So-net無料ブログ作成
ノルマ ブログトップ

ダニエラ・デッシーついにノルマを歌う:ちょっとしたハプニングも... [ノルマ]


 4月29日、ダニエラ・デッシーは、ボローニャ歌劇場で、ノルマ・デビューを果たしました。
 《ノルマ》はオペラの中のオペラ、“Casta diva”は、アリアのなかのアリア、ソプラノにとって、ノルマは、究極の役であり、ノルマを歌うことはソプラノ歌手にとっては、憧れであり、喜びなんでしょうね。
 デッシーは、10年前のインタビューで、「20年歌ってきて声に負担をかけているのではないかとか、役柄のバランスは大丈夫かとか心配なこともありました。.....いずれにしても喜びを感じない仕事はやらないことにしています。」と語っています。
 オペラ歌手デビュー30年目、ダニエラ・デッシー50才の挑戦です。
 RAI3で初日のライブ放送がありましたので、"Casta Diva"をアップします。こちらにスコアがあります。
 オペラファンの間では、聖なる森に携帯が鳴り響いた.....とハプニングも話題なにっています。騒ぐほどの音ではないですが、客席からか、オケピットからか、舞台上からかはわかりませんが、かすかにですが、はっきり聞こえますね。まあ、これもライブの醍醐味?でしょうか。

◆2008.4.29ボローニャ歌劇場《ノルマ》:
  Evelino Pidò指揮,Daniela Dessì,Kate Aldrich,Fabio Armiliato,Rafal Siwek他

関連記事:
ダニエラ・デッシー(1957- )
《ノルマ》オロヴェーゾ:中くらいの役(5)
RRと指揮者(3)リッカルド・シャイーデッシーのドンナ・アンナ VideoClip
RRと指揮者(2)ダニエレ・ガッティデッシーのトスカ VideoClip
暑中見舞い:ガランチャ&ネトレプコそれにバルトリCasta DIVA MP3


タグ:デッシー
nice!(2)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《ノルマ》オロヴェーゾ:中くらいの役(5) [ノルマ]

バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第5。
ベッリーニ作曲《ノルマ 》、ドゥルイドの高僧でノルマの父オロヴェーゾもその一つでしょう。このオペラは、作曲者自身が最も愛した作品で、ベッリーニの特色が遺憾なく発揮された最大傑作といわれています。
ノルマの父オロヴェーゾは、堂々とした歌手がやればさまになるという程度の役だとおもいますが、若手のバス歌手がつとめることが多いようです。ライモンディも若い時に歌っていますが、他のメインの演目のついでに、というかんじでしょうか。出番も、最初と最後にちょろっと歌うだけですので。

 実演は、若い時にNYメトで、ビッグな方々との共演です。一回目は、29歳の時、サザランド、ホーン、ベルゴンツィ、ニ回目は、31歳で、カバリエ、コッソット、コッスッタ。めずらしく、スタジオ録音(30歳)もあります。ノルマの"Casta Diva"を聴きたい方が多いでしょうけど、ほとんど注目されないオロヴェーゾの最初と最後の歌をアップします。

1幕 導入部、オロヴェーゾと合唱
 ドゥルイドの僧や兵士達が夜中に彼らの聖域の森に集まる。
オロヴェーゾは、そこで、荘厳にいかめしい口調で歌い始め、最後には、ローマ軍打倒を願い、勇ましい進軍の大合唱となり、聖なる丘をめざして森の中に消えていく。

ATTO PRIMO - SCENA I:OROVESO "Ite sul colle, o Druidi,"


2幕:第5場(10番)合唱とアリア
 場面は聖域の森。オロヴェーゾは、ローマの圧政を絶て、と兵士達を鼓舞する。兵士達は、ノルマはまだ起ち上がる気はないのかと尋ねる。オロヴェーゾは、時が来るまで、平静を装って、一気に敵を倒すつもりだとさとす。劇的な合唱でこの場は終る。
お父さんのオロヴェーゾは、娘ノルマに敵であるローマの総督ポリオーネとの間に子供が二人もいるという事実をまだしりません。

ATTO SECONDO - SCENA V:OROVESO "Guerrieri! A voi venirne"

※参考:CD詳細と公演記録、オロヴェーゾの歌の歌詞

 《ノルマ》は、いわゆるプリマドンナ・オペラと呼ばれるオペラで、ソプラノ歌手なら一度は歌ってみたいオペラのようです。映像もいろいろ出ています。
 つい最近も、マリア・ドラゴーニの《ノルマ》がCSで放送されましたが、ノルマ以外がさえません。やっぱり、オランジュ音楽祭のカバリエの《ノルマ》が全キャスト揃っているとおもいます。特にポリオーネのヴィッカーズが、この正直と言えば正直な男、ポリオーネにピッタリで、その言動をあきれながらみてしまいます。(edcさんのブログで、ヴィッカーズポリオーネの勇姿?がみられます。TBから行ってみてください)
 来年でしたか、ホセ・クーラがポリオーネを歌う予定のようです。男らしいというかちょっと粗野で憎めないヴィッカーズのようなポリオーネになるのかな、と想像を膨らませています。(なんと、ノルマはグルベローヴァ、アダルジーザはガランチャのようですヨ)

nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽
ノルマ ブログトップ