So-net無料ブログ作成
検索選択
モゼ/エジプトのモゼ ブログトップ

《モゼ Mosè 》ボローニャ歌劇場のライヴ録音(1991.10.4録)★MP3 [モゼ/エジプトのモゼ]

ロッシーニ作曲《モゼ Mosè 》ボローニャ歌劇場: 1991年3月1日〜4月10日


参考同じ場面のクリップ《モイーズとファラオン》
ダニエレ・ガッティ指揮/ボローニャ歌劇場管弦楽団、合唱団
ウーゴ・デ・アナ演出
キャスト:
モゼ:ルッジェーロ・ライモンディ
エリゼーロ(モゼの兄):エツィオ・ディ・チェーザレ
ファラオーネ(王):ミケーレ・ペルトゥージ(1965-)
アメーノフィ(王子):ラモン・バルガス(1960.09.11- )
アウフィーデ(エジプト軍の隊長):フランチェスコ・ピッコリ
オジリデ(エジプトの神官):ジョヴァンニ・フルラネット
マリア(モゼの姉、アナイデの母):グロリア・バンディテッリ
アナイデ(モゼの姪、王子と恋仲):中丸 三千繪 (1960.07-)
シナイーデ(エジプト王妃):グロリア・スカルキ
天の声:ジョヴァンニ・フルラネット

Broadcast Rai :1991.10.4録
※アナイデはアンナ・カテリーナ・アントナッチ,(1961.04.05- イタリア)とダブルキャスト

 1991年10月4日RAI放送の録音入手しました。このロッシーニの、あの十戒で有名なモゼを題材にした作品は、いろいろあってややこしい.....すっかり忘れていますので、まず、おさらいから。

続きを読む


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ作曲《 Mosè in Egitto》《 Mosè》まとめ [モゼ/エジプトのモゼ]


※1988年5月〜6月ローマ歌劇場《 Mosè in Egitto》のリハーサルの様子、紅海に飲み込まれるエジプトの兵士たち、うまく演出されています。バレーの方たちうまいですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ペーター・マーク指揮 1818年版《Mosè in Egitto》Rai3で明朝放送 [モゼ/エジプトのモゼ]

★メモ:この放送の解説者(Lorenzo Chiera)は、キャストを最初と3幕の前と最後に合計3回読み上げましたが、全部モゼを忘れて?ファラオーネから紹介していました。某オペラのサイトで、モゼは誰が歌ったんでしょうか? という質問がありましたが、私はモゼ=ルッジェーロ・ライモンディに決まっているから、省略したんだろうなんて思いました。というのは半分冗談ですけど.....2幕と3幕の間では、各歌手の短い紹介をしていましたが、そこでは、一番にライモンディのことを紹介していましたけど....(2007.7.17追記)

 イタリアの放送局Rai3で、本日15日深夜24時から、ロッシーニの《Mosè in Egitto》が放送されます。日本時間では、16日月曜日の朝7時から...ですよね(夏時間だから)。いつも自信がもてませんが...

★Rai3 《Mosè in Egitto》
↑このページの一番下のチカチカしているバーの下の『Ascolta Radio3』をクリックすると聴くことができます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ作曲《Mosè in Egitto》1818年版 Rigacci校訂 Maag指揮 [モゼ/エジプトのモゼ]

  ロッシーニの《Mosè in Egitto》《Moise et Pharaon》《Mosè 》を過去に取り上げましたが、フランス語改作とか、それをまたイタリア語にしたとか、とてもややこしくこみいってました。主に《Mosè in Egitto》の1819年版を取り上げたのですが、ここにきて、もう一つ、本当の初演の版の1818年 の《Mosè in Egitto》の1981年の演奏の録音が手に入りました。ロッシーニのMosè...関連を年代順に並べてみると以下のようになります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ《 エジプトのモーゼ》1819年版(3) [モゼ/エジプトのモゼ]

前の記事の2幕の続き。
登場人物:モーゼ(ヘブライの指導者)、アロンネ(モーゼの兄)、アメノジ(モーゼの姉でエルチャの母)、エルチャ(アメノジの娘=モーゼの姪)、ファラオーネ(エジプト王)、アマルテア(エジプト王妃)、オジリデ(エジプト王子)、マンブレ(エジプト司祭長)
■3幕:
 モーゼを先頭にヘブライの人々は荒野を横断して、海岸にたどりつく。ここまでくれば安全だと皆は一息つくが、紅海に行く手をはばまれていることに気づく。もはや逃げ道はないと、騒然となるが、モーゼは、神が私たちをお導き下さると言って、厳粛な祈りを神に捧げ、皆もそれに従う。♪祈りMP3+歌詞♪『ニコロ・パガニーニ(1782-1840)がロツシーニの聖書歌劇《Mose in Egitto》の「祈り」の部分をヴアイオリン用に書き直した曲。正式な題名は"Introduzione e variazioni sulla preghiera,Dal tuo stellato soglio 'Dal 'Mose' di Rossioni"(ロツシーニの『モーゼ』の『汝の星をちりばめた王座』による序奏と変奏曲)』

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ《 エジプトのモーゼ》1819年版(2) [モゼ/エジプトのモゼ]

前の記事の1幕の続き。
登場人物:モーゼ(ヘブライの指導者)、アロンネ(モーゼの兄)、アメノジ(モーゼの姉でエルチャの母)、エルチャ(アメノジの娘=モーゼの姪)、ファラオーネ(エジプト王)、アマルテア(エジプト王妃)、オジリデ(エジプト王子)
■2幕:
 エジプト王ファラオーネがモーゼとの約束を破ったため、またまた、国は、炎と洪水にみまわれ、作物は壊滅状態。ファラオーネは、再び、モーゼたちに即座に出国するように命じる。王子オジリデは、アルメニアの姫を迎えることが決まるが、エルチャを愛しているので、この喜ぶべき知らせに落胆する。
 その後間もなく、アロンネはモーゼに、オジリデが、エルチャを誘拐したと知らせる。モーゼは、王妃アマルテアに同情して、このことを伝えるようにアロンネに話す。
 王子オジリデとエルチャは、暗い洞窟にいる。オジリデは、父がアルメニアの姫との結婚を決めたが、駆け落ちして、森の秘密の場所で隠れて質素な生活をしようとエルチャに申し込む。突然そこに、王妃アマルテアとアーロンが現れて、オジリデの夢は打ち砕かれる。♪美しい二重唱→四重唱(エルチャとオジリデ+アマルテア、アロンネ)MP3+歌詞♪(一度聴くと忘れられない、美しい簡素なメロディーです)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ《 エジプトのモーゼ》1819年版(1) [モゼ/エジプトのモゼ]

Moses in Egypt 前の記事イタリア語版《Mosè in Egitto》を元にして、改作したのがフランス語版《Moise et Pharaon》で、これをイタリア語に訳したのが《Mosè 》と書きましたが、《 モイーズとファラオン》と《モーゼ》は、フランス語とイタリア語の違いということで、すんなり理解できます。しかし、《モイーズとファラオン、 エジプトのモーゼ》と《モーゼ》は、似ているが違うという、一番ややこしい状態です。
 ライモンディは、フランス語版の《 モイーズとファラオン》は歌う機会がありませんでしたが、《 エジプトのモーゼ》と《モーゼ》、両方とも歌っていて、CDもあります。実際のところ、両方CDがあるので、どこがどう違うのか気になるので、調べているわけでして、どちらか片方しかなければ、全く、気にも留めなかったと思います。
 《 モイーズとファラオン》のあらすじを含めた詳しい解説は、いつも利用させて頂いている『オペラ御殿』にありますので、リンクします。《モーゼ》もこれと同じです。一番最初に作曲された《 エジプトのモーゼ》ですが、後の《モーゼ》より、更に上演されないオペラのようですが、幸い、1819年版の《 エジプトのモーゼ》のスタジオ録音のCDが発売されています。
 まず、登場人物の名前から、これがまたややこしい。どういう人物か説明を加えます。(『オペラ御殿』に比較表があります)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ロッシーニ作曲《 エジプトのモーゼ》《 モイーズとファラオン》《モーゼ》 [モゼ/エジプトのモゼ]

 ロッシーニの作曲のモーゼというのは、《 エジプトのモーゼ》《 モイーズとファラオン》《モーゼ》とあって、更にフランス語とかイタリア語とか、私にはどこがどう違うのかもよくわからない状態で、頭が混乱してきます。モーゼの表記は、モゼとかモゼーが妥当のようですが、あの十戒のモーゼと同一人物とピンときませんので、ここでは『モーゼ』とします。それに、《 エジプトのモーゼ》の場合は、《 エジプトのモゼ(ー)》では、それこそ中途半端、モゼ(ー》をイタリア語風にするならば、エジプトではなくエジットですが、それこそ《 エジットのモゼ(ー)》って、どこのどなた、ということになってしまいます。
 ロッシーニの各種モーゼは、題名役がバスですので、ライモンディも歌っていますが、それほど頻繁に上演されるオペラではありません。わかっている公演は、下記の通りです。

YouTube:
Mosè in Egitto - Ruggero Raimondi - 1988 Roma
Rossini -Mosè-R.Raimondi-Antonacci-Vargas-Scalchi-1991Bologna
Mosè (Moise et Pharaon, ou Le passage de la Mer Rouge)1993Fenice

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:音楽
モゼ/エジプトのモゼ ブログトップ