So-net無料ブログ作成

2011年3月13日〜 フィレンツェ来日公演《トスカ》:舞台写真を一足先に(雑誌 l’opera2月号レビュー) [トスカ]

◎フィレンツェ歌劇場来日公演、本日13日、予定通り「トスカ」で開幕しました。イタリアの新聞でも次のような記事が掲載されました。"Inferno Giappone/Il Maggio non si ferma, stasera la Tosca"
 続報!14日以降の公演はすべて中止となりました。原発事故がどんどん悪い方向に行ってますから、残念ですが帰国もしかたがないですね。Renzi: "Vado in Giappone"Ma il Maggio vuole tornare

 フィレンツェ来日公演、いよいよ迫ってきました。ルッジェーロ・ライモンディが出演するのは、13日(日)神奈川県民ホールと17日(木)NHKホールです。ちなみに最終日の20日は、いつものジョルジョ・スリアンです。この公演は、フィレンツェで2010年12月7,(9),10,12,(14)日に上演されたものを持ってくるようです。現地では、トスカは、ヴィオレッタ・ウルマーナと来日するアディーナ・ニテスクのダブルキャスト、カヴァラドッシは、マルコ・ベルティ、スカルピアは、ライモンディとジョヴァンニ・メオーニでした。風邪が流行っていたようで、一般公開のゲネプロはトスカもカヴァラドッシもスカルピアも代役で、ライモンディの追っかけさんたちは、気が気ではなかったようですが、ライモンディは予定通り歌いました。どうやらカヴァラドッシが代役でワルター・フラッカーロだったようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ウィーン国立歌劇場《トスカ》2010年2月14,17日 [トスカ]

ウィーン国立歌劇場《トスカ》2010年2月14,17日(全2公演)
 昨年、2009年5月に引き続き、またウィーンでスカルピアです。昨年は、キャサリン・ネイグルスタッドとヨナス・カウフマン、今年は、マルティナ・セラフィンとホセ・クーラという、歌も知名度も見た目もいい...という《トスカ》だったんですが、トスカが、マルティナ・セラフィン(トーキョーリングのジークリンデ)ではなくて、ハスミク・パピアン(1961年アルメニア出身)に代わっていました....パピアンも美人です....
.
 この公演の一部がYouTubeにアップされていました。嬉しいことに、それが2幕のスカルピア、トスカ、カヴァラドッシの緊迫したやりとりから、最後のスカルピアが死ぬ場面まであります。ヨーロッパのライモンディ追っかけの方たちも、よかった!満足だった!という報告がありました。個人用録画で、右下には、髪の毛が爆発している人の頭が邪魔ですが、歌手の皆さんの声は、よく聞こえますし、充分楽しめます。


カヴァラドッシは、拷問室に連れて行かれる....
"Ed or fra noi parliam da buoni amici.それでは私たちだけで友人として話しましょう."

続きを読む


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベルリン《トスカ》の宣伝用ビデオクリップ [トスカ]

  Deutschen Oper Berlinの《トスカ》は、シーズン中、様々な歌手で上演され、5月はルッジェーロ・ライモンディ、ナディア・ミヒァエル、ヨナス・カウフマンという布陣でした。6月は、ゲオルギューのトスカのはずでしたが、(やっぱり)キャンセルしたということを小耳にはさみましたので、ベルリン・ドイツオペラのサイトにちょっと行ってみました。そこで思わぬ収穫、宣伝用ビデオクリップがアップされていました。いつまであるのか分かりませんから自分用に保存させていただきました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ベルリンの《トスカ》 ヨナス・カウフマンの" Vittoria! Vittoria!"★☆これで、あなたもカウフマン通 [トスカ]

 ルッジェーロ・ライモンディは、2009年5月9,12日のウィーン国立歌劇場に続いて、5月16,21日とヨナス・カウフマンと一緒にベルリンの《トスカ》に出演です。
 16日の公演のビデオクリップがYouTubeにアップされました。右の写真をクリックするとリンクしています。豆のようですが、声はよく聞こえます。場面は、スカルピアの「庭の井戸の中だ、行け!スポレッタ」からです。いい場面を隠し撮りしてますね。3人揃っているところはここくらいですから。隠し撮りさんありがとうございます。
 ウィーンは1958年の舞台でしたが、こちらも同様に40年前からの時代遅れの舞台だそうです。観客は安心して、歌手の歌と演技を楽しめたでしょうし、こういう定番の舞台演出であれば、歌手の皆さん慣れたものでリハーサルなしでOKだということでしょう。このキャストでしたら、十分に集客力がありますから、おかしげな新演出は必要ないでしょう。ベルリンもカウフマン人気で完売だったそうです。もちろんライモンディが見られる最後かもしれない...ということで駆けつけた人もいるでしょうし、トスカのナディア・ミヒァエル Nadja Michaelも美人ですからね。

ウィーンの《トスカ》(ネーグルスタッド、ヨナス・カウフマ、ライモンディ)の感想が、5月14日の記事のコメントにあります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ルッジェーロ・ライモンディのスカルピア★☆トスカってなんスカ!? [トスカ]

 ルッジェーロ・ライモンディは、5月9日から24日までウィーン、ベルリンと《トスカ》に出演、カヴァラドッシは両方ともヨナス・カウフマン、トスカはウィーンはキャサリン・ネイグルスタッドCatherine Naglestad、ベルリンはナディア・ミカエル Nadja Michaelという配役で、オペラではめずらしく、見た目よし!の《トスカ》です。
 ルッジェーロ・ライモンディがスカルピアをレパートリーにしたのは1992年です。これは、世界107カ国衛星同時中継ライヴ放送されました。その時のリハーサルと本番の映像で約10分のダイジェスト版を作ってみました。

写真をクリックするとビデオクリップにリンクしています

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

R.ライモンディ、マチェラータ音楽祭《トスカ》出演のため現地入り [トスカ]

一部のライモンディファンが、彼がキャンセルしたと騒いでいます。9日にリハーサルに現れたが、二日後にマチェラータから去ったとか。今はプロヴァンスでバカンスだって....スフェリステリオのサイトは、まだキャストに名前が出ていますが、どうなんでしょう。ガセならいいんですけど。(2008.7.19)
残念ながらキャンセル(お決まりの健康上の理由)は事実でした。主催者側が、7月20日に発表、代役はルーチョ・ガッロ。(2008.7.20)

 ルッジェーロ・ライモンディ出演のマチェラータ音楽祭《トスカ》は、26日に初日を迎えます。7月9日にR.ライモンディが現地入りしたという記事が出ました。(写真をクリックするとその記事にリンクしています)
 マチェラータ音楽祭では、2005年にも《トスカ》を上演していますが、かなり変わった演出でした。つまり、ライモンディには出演して欲しくないような演出です。幸いなことに、今回は新演出ですので、演出家もライモンディのスカルピアを念頭においての演出をすると思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4月のチューリヒ《トスカ》全5公演終了:みなさんお疲れぇ〜いろいろあって [トスカ]

 4月4,8,17,20,24日、チューリッヒ歌劇場の《トスカ》、全5公演終了しました。総支配人のペレイラ氏、頭を掻きむしりたいような状況の日もあったようです。


続きを読む


nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ザグレブで《トスカ》:Sutej指揮,Nadja Michael,Fabio Armiliato,RR [トスカ]

 R.ライモンディのスケジュールでは、リエージュの《トスカ》が今年最後の舞台だったはずですが、14日と16日にクロアチアの首都ザグレブで演奏会形式の《トスカ》に出演するようです。
 リエージュのワロニー王立劇場での《トスカ》は、12月9日に、MUSIQ3で12月1日の公演の放送があったんですが、完璧チェック漏れで、録音していません。また《トスカ》...もういいよ....とはいえ、録音できなかったとなると悔しい!です。まあ、いずれ手に入ることを期待しましょう。
 この時のフローリア・トスカさんは、お世辞にも美人とはいえませんし、体形もかなり巨大で、あれではスカルピアがかわいそう...という声もありましたが、今度のナディア・ミヒァエル Nadja Michaelは、美人ですよ(左写真)。カヴァラドッシもファビオ・アルミリアートですし、スカルピアもお年を召したとはいえ...ですから、演奏会形式ではもったいないですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワロニー王立劇場《トスカ》07'11.20〜12.1 [トスカ]

 ベルギー東部の都市、オランダとドイツとの国境に近いリエージュ Liègeで、11月20日から《トスカ》に出演中。ライモンディは、ワロニー王立劇場初出演、今シーズンから元ボローニャ歌劇場監督だったステファノ・マッツォニスStefano Mazzonisが、総支配人に就任ということで、彼とは個人的にも親しい間柄でしょうから就任祝いに出演、ということなんでしょう。
 トスカはアメリカ人ソプラノMonique McDonald、カヴァラドッシは韓国人テノールYonghoon Lee、二人とも新人っぽいですから、ライモンディ出演!ということが目玉なんでしょうね。

↓写真をクリック:リハーサルの様子
↓写真をクリック:紹介のVideoClip

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2006年7月ヴェローナ《トスカ》DVD(3)チェドリンス、アルバレス、RR [トスカ]

 クライマックス、スカルピアが刺される場面と、トスカの最後のビデオクリップです。

♪VideoClipを視聴するにはQuickTime7以上が必要です(期間限定)終了

写真左:2幕、トスカ、ナイフを発見、スカルピアを刺す!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2006年7月ヴェローナ《トスカ》DVD(2)チェドリンス、アルバレス、RR [トスカ]

 トスカを歌っているフィオレンツァ・チェドリンスが国際的に注目されるようになったのは、先日亡くなったルチアーノ・パヴァロッティ(1935.10.12〜 2007.9.6)のお蔭ともいえるようです。

↑♪VideoClipを視聴するにはQuickTime7以上が必要です。(期間限定)

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2006年7月ヴェローナ《トスカ》DVD(1)チェドリンス、アルバレス、RR [トスカ]

♪VideoClipを視聴するにはQuickTime7以上が必要です(期間限定)

 昨年のヴェローナの《トスカ》のDVDが届きました。スカルピアが登場の場面で転んだというハプニングがあったあの公演のDVDです。※その時の記事はこちら

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

チラシ2種類:ヴェローナ《トスカ》と《大聖堂の殺人》 [トスカ]

 記事にするような内容ではありませんが、覚え書きということで.....こういうのをフライヤーというらしいのですが、ネットでみつけました。
 一つは、左サイドバーのニュースにも書きましたが、12日から、クラシカドイツでTV放送される《トスカ》、 チェドリンス、M.アルバレス、ライモンディで、ウーゴ・デ・アナ演出の豪華な舞台衣裳で、2007年7月、ヴェローナ音楽祭のもの。ライモンディが登場の時にコケルというハプニングがあった公演で、「転んでも歌い続けます」という歌手の鑑、手本を示しましたが、TVではどうなっているんでしょう。左の写真をクリックするとチラシ全体が見られます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カラヤンにNo!(@_@) R.ライモンディのスカルピア [トスカ]

 1月13日のチューリッヒの《トスカ》のレビューを見つけました。こちらです。フランス語はわかりませんが、なんとなくいいことが書いてあるような気が.......


質問:カラヤンにNo!ということは難しいですか?
 ライモンディのスカルピアは世界に衛星生中継されたり、映画になったり、65歳の今日まで各地の劇場でも好評で、当たり役と言ってもいいでしょう。もともと、スカルピアは一般的にはバリトンの役ということもあり、レパートリーではありませんでしたが、1979年のことですが、カラヤンが《トスカ》のレコーディングのために、彼のスカルピアを望んだのがはじまりです。連日6時間のカラヤンとのピアノリハーサルで、ああでもないこうでもない、と言われ、途中で放り投げたくなった...などと後日ライモンディが語っています。カラヤンにとって、《トスカ》の録音は、1962年以来ですから、17年降りで、リッチャッレッリ、カレーラス、ライモンディというその当時の旬の歌手、まあ、手垢のついていない歌手を選んだということでしょうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

途中で死んでしまうスカルピアの出待ち.... [トスカ]

まず、お知らせです。
TDKのサイトに《ファルスタッフ》DVDのカタログが掲載されました。これで間違いなく近日中に発売ということです。一応予定では2月20日のようです。


スカルピアの『出待ち』について
 ライモンディは、今チューリッヒで《トスカ》に出演中です。7日に見に行ったファンの方の面白い報告をちょっと紹介します。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2004年マドリード・テアトロレアルの「トスカ」再々放送!NHK.BS2 [トスカ]

■今晩といいますか早朝、9月9日午前1時36分よりNHKBS2でまたマドリードの《トスカ》が放送されます。
以下2005年7月2日の記事です。


DVD(海外版)もリリースされていますし、BShiでも放送されましたが、またBS2で放送されます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェローナ《トスカ》フォトギャラリーとマルコ・スポッティ [トスカ]

やっとアレーナ・ディ・ヴェローナのサイトに今年の《トスカ》のフォトギャラリーが 掲載されました。(写真をクリックするとリンクしています)
 この左の写真は、手前はカヴァラドッシのM.アルバレス、太ってみえないようになかなかうまく撮っていますね。後方にいるのはアンジェロッティ、マルコ・スポッティというバスです。同時に国王役で《アイーダ》にも出演しています。DVDで発売されている2004年のマドリードの《トスカ》でもアンジェロッティで出演していました。
 スラリと背が高く、手足が長くて、今風の若者っぽくて、目立つアンジェロッティでした。雰囲気がペーター・マッティに似てますね。
そこで、ちょっとこのバス歌手マルコ・スポッティにスポットをあててみました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェローナ《トスカ》:写真集 [トスカ]

トスカの衣裳は、1幕が黄色、2幕が赤、ちゃんとお着替えして3幕はブルーのドレス

ヴェローナ音楽祭
1913年より毎年夏に、野外劇場(アレーナ)で開かれる。ローマのコロッセオに次ぐ大建築アレーナ(円形闘技場)は、円形の直角軸が、152.4mと128m、高さが30.48m。前方の1/3が舞台、残りが観客席(1万5千人収容)という巨大な劇場だが、音響効果が極めて良く、最も人気のある野外オペラ祭、演目は、イタリアオペラが中心。今年は、第84回に当たる。
今回の新演出の《トスカ》は、ウーゴ・デ・アナ(演出・美術・衣裳)、彼独特の重厚で暗く豪華で美しい舞台。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェローナ《トスカ》;スカルピア転倒!(2006.7.15) [トスカ]

演出、舞台,衣裳すべてウーゴ・デ・アナのニュープロダクションの《トスカ》、舞台も素晴らしく、特に衣裳が豪華で美しいものだったようだ。スカルピアの衣装も、豪華な刺繍がほどこされていて、とてもおしゃれ(右写真)。
プレミエは7月15日土曜日。アルバレスのイタリアでのカヴァラドッシデビューという話題もあるが、実際に見に行った人たちの間では、ライモンディが「落ちた、転んだ」、トスカが2幕で着ていたマントが豪華で素晴しく美しかったが、非常に重く40キロもあり、その上、非常に暑く、チェドリンスの疲労が激しかった、という話題で盛り上がっている。

続きを読む


nice!(1)  コメント(47)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

News!ヴェローナの《トスカ》に、M.アルバレスと [トスカ]

R.ライモンディは、7月3日から15日までのパリの《愛の妙薬》全公演キャンセルしました。2006-05-18の記事にも書きましたが、理由は、劇場が、ガルニエではなく、バスティーユだったということなのです。それにしても発表されて、半年以上もたって、気づくとは?? 事情はわかりませんが、私でさえ、バスティーユで歌うの!ホント!と思ったくらいですから、劇場側の責任かもしれません.....
前置きが長くなりましたが、ということでスケジュールがドーンとあいてしまいましたが、アレーナ・ディ・ヴェローナの《トスカ》(7月15, 22, 29)に出演することになったようです。また、スカルピアなのぉ...ですが、カヴァラドッシが、M.アルバレスというのが楽しみです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽