So-net無料ブログ作成
Ankenbrand著RR仮面の人 ブログトップ

ドン・プロフォンド(オペラ、ランスへの旅)-Ruggero Raimondi Mensch und Maske- [Ankenbrand著RR仮面の人]

ドン・プロフォンド
1984年8月ペーザロのロッシーニ音楽祭で、ライモンディは、彼の、ロッシーニのブッフォの役のレパートリーに、「ランスへの旅」のドン・プロフォンドを新たに加えた。これは「世界初演」と呼ばれた。ライモンディの特別の友人であるクラウディオ・アバドが忘れられていたこの作品を復活させたのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザッカリア. .ほか(3)-Ruggero Raimondi Mensch und Maske-  [Ankenbrand著RR仮面の人]

ルッジェーロ・ライモンディは、「シチリアの晩鐘」の高潔な医者プロチダを、すでに1964年12月にローマで歌った。当時のイタリアの有名なバス歌手、ニコラス・ロッシがキャンセルせざるを得なくなり、これが、スポレートの優勝者、ライモンディに大きなチャンスをもたらしたのだ。「私はロッシより病気がひどかったにもかかわらず、代役を務めました。それにしても、あのとき、キャンセルするなんて、とてもできませんでした・・・」と、彼は、ミュンヘンでファンに語った。しかし、専門家たちは、彼の実力を、「聞き取った」ようだ。観客の中に、当時のヴェネチア、フェニーチェ座の総監督、マリオ・ラブロカがいた。その結果は、海の都ヴェネチアとの契約だった。それからもずっと、プロチダを担当した。例えば、1970年ミラノ、1978年フィレンツェだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザッカリア. .ほか(2)パガーノ-Ruggero Raimon... [Ankenbrand著RR仮面の人]

2005-11-01の記事の続き
 他には、「ロンバルディア人」の「パガーノ」がある。この人物も確かに、ライモンディのために存在するみたいな、暗くて不機嫌な「ネクラ族」に属している。この奇妙なミラノ人貴族は、愛し、憎み、見当違いの人物を殺害し、償いをし、許されると、死ぬだけだ。つまり、フィエスコやシルヴァと共通性がある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザッカリア. . .ほか(1)-Ruggero Raimondi Mensch und Maske- [Ankenbrand著RR仮面の人]

若きヴェルディは、バッソ・カンタンテのために非常に美しい役をいくつも提供している。この分類は、ルッジェーロ・ライモンディにも、澄んだ美しい歌唱は、彼のすばらしい才能の一部でしかないとしても、ある意味、当てはまる。
 パガーノ(ロンバルディア人)、シルヴァ(エルナーニ)、アッティラ、バンコー(マクベス)、プロチダ(シチリアの晩鐘)、ワルター(ルイザ・ミラー、この役が、彼は全然好きじゃない)、グァルディアーノ神父(運命の力)などがこのグループに属するし、アイーダのランフィスと国王も同様だ。これらはすべて、一方では、美しい音楽の流れと耳なじみのよいメロディーと結びついており、また他方では、歌唱効果を確実に達成できる。つまり、まさに言葉通りの意味で、「声」をひけらかすことができる。なにしろ、この「声」に、観客の大部分が相変わらず、繰り返し、盛大な拍手喝采をおくるのだ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

映画「ドン・ジョヴァンニ」-Ruggero Raimondi Mensch und Maske- [Ankenbrand著RR仮面の人]

ロージー監督の映画「ドン・ジョヴァンニ」は、私がオペラに興味を持つようになった原点です。この映画をきっかけに「オペラ」の世界に足を踏み入れた人達は世界中にいるようです。
J.M.Ankenbrand著"Ruggero Raimondi Mensch und Maske"から"Don Givanni film"の章をご紹介します。
ブログには抜粋で掲載しますが、全文お読みになりたい場合は、左の写真をクリックして下さい。
ドイツ語を訳して下さったのは、オペラ好きの知人です。この本の著者は、かなり皮肉っぽいところもあって、なかなか面白いと思います。ミュンヘン人の特徴でしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

聖母マリアの衣 [Ankenbrand著RR仮面の人]

Buon Compleanno Ruggero!
10月3日はルッジェーロ・ライモンディの64才の誕生日です。彼の本から、誕生の時の様子をご紹介しましょう。
.........それから、食堂で、会見を録音する機材を設置して、質問を始めた。二人の老齢の紳士淑女は本当に一生懸命代わる代わる答えてくれた。
まず、もうよく知られている誕生日を確認した。ルッジェーロ・ライモンディは1941年10月3日、末っ子の三男として、Via Mazziniの自宅で生まれた。時間:午前6時かっきり、体重:5200g。「身長は?」と私はすかさず質問した。「あんまりうれしかったので、そのことはもう知ろうと思いませんでした。いずれにしても、180cmよりは低かったです。彼は『聖母マリアの衣』を着て生まれました。」

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
Ankenbrand著RR仮面の人 ブログトップ