So-net無料ブログ作成
アイーダ ブログトップ

《アイーダ》国王&ランフィス;中くらいの役(10) [アイーダ]

バス歌手が歌う、小さい役より、ちょっと大きい、中くらいの役シリーズ第10回。


ヴェルディ作曲《アイーダ》のランフィスと国王も中くらいの役でしょうね。バスの定番、坊主と国王ですが、主役専門の歌手は、早々に歌わなくなります。

※右の写真は1979年ザルツブルグ音楽祭のカラヤン指揮・演出の《アイーダ》、音声ファイルは一幕の最後、ランフィスとラダメスの歌です。

Ankenbrand著-Ruggero Raimondi Mensch und Maskeから《アイーダ》についての抜粋

『グァルディアーノ神父 プロチダ、シルヴァ、パガーノこれらの役はすべてイタリアのバス歌手の定番の役で、長く付き合うことになるだろう。「アイーダ」の国王とランフィスは必ずしもそうではない。ライモンディは、この二つの役を、1979年と1980年のザルツブルクでカラヤンの下で歌った。歌手たちの間のいざこざのうわさが口づてに広がっていたが、彼もこのころのことは思い出したくないようだ。カラヤンは確か、一度彼を、フィリッポを歌わせるために、自家用機でザルツブルクに連れて行ったことがある。それにもかかわらず、モーツァルトの都ザルツブルクの「王様」について尋ねられると、「彼はマエストロのなかのマエストロです」といった決まり文句で上品にかわすのが常だ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
アイーダ ブログトップ