるからかなぁ。グリゴーロって着崩すのがうまい。この写真を見て思い出したのが、昔カウフマンがデッカだったかな...大々的に売り出し中の時の、その当時としてはオペラ歌手とは思えない写真。ネットで検索して見つけました。

 ちょっと話が横道にそれますが、この写真を捜しにカウフマンのHPに行ってみたのですが、写真は見つかりませんでしたが、11月13日に復帰、ドイツのギュータースローの劇場で歌曲のリサイタルを行うそうです。パリの「ホフマン物語」を18日まで歌う予定だったんですから、18日まではおとなしくしていればいいのに....相変わらずだな...と思いますが、まあ、喉ならしってことなんでしょう。*風邪で延期だそうです

 で、この写真です。

kaufmann2008.jpg
 解像度がよくないのでボケていますが.....一番目につくのが、ブーツかレッグウォーマーかは分かりませんが、足の毛皮.......全身黒づくめで、体型はよくわかりません.....2008年頃の写真ですが、何のための写真なんでしょう....CDのリブレットにでも載せたのかしら? プラッド・ピットかアントニオ・バンデラスか、なんて言われたりしました。

 ついでに、あの"World's best TENORS"に載った写真、グリゴーロですが、寝転がっています。
gri_hon_tenor2016.jpg
 こういう寝転がったポーズは、スタイルがよくないとトドになってダメなのか、それともスタイルを良く見せる効果があるのか...どっちなんでしょう。

今、現在ロンドンとパリで「ホフマン物語」を上演中ですが、こんな記事を見つけました。
Grigolo/Vargas, deux Hoffmann en direct le 15 novembre
 11月15日に映画館でヴァルガスのホフマンとグリゴーロのホフマンが見られるってことのようです。カーセンの演出が素敵だから素晴らしい...と好評のようですが、それって本音なのかしら? カーセンの演出でも歌手がつまらなければつまんないでしょ。オペラなんですから。どっちを見に行くかって....どっちも?

関連記事:
ヨナス・カウフマン 声帯の異常でパリの「ホフマン物語」もキャンセル発表(2016.10.1)
ROH シュレジンジャー演出「ホフマン物語 Les Contes d'Hoffmann 」ドミンゴ、シコフ、クラウス、アルバレス、グリゴーロ
World's best TENORS:44人のテノールのキャリアと舞台裏インタビュー

nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽