So-net無料ブログ作成
ランメルモールのルチア ブログトップ

エドガルドの"Son tue cifre? A me rispondi"......"Hai tradito il cielo, e amor!" パヴァロッティ、M.アルバレス、グリゴーロ ★MP3/VideoClip [ランメルモールのルチア]

今現在、ヴィットリオ・グリゴーロはチューリヒ歌劇場で《ランメルモールのルチア》に出演中、初役で劇場デビューでもありますが、好評で大成功のようです。この公演の合間に《チューリヒ中央駅の椿姫》に出演するという、ハードなスケジュールですが、28日の《ルチア》はキャンセルになりました。30日の《チューリヒ中央駅の椿姫》は、テレビの同時中継とインターネットでの配信もあるのに大丈夫でしょうか....→
グリゴーロ本人のメッセージが出ました。椿姫のリハーサルのため28日は出演できなくなったそうです。詳細はこちらで(2008.9.28追記)

さて、私の好きな場面を私の好きな歌手で聞いてみましょう。こういう場面は、アリアと違って、特に個性が出るので面白いです。3人3様の怒り爆発!(真ん中以外は音が悪いです)
★(1970年10月メトロポリタン歌劇場ライヴ:スコット、パヴァロッティ、セレーニ、R.ライモンディ
はじめての《ルチア》は、メトのLD、サザランドとクラウスでしたが、面白いと感じませんでした。クラウスは、私には端正すぎで.....その後、サザランド、パヴァロッティのCDを聞いて好きになりました。パヴァロッティの怒り爆発が気に入りました。ライモンディは29才ですが、ルドルフ・ビングに請われてメトの開幕公演で《エルナーニ》のシルヴァを歌い、引き続きライモンドを歌いました。




★2004年8月新国立劇場/ラ・ヴォーチェ公演 :デヴィーア、M.アルバレス、ブルゾン、コロンバーラ
スカラ座並の「夢の饗宴」、デヴィーア、アルバレス、ブルゾン、コロンバーラの豪華版。






★2008年9月チューリヒ歌劇場ライヴ:モシュク、グリゴーロ、カヴァレッティ、ポルガール
グリゴーロのエドガルドは、ロジーナさんの鑑賞記録をどうぞ!
ミキエレッティの演出で、エドガルドは、シャツを脱がされて、踏んだり蹴ったりシャンパンをかけられたり暴行を受けます。



RAIMONDO:Mira.
EDGARDO:Tremi!... ti confondi! Son tue cifre? A me rispondi: Son tue cifre?
LUCIA:Sì...
EDGARDO:Riprendi il tuo pegno, infido cor. Il mio dammi.
LUCIA:Almen...
EDGARDO:Lo rendi. Hai tradito il cielo, e amor! Maledetto sia l'istante che di te mi rese amante...stirpe iniqua... abominata io dovea da te fuggir!...Ah! di dio la mano irata ti disperda...

★参考LUCIA DI LAMMERMOOR 楽譜 libretto

 《ランメルモールのルチア》は、ドニゼッティの作品の中で最も有名で、舞台にかけられることも一番多い。原作はウォルター・スコットの小説「ランマムーアの花嫁」。スコットランドのランマムーア(イタリア語読みではランメルモール)地方のアストーン城主エンリーコはレーヴェンスウッド城主エドガルドと先祖代々の敵であったが、ついに彼の城と財産を奪いとる。エドガルドに残されたものは、ウォルフェラーグにある荒れ果てた要塞だけである。ある日エンリーコの妹ルチアが凶暴な牡牛に襲われ、偶然通りかかったエドガルドに命を救われる。これをきっけに、二人の間にひそかな愛が芽生え、永遠の愛を誓いあう。ところが、エドガルドがフランスに行っている間に、ルチアは政略結婚しなければならなくなる....
 ルチアが、泣く泣く結婚契約書に署名したとたん、事情を知らないエドガルド現れる。全員一瞬固まって、ここでこのオペラの聴かせどころ最頂点、六重唱が歌われる。エドガルドはルチアを連れて行こうとするが、♪結婚契約書の署名を見せられ、ルチアの心変わりを呪い、愛の徴の指輪を投げつける。彼の怒りは頂点に達し、放心状態のルチアから指輪をひったくり、床に投げつけ、足で蹴っ飛ばす。剣を持って、ルチアとその血族を呪い、結婚式に集まった人々の間をわって退場する。

関連記事:
《ランメルモールのルチア》家庭教師ライモンド:中くらいの役(3) MP3:ライモンディのライモンド
ヴィットリオ・グリゴーロ《ルチア》関連


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《ランメルモールのルチア》家庭教師ライモンド:中くらいの役(3) [ランメルモールのルチア]

バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第3
ドニゼッティの《ランメルモールのルチア》の家庭教師ライモンド・ビデベントもその一つでしょう。このオペラは、ドニゼッティの作品の中で、最も有名で、舞台にかけられることも一番多いようです。
ライモンディは、ルドルフ・ビングにNYメトで歌って欲しいと誘われていましたが、1970年にメトロポリタン歌劇場にデビューすることになります。
1970年は僕にとって幸運の年でした。ミラノのスカラ座とニューヨークのメトロポリタン歌劇場のシーズン開幕で歌うことができたんですから....スカラ座の名歌手たちより抜粋
シーズン開幕には《エルナーニ》でシルヴァを歌い、続けて《ノルマ》のオロヴェーゾ、更に続けて《ランメルモールのルチア》にも出演しました。

Metropolitan Opera House
October 15,24,28,31, 1970

LUCIA DI LAMMERMOOR

Lucia...............Renata Scotto
Edgardo..........Luciano Pavarotti
Enrico..............Mario Sereni
Raimondo........Ruggero Raimondi
Normanno.......Rod MacWherter
Alisa................Carlotta Ordassy
Arturo..............Leo Goeke

Conductor........Carlo Franci
Production........M. Wallmann
Stage Director..Fabrizio Melano
Designer...........Attilio Colonnello
Choreographer..Alicia Markova
 ルチアが、泣く泣く結婚契約書に署名したとたん、エドガルド現れる。全員一瞬固まって、ここでこのオペラの聴かせどころ最頂点、六重唱が歌われる。エドガルドはルチアを連れて行こうとするが、結婚契約書の署名を見せられ、ルチアの心変わりを呪い、愛の徴の指輪を投げつける。彼の怒りは頂点に達し、放心状態のルチアの差し出す指輪をひったくり、床に投げつけ、足で蹴っ飛ばす。剣を持って、ルチアとその血族を呪い、結婚式に集まった人々の間をわって退場する。
※上のMP3は、有名な6重唱の後、エドガルド(パヴァロッティ)が、怒りまくる場面、ライモンダは、pace,paceとなだめ役です。

第3幕12番♪MP3♪: 結婚の祝宴に招かれた大勢の客が、うたい騒いでいる。そこにライモンドが登場して、ルチアが発狂して新郎のアルトゥーロを剣で刺したと告げる。
■ 1970年(28歳)メトデビュー:
・1970年9月14,19,24日エルナーニ(シルヴァ)シッパース指揮 ベルゴンツィ、ミルンズ、アーロヨ
・1970年9月28日 10月3日ノルマ(オロヴェーゾ)ボニング指揮 サザランド、ホーン、ベルゴンツィ
・1970年10月15,24,28日ランメルモールのルチア(ライモンド)
参考:《ランメルモールのルチア》公演記録


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ランメルモールのルチア ブログトップ