So-net無料ブログ作成
ボエーム ブログトップ

メト《ボエーム》ベチャラ&ネトレプコ☆オリジナル"Che gelida manina 冷たい手" [ボエーム]

2010.2.24Broadcast
 メトロポリタン歌劇場で最も上演回数の多い演目は《ボエーム》、ドル箱演目なんでしょうね、このところ毎シーズン上演しているようですが、2009/10シーズンの《ボエーム》は、ピョートル・ベチャラ&アンナ・ネトレプコのコンビで、2月20日〜3月20日までの全9公演です。
 このところ、メトではロドルフォの『冷たい手』をオリジナルの調ではなく半音下げで歌うのが、当たり前になってきていましたが、今回は、ベチャラがちゃんと歌いました(右の上の音声ファイル)。
 もちろん劇場の問題というよりは、テノールによるわけですが....その辺の事情の記事"『冷たい手 Che gelida manina"の半音下げの移調は誤摩化し、賞味期限のつけかえみたいなもの...』を書いていますので、興味のある方はどうぞ....
 "Che gelida manina 冷たい手"をオリジナルで歌った場合は、1幕フィナーレのミミとロドルフォの二重唱"O soave fanciulla"の最後は、上げてミミとユニゾンで終わるのが伝統となっています(右の下の音声ファイル)。
 ネトレプコ のミミは映画版でも感じましたが、見た目は魅力的ですが、声はこれといって特徴がないし、惹かれるものがない.....それにこの公演では中音域がなんか喉にひっかかっているようなかんじで、聞いていて心地よくないです。交流ブログ "Opera! Opera! Opera!" さんに鑑賞レポート"LA BOHEME (Sat, Feb 20, 2010)"が掲載されています。
 ピョートル・ベチャラ Piotr Beczala(1966.12.22生)は、チューリヒ歌劇場でたいせつにされているテノールの一人で、世界の主要歌劇場でも活躍しています。メトデビューは、2006年12月19日《リゴレット》のマントヴァ公爵、その他《ルチア》《オネーギン》《ボエーム》にも出演しています。派手さはないですが、実力のある堅実なタイプのテノールと言えるでしょう。

続きを読む


2009年お正月お遊び企画:《ボエーム》から、ロドルフォのミミ〜!....ミミ〜★MP3 [ボエーム]

『ロドルフォのアリア"Che gelida manina"の半音下げ』の記事を書きました。(2009.1.9)
★ロドルフォのアリア"Che gelida manina"の半音下げについて追記しました。(2009.1.8)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、お正月お遊び企画です。

♬2005パリ《ボエーム》
ビリャソン(半音下げ)

♬2007WNO《ボエーム》
グリゴーロ(正調)
オペラでは、手紙を読んだり、レチタティーヴォではなく喋ったりの部分がありますが、これがけっこう面白い、国際色豊かなオペラ歌手ならではのケッサクなのもあります。今回は、《ボエーム》の最後の場面、ミミが死んだ....と気づいた時のロドルフォ君。先日BShiで放送した、ネトレプコとビリャゾンの映画版《ボエーム》は、いろいろギョっとさせられる場面満載の映画でしたが、この場面のヴィリャゾンの低い声に吃驚仰天、これって地声でなくて、やっぱり、テノール声で喋って欲しいです。じゃないと若さが感じられません。それで、他の歌手はどんなだろう.....ということで思いついた企画です。
※左上の写真は、ヨーロッパ仕様のポスターらしいのですが、オペラファンの間では、ヴァンパイアのカップルと揶揄されていましたが、確かに《ボエーム》のイメージではないですね。右上の写真は、私が作ってみましたが、2007年ワシントン・ナショナル・オペラの開幕公演でヴィットリオ・グリゴーロのロドルフォが話題になった《ボエーム》、もちろん舞台ですが、演出は映画監督のマリウシュ・トレリンスキ(Mariusz Trelinski 1962〜ポーランド)です。

それでは、音声ファイルを聞いて、「初泣き」をどうぞ! 偶然ですが、スペイン人、メキシコ、イタリア人と二人づつになりました。オペラにはまっている方は、すぐに誰だかおわかりだと思います。
参考:La Bohème 楽譜 リブレット

場面は、ショナールが、マルチェッロに「ミミが息をしてない」とつぶやく。そこにコリーネが戻って来てムゼッタに外套を売ったお金を渡す。ミミが死んだと気づいたマルチェッロはムゼッタを見る。ムゼッタもミミが死んだことに気づく。コリーネは、「ミミの具合は?」とロドルフォに声をかける。
↓音声ファイルはここから
ロドルフォは、「見て、落ち着いているよ "Vedi?..È tranquilla."」と答えるが、ムゼッタとマルチェッロ、ショナールの様子を見て不安になり「どうしたんだ?なんでそんな目で見るんだ...."Che vuol dire quell'andare e venire, quel guardarmi così..."」、そこで、マルチェッロがかけよってきて「しっかりしろ"Coraggio !"」と言う。ロドルフォはあわててミミの側にかけより、すでに息をしていないことに気づき「ミミ〜!....ミミ〜"Mimì..Mimì!.."」と叫ぶ。幕。
(録音レベルが低い場合は、shiftを押しながら左のスピーカーマークをクリックして音量を上げて下さい)

1.  分別臭いロドルフォ....ってとこかな。
2.  誰だかすぐにわかっちゃうなぁ...
3.  3日のメトのライブ。もたついてますな。全体的にも一本調子で疲れる演奏でした....
4.  これがテノール君の声とは思えない....バリトンのマルチェッロの"コラッジョ"と同じじゃないか.....2005年の舞台では、もう少しはましな声なんですけど、まあ、これではアリアも半音下げでしか歌えないでしょうね。なんで人気があるのかわからん...いかにもまじめに必死に一所懸命にみえる歌手が好きな人ってけっこういるようですね。
5.  これぞイタリアのテノール声です...
6.  こんなにはっきり何を言っているのか分るのは初めてでとても新鮮。ミミ〜の前のバーンという音は、ロドルフォが頭を壁(シャッターかな?)にぶつけている音だそうです。

たまたまかもしれませんが、出身国で似ている気がします。5.と6.のイタリア人組がやっぱり一番。
音楽が終らないのに拍手をしているのはすべてみごとにメトロポリタン歌劇場。少しは余韻に浸るってことはないのかい! 昔も今も同じ、学習するつもりもないみたいです。ワシントンの観客(6番)は、ちゃんと最後の音を聞いて、拍手をしていますから、アメリカ人の問題ではなく、メトはおのぼりさんが多いということかしら。

関連記事:2007年ワシントン/ナショナルオペラの《ボエーム》

★1.ドミンゴ('77メト)コンロン指揮 2.カレーラス('77メト)レヴァイン指揮 3.バルガス(2009メト)シャスラン指揮 4.ビリャゾン(映画)ド・ビリー指揮 5.パヴァロッティ('74メト)レヴァイン指揮 6.グリゴーロ(2007WNO)ヴィローム指揮

★ロドルフォのアリア"Che gelida manina"の半音下げ:
映画版《ボエーム》は、ドイツ・グラモフォンのCDをサントラに使っています。従って、これは当然スタジオ録音だと思いますが、(ミュンヘンのライブだそうです....だとすると後の話しが腰砕けですが、面倒なので、このままで...) ヴィリャソンは、ロドルフォのアリアを半音下げています。ドミンゴは「舞台では、半音下げで歌います」と公言していますが、録音では、ハイCを聞かせています。録音は何回でもトライできるわけですから、この曲を録音で残したいのであれば、移調して歌うのはいかがなもんでしょう。
たまたま、今回のボエームの幕切れのMP3を6種類アップしましたが、その中では、このアリアはどうなんだろう...と興味が湧いて来て調べてみました。なんと6人中4人が下げ組でした。
下げていた歌手は、ドミンゴ('77メト)、カレーラス('77メト)、バルガス(2009メト)、ビリャソン(録音)の4人。正調組は、パヴァロッティ('74メト)、グリゴーロ(2007WNO)
半音下げがすぐ分かるのは、絶対音感のようなものがある人でしょうけど、だからといってねぇ....
上の写真の下に、声質が全く違いますから比較にはなりませんけど、移調と正調の"Che gelida manina"のMP3をアップしました。
2007年4月演奏会形式のライブ録音:Puccini: La bohèmeCD/Deutsche Grammophon/Netrebko, Villazon, Daniel, Cabell/Bavarian Radio Symphony Orchestra/de Billy

《ボエーム》コリーネ:中くらいの役(6) [ボエーム]

バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第6。
プッチーニ作曲《La Bohème ボエーム》、ロドルフォの仲間の一人、哲学者コリーネもその一つでしょう。あまり歌う場面はありませんが、最後に、ミミのために自分の外套を売りに行くときに『古い外套よ、さらば、金や地位に惑わされず信念を曲げることなく、今まで自分をかばってくれた古い友に感謝する、さらば、さらば...』と淡々と歌うアリアがあります。ライモンディにとっては、とても縁のあるアリアですが、恐らく、御本人は、好きな歌ではないのではないかと思います。知人に言わせれば、この歌が好きって歌手がいるの?....なんて言われてしまいましたが.....
■参考:《ボエーム》:コリーネ 公演記録1964〜1974

続きを読む


ボエーム ブログトップ