So-net無料ブログ作成
ルクレツィア・ボルジア ブログトップ

WNO《ルクレツィア・ボルジア》レビュー:R.ライモンディのアルフォンソ公 [ルクレツィア・ボルジア]

※15日ライモンディ、キャンセル! 風邪だそうです。代役 John Marcus Bindel(11.16.11:50AM追記)
※ボルチモアサン、メトロウィークリー、フィナンシャルタイムズ、コンサートネット、続々レビューが出ています。別館にライモンディについての部分も書きましたので、ご覧下さい。(11.8追記)
※ワシントン・タイムズのレビュー出ました。ライモンディ好評、グリゴーロ最高!
※NYタイムズに続きワシントン・ポストのレビュー"グリゴーロ最高!"も出ました。別館に掲載

プレミエのレビューが出ました。この公演は、テノールのヴィットリオ・グリゴーロに注目する切っ掛けとなった公演ですので、ずっと楽しみにしていました。
 レビュー1番のりはニューヨーク・タイムズ紙、ルネ・フレミングが、10年前のミラノ・スカラ座で受けたブーイングをリベンジできるかどうかが注目だったようです。
 ルッジェーロ・ライモンディについては、今更、なんだかんだ言われても関係ない、ちゃんと出演してくれれば、という心境、それに、まあ、ルクレツィア・ボルジアの夫アルフォンソ公は、重要ではあるけど、それほど大きな役ではないですし。実際のところ、ジェンナーロのヴィットリオ・グリゴーロの方が気になってましたが、彼については、別館に記事をアップしました。
 全体的に好評のようですし、これだけのキャストを揃えたんですから、ドミンゴもジェンナーロは歌っていませんし、ドミンゴ・コレクションの一環としてDVDでも出して欲しいものです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

WNO《ルクレツィア・ボルジア》のオーディオ・トレーラー☆ビデオクリップ [ルクレツィア・ボルジア]

ワシントン・ナショナル・オペラのサイトにドレスリハーサルのビデオクリップが掲載されました。グリゴーロは金髪のツンツン髪です。ルクレツィアが居眠りをしているジェンナーロに心を動かされる場面とジェンナーロが、自分の身の上話をはじめる"Di pescatore ignobile..."のはじめの部分と最後の毒酒を飲んだとも知らずに陽気に歌うオルシーニ....ライモンディ登場場面がないのが残念ですが、素晴しい公演になりそう...(10.31追記)

ドニゼッティ作曲《ルクレツィア・ボルジア》新演出 2008年11月1, 5, 7, 9, 11, 15, 17日 全7公演


指揮:プラシド・ドミンゴ
演出・舞台美術・衣裳:ジョン・パスコー
衣裳補:ティム・バロー
照明:ジェフ・ブルッカーホフ

キャスト:
ルクレツィア・ボルジア:ルネ・フレミング(1,5,9,11)
           :ソンドラ・ラドヴァノフスキー
ジェンナーロ:ヴィットリオ・グリゴーロ
アルフォンソ公:ルッジェーロ・ライモンディ
マッフィオ・オルシーニ:ケイト・オルドリッチ Kate Aldrich
ルスティンゲッロ: インシ・チャン Yingxi Zhang
キャスト詳細:ワシントン・ナショナル・オペラ

★オペラ劇場:ケネディーセンター
♪音声ファイル:オーディオ・トレーラー →
一種独特で面白い....

関連記事:

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》チーム集合! [ルクレツィア・ボルジア]

 そろそろ、ヴィットリオ・グリゴーロのHPに、「元気にリハーサルに励んでます...」というメッセージが出るかな、と思っていましたが、嬉しいことに写真が出ました。こういうまめなサービスは、ポップス活動のたまものなのか、若い世代のオペラ歌手は、こんなものなのか、よくわかりませんが、人気オペラ歌手の場合は、大手レーベルさんに「おまかせ」みたいなサイトが多いようで、まめな報告はないのが普通かもしれません。
 WNO《ルクレツィア・ボルジア》チームの写真、若いグリゴーロを囲んで、左から、ルッジェーロ・ライモンディ、演出のジョン・パスコ、ルネ・フレミング、指揮のドミンゴです。ライモンディ、ちゃんと出演するようで、とりあえず一安心。あとは、皆さん風邪など引かないようにお願いしたいものです。
 グリゴーロ別館には、指揮者のドミンゴと楽曲分析のお勉強中の写真も載せました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》11月1日〜★2幕1場について☆MP3 [ルクレツィア・ボルジア]

注)2幕冒頭のシーン(テノールのアリア)は、追加されたもので、ないのが標準ということが分かりましたので、本文も訂正、追記しました。(10.19追記)

 前記事の続きです。ワシントン・ナショナル・オペラ(WNO)は、ちょっと前までは、「ワシントン・オペラ」と呼ばれていました。『旧ワシントンオペラは、国立オペラカンパニーとして、 2000年に議会の指定を受け』、 2004年にワシントン・ナショナル・オペラと改名したということです。ケネディーセンター内に劇場があり、プラシド・ドミンゴが1996年から芸術監督、2003年から総裁に就任、今のところ、任期は2010/2011シーズンまでだそうです。ドミンゴのお蔭で、アメリカの一地方歌劇場から、世界に知られる歌劇場になったということです。
 右の写真は、2007年開幕公演《ボエーム》にロドルフォ役で出演したヴィトリオ・グリゴーロのケネディーセンターでのサイン会の模様です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》11月1日〜:1幕★MP3 [ルクレツィア・ボルジア]

 前記事の続き。R.ライモンディは、2000年10月にワシントン・ナショナル・オペラでファジョーニ演出の《ドン・キショット》を上演しています。また、ヴィットリオ.グリゴーロは、昨年の開幕公演の《ボエーム》に出演、「キュートなロドルフォで、歌も素晴しかった...」と好評でした。当初ジェンナーロに決まっていたフィリアノーティがミラノ・スカラ座の《ドン・カルロ》に出演するためにキャンセルしたので、お鉢がまわってきましたが、グリゴーロ自身も、すでに発表になっていたジュネーヴ大劇場の《ホフマン物語》をキャンセルして引き受けています。ライモンディもグリゴーロもドミンゴ繋がりでの出演ということでしょう。
 この公演の紹介記事に"Hot young heartthrob tenor Vittorio Grigolo "というのがありました。なんて訳すといいんでしょうね。"heartthrob"は、心臓バクバクドキドキものの「ほれぼれするいい男」というような意味だそうですが....."hot"もついてますし....
 ライモンディは"legendary bass Ruggero Raimondi"と書いたのがありました。そうですよね、67才ですものね。

前記事のプロローグに続いて第1幕からジェンナーロの歌を抜粋。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

ワシントン・ナショナル・オペラ新演出《ルクレツィア・ボルジア》11月1日〜:プロローグ★MP3 [ルクレツィア・ボルジア]





MP3:プロローグから
 11月1日からの《ルクレツィア・ボルジア》は、ルネ・フレミングのルクレツィアが目玉、チケット売り出し当初からフレミングの出演日は完売状態。ルネ・フレミングはアメリカでは国民的オペラ歌手で非常に人気があるようですが、WNO出演は初めてで、《ルクレツィア・ボルジア》は10年ぶりに歌うそうです。ルッジェーロ・ライモンディは、41年ぶりのフェラーラ公ドン・アルフォンソ、ヴィットリオ・グリゴーロはジェンナーロは初役、ケイト・オルドリッチは劇場デビューで、オルシーニ役は、すでにトリノで歌っていますです。このキャスティング、見た目も皆さん合格、特にジェンナーロは「美しい若者」でなければならないんです。
 ニュープロダクションで、舞台とルクレツィアの衣裳のデザイン画が発表されていますが、豪華なものでお金もかかっているようです。
 歌唱に関しては、ルネ・フレミングのルクレツィアってどうなのよ....なんですけど。グリゴーロは《ルチア》のエドガルドでも素晴しい歌を聞かせてくれましたから、期待しています。楽しみ....放送があると勝手に期待してるんですけど....

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《ルクレツィア・ボルジア》4番目の夫ドン・アルフォンソ:中くらいの役(2) [ルクレツィア・ボルジア]

バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第2です。
ドニゼッティ作曲の《ルクレツィア・ボルジア》のフェラーラ公ドン・アルフォンソもその一つでしょう。今さかんに歌っている《コジ・ファン・トゥッテ》の老哲学者と同じ名前ですが、こちらは、ルクレツィアの4番目の夫(史実では3番目らしい)で、妻に愛人(実は息子)がいると疑い、復讐に燃える男なんです。物語としては、簡単に言えば、ルクレツィアは、生き別れの息子ジェンナーロを見つけますが、ボルジア家を侮辱された仕返しに、息子の友人達の殺害を企て、結局息子の命も奪ってしまうという、なんともおぞましい悲劇的結末の物語。

1967年ローマ歌劇場:レイラ・ジェンチェルとR.ライモンディ
舞台写真がないので、肖像画を拝借しました


※ひどい録音でも聴いてみようという、奇特な方いらっしゃいましたらどうぞ。
25歳の新人バス歌手ライモンディと名歌手ジェンチェルの共演に大喜びの観客の熱気が伝わってきます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽
ルクレツィア・ボルジア ブログトップ