So-net無料ブログ作成

ローマ歌劇場2009.12ゼッフィレッリの《椿姫》さえない再演(雑誌"l'opera 1月号") [椿姫]

 オペラ雑誌"l'opera "2010年1月号に掲載されたこの舞台写真、どうみてもゲオルギュー&グリゴーロでしょ.....写真をクリックすると大きくなりますからじっくりご覧になって下さい.....いくら今回の再演がぱっとしないからって、2年も前のを載せなくても....
 ゼッフィレッリ新演出で話題を呼んだ2007年4月の《椿姫》、この時も公演の直前まで、ハプニング続出、まず、アラーニャがゼッフィレッリに袖にされて、アラーニャの代わりにプレミエ歌手として浮上したフィリアノーティが急性腹膜炎で入院....その後アルフレードは誰がプレミエを歌うかのタイトルマッチがはじまり、ヴィットリオ・グリゴーロに軍配が上がり、プレミエはゲオルギュー&グリゴーロのカップルで大成功、その後、ゲオルギューがなぜかへそを曲げて、2公演目の途中で降板....とまあ、話題にはことかかなかったわけですが、公演自体は、成功でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ちょっと普通じゃない《椿姫》"シェーファー&カウフマン"と "メイ&グリゴーロ"★ビデオクリップ [椿姫]

 かなり前に話題にしたパリ・オペラ座の《椿姫》、あの時は、音声ファイルのみの鑑賞でしたが、あちらでTV放送されたものがあったのを思い出しました。ずっと放置していましたが、最近、ヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann 1969生)が人気上昇中なので、見てみようか...という気になりました。
 《チューリヒ中央駅の椿姫》と比べてみるのも面白いかな...ということで同じ場面のビデオクリップを作ってみました(本当は私が見たいだけなんですけど)。偶然ですけど、イタリア人カップルとドイツ人カップルというのもめずらしいと思います。
↑写真をクリックするとYahooブリーフケースのビデオクリップにリンク、画質はかなり落としています。

 パリ・オペラ座の《椿姫》は、エディット・ピアフとテオ・サラポに見立てたパロディーっぽいものですが、音楽まで妙なかんじです。クリスティーネ・シェーファ( Christine Schäfer 1965生)が歌いはじめると、間延びしますし、それ何語....ってかんじなんです。カウフマンは、もちろん見た目は素敵なアルフレードですが、この声ってテノールなのかなぁ.....少なくとも私がテノールに求めるものが感じられない...冷静、知性的で、あまりにもフツー。歌唱は安定していて、高音も余裕で出してますけど、高音が高音に感じられないのもテノールっぽくないということでしょう。今回は、《チューリヒ中央駅の椿姫》に合わせて、カットしましたが、パパ・ジェルモンは、ジョゼ・ヴァン・ダムで、けっこう暴力おやじで、メイクがメフィストなんです。
 《チューリヒ中央駅の椿姫》は、さんざん記事にしていますので省略します。しかし、アルフレード(Vittorio Grigolo 1977生)が子犬のように全速力で走って来るところから感動しちゃうのはなぜかしら......。

余談、横道:
ヨナス・カウフマンの映像は、《フィデリオ》とか《カルメン》で見られますが、化粧が濃くて、汚れています。この《椿姫》は、髭のない素顔で一番いいと思います。年の割には若く見えますしね。だから、子供にみられないように無精髭スタイルが多いのかな.....つらつら観察していて、似てる!を発見。玉木宏じゃないですか......→

★2007パリ:シルヴァン・カンブルラン指揮、クリスティーネ・シェーファー、ヨナス・カウフマン、ジョゼ・ヴァン・ダム
★2008チューリヒHB:パオロ・カリニャーニ指揮、エヴァ・メイ、ヴィットリオ・グリゴーロ、アンジェロ・ヴェッチャ


関連記事:
ヴェルディ《椿姫》=エディット・ピアフ=シェーファー 聞き比べMP3
誰でしょうね、この二人は? 再演をご覧になった助六さんのレポートがコメントにあります。


♪ブリーフケースのビデオクリップについて
・QuickTime7以上で視聴できます →http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html
・ウィンドウズの場合、QuickTime7以上がインストールしてあっても見られないことがあるそうですが、その時は、ブラウザをエクスプローラではなくFirefoxにしてみて下さい

(私の経験上、読み込みスピードもFirefoxがだんぜん早いです。また、大きなファイルは、自分のパソコンにダウンロードして視聴することをお勧めします。)


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

一大イベント:チューリヒ中央駅の《椿姫》ネットで同時中継 [椿姫]

★日本の皆さん、チューリヒ中央駅でくりひろげられる《La traviata》がネットで見られます。不眠症の方、徹夜をいとわない方は、どうぞ! 線路と乗客の間を渡り歩く「椿姫」 (2008/09/29 - 15:26) swissinfo.chの日本語訳が出ました。
♪日本時間:10月1日(水)午前3時5分〜(現地時間9/30(火)20:05〜)ストリーミング


出演:エヴァ・メイ、ヴィットリオ・グリゴーロ、アンジェロ・ベッチャ、カリニャーニ指揮、チューリヒ歌劇場管弦楽団、合唱団

続きを読む


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2007年ローマ、ゼッフィレッリ《椿姫》のドタバタ舞台裏:ゲオルギューの相手役は... [椿姫]

 2007年ミラノ・スカラ座のゲオルギュー主演の《椿姫》のDVDが発売されるそうです。ゲオルギューのヴィオレッタといえば、1994年のショルティ指揮のが有名ですし、スカラ座の《椿姫》といえば、マリア・カラス以来、カラヤン指揮、ゼッフィレッリ演出でフレーニにが挑戦しましたが失敗に終わり、その後、1990年ムーティ指揮、リリアナ・カヴァーニ演出でファブリッツィーニとアラーニャのコンビで上演、これはDVDで発売されています。そして、2007年、同じリリアナ・カヴァーニ演出で、ゲオルギューとヴァルガスの《椿姫》....これがDVDで発売ということです。この公演、アルフレードがヴァルガスからヨナス・カウフマンに代わると言う噂があったんですが、《ジャンニ・スキッキ》の交代劇のように、うまくいかなかったようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェルディ《椿姫》=エディット・ピアフ=シェーファー [椿姫]

 6月にパリで上演された《トラヴィアータ》、エディット・ピアフとテオ・サラヴォに置き変えた演出が話題になったものですが、今シーズンの再演を、フランス在住の助六さんが、ご覧になって感想を寄せて下さいました。こちら→ずーっと下のコメントです。
 《トラヴィアータ》は、音声だけではそれほど興味がないし、シェーファーのヴィオレータは、2003年ベルリンの放送をちらっと聞きましたが、好みではなかったので、初演時の放送もパスしましたが、これは、聞いてみたいと思わせるとても興味をくすぐる内容のコメント、『演出優先の「イタリア・オペラ」ではないユニークな《トラヴィアータ》で、荘重かつ陰鬱な、音楽による感動的悲劇』に仕上がっているそうです。映像で見ないと演出の効果はわかりませんが、とりあえず、音だけでも聴いてみたくなったというわけです。演出に合わせたのかテンポもかなりゆっくりめ、繰り返しの有る無しもあったりで簡単には比較できませんが、一覧表を作ってみました。


Verdi:La Traviata テンポ比較
Atto1
Preludio
Dell'Invito
Brindisi
Che e cio
Un di felice
Ebben?
Si ridesta
E strano
Follie
'07Paris
4'00
5'11
(1)3'35
2'39
4'04
1'32
1'46
7'16
(3)5'20
35'23
'03Barenboim
4'42
4'30
3'15
2'16
3'37
3'22

7'18
4'06
33'06
'77Kleiber
3'34
4'35
(2)2'56
2'18
3'06
1'13
1'38
3'37
(4)4'23
26'20
'62votto
4'13
5'23
3'04
2'26
3'10
1'25
1'47
4'26
(5)4'55
29'49
Atto3
Preludio
Annina ...
Teneste ...
Baccanale
Parigi ...
Ah, non piu ...
Ah, Violetta ...
Prendi, ...


3'58
5'34
7'46
0'51
(6)7'12
5'04
1'54
5'20
37'42

8'17

6'10
4'14
5'48
5'09
6'17

35'54

3'36
3'54
3'59
0'45
(7)4'46
3'00
1'43
3'52
25'35

4'01
4'54
4'40
0'49
5'11
3'48
1'57
4'24
29'44
(※繰り返しがある)
★2007Paris:カンブルラン指揮、シェーファー、カウフマン,ヴァン・ダム
★'03Barenboim:ベルリン国立歌劇場:シェーファー、ヴィリャゾン、ハンプソン
★'77Kleiber:バイエルン:コトルバシュ、ドミンゴ、ミルンズ
★'62votto:ミラノ・スカラ座:スコット、G.ライモンディ、バスティアニーニ
音声ファイル、一緒に歌いたい人は→La Traviata楽譜

乾杯の歌 Brindis

 (1)2007年パリ・オペラ座
 iPad/iPhone用mp3:Sylvain Cambreling指揮:乾杯の歌
 (2)1977年バイエルン
 iPad/iPhone用mp3:クライバー指揮:乾杯の歌

1幕フィナーレ:Follie!Delirio vano.....
 (3)2007年パリ・オペラ座
 Pad/iPhone用mp3:TraviataParis2007:Follie
   (4)1977年バイエルン
 iPad/iPhone用mp3:クライバー指揮:Follie
   (5)1962年ミラノ・スカラ座
 iPad/iPhone用mp3:ヴォットー指揮:Follie

3幕:Parigi,o cara...
 (6)2007年パリ・オペラ座
 iPad/iPhone用mp3:Paris2007:Parigi
 (7)1977年バイエルン
 iPad/iPhone用mp3:クライバー指揮:Parigi

★演出と指揮者(テンポ):
ストレーレルが、テンポについて語ってます
 73年ヴェルサイユ宮殿、次いでガルニエで上演された《フィガロの結婚》は大成功を収めた重要な舞台だが、その裏には私と指揮者ショルティとの意見の対立があり、私は、初日にすでに荷物をまとめて帰ろうとしたくらいだ。.......ショルティはかなり後になって稽古に加わった。私はすでに演出の作業を終えていた。歌手たちとも、完全に打ち合わせを済ませていた。彼は、自分がのけ者にされたと感じたのだろう。注文をつけたり、批判したり、テンポを修正しようとした。オーケストラと歌手に大幅なテンポアップを要求した。歌手たちも最初は戸惑っていたが反発しはじめた。私はショルティに言った。「失礼ですが、マエストロ・ショルティ、.....あなたが指示したテンポでピアノ伴奏者と作業を進めた。今、こうして別のテンポでオーケストラの指揮をされると、演出もなにも台無しになってしまう」と。これを聞いて彼は言った。「心配するなストレーレル君。これは私の仕事だ、君には関係ない」と....(Io, Strehler/高田和文訳)
 初日の劇評は、ストレーレルの演出に軍配が上がったそうですが、オペラでの歌手、指揮者、演出家、その時々の力関係でいろいろあるんでしょうね。

★クリスティーネ・シェーファ Christine Schäfer(1965- フランクフルト):
1995年ザルツブルグで《ルル》を歌い注目される。リートや現代音楽で力量を発揮。イタリアオペラでは、《リゴレット》《トラヴィアータ》《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナ、《フィガロの結婚》のケルビーノを歌っている。ヴィオレータやドンナ・アンナと同時期にケルビーノを歌うという異色の歌手とも言える。

ついでの話:
 《椿姫》と《トスカ》は、必ず満席になる...という人気のオペラですが、残念なことに《椿姫》はバスの出番がありません。もちろん脇役はありますけど...お医者さん。
 しかし、ライモンディは、《トラヴィアータ》のジョルジョ・ジェルモン(アルフレードのパパ)を歌うことになっていたんです。2000年の6月、1992年ローマでの再現《トスカ》の二匹目のドジョウを狙ったパリでの再現《トラヴィアータ》、後日NHKでも放送されました。本当に直前の急病で腰がどうのこうので出演できなくなったんです。本人も残念だったでしょうけど、ファンとしてもほんと悔しい! 代役は、ライモンディと親しいローランド・パネライ、当時76才でしたが、苦境をみかねての出演だったのではないかと思います。
 ヴィオレータは、オーディションで選ばれたエチェリ・クヴァザワ、アルフレードは、ホセ・クーラ、CD、DVDでもリリースされています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

誰でしょうね、この二人は?(オペラ雑誌から) [椿姫]


iPad/iPhone用Mp3
 l'operaというオペラ雑誌を定期購読しています。今月号は、ルッジェーロ・ライモンディ主演のボローニャの《ファルスタッフ》のレビューもあって『センセーショナルな成功』という見出しでした。
 この雑誌はレビューが早いのと写真がいっぱいなのが特徴ですが、最近の傾向として、見たくないような気持ち悪い写真が多いんですよね。つまり、そういう演出のオペラが多いということなんですが、そういうのはおいておいて、今回は、これなに?なんなのさ? という写真を取り上げました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽