So-net無料ブログ作成
検索選択
アーウィン・シュロット ブログトップ

あらら、シュロットどうしたの?第3弾:和解成立せず法廷闘争へ [アーウィン・シュロット]

★8月13日にローゼンブラット/シュロット合意 (JPG)が発表されました。シュロットは慈善事業に寄付することを承諾し、なぜキャンセルしたかは言ってませんが、謝罪?したようです。やっと自分がバカだったと気づいたということのようですが.....( 2008.8.16追記)
**********************************************
 アーウィン・シュロットErwin Schrott(1972年生 ウルグアイ出身)ロンドン・カドガンホール:6月11日のコンサートのキャンセルの件の新情報が、オペラchicさんのブログに出ました。"He's A Fool"慈善事業に寄付することでの和解を拒否....

『ローゼンブラットが受けた損害を慈善事業に寄付するように申し出たが、シュロットが拒否したため、ローゼンブラットは、告訴することにした。シュロットのコンサートキャンセルは今回で2回目、6月11日のチケットはすでに800枚が売れていて、300枚の払い戻しに応じている。シュロットとは、コンタクトが取れない状態で、キャンセルした理由も未だにわからない。今度のロンドンでの出演は、コヴェントガーデンではなく、法廷になるだろう....』
Ian Rosenblattは、若いアーティストのコンサートを多く主催してる。クーラ、フローレス、2004年にはヴィットリオ・グリゴーロも。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あらら、シュロットどうしたの?第2弾 (アリア集CD発売)★私が魅力を感じるオペラ歌手 [アーウィン・シュロット]

 このところ、いろいろ不義理を重ねているアーウィン・シュロットErwin Schrott(1972年生 ウルグアイ出身)、最近では、5月末ナポリの《ロンバルディ》と6月11日のロンドン・カドガンホールのキャンセル、こちらは、主催者側が告訴!と息巻いてましたし、《ロンバルディ》はまたルッジェーロ・ライモンディがカバーしたわけです。
 今は、ザルツブルグの音楽祭でレポレッロをやっているようですが、まるまる2ヶ月どうしていたんでしょう。今後の予定など、彼のファンが運営しているホームページをチェックしようとしたら、なんと彼自身のホームページができてるではないですか。右の写真をクリックするとリンクしていますが、突然くらぁ〜い歌声が聞こえます.....どうやらDECCAからアリア集をリリースする(した)らしく、DECCAが主体で作成しているホームページだと思います。なんだ、こんなことやってたの....(実際に録音をいつしたかは知りませんけど)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シュロット契約違反で告訴★☆ナポリの《ロンバルディ》もキャンセル! [アーウィン・シュロット]

 アーウィン・シュロット(Erwin Schrott)が、ローゼンブラット・リサイタル・シリーズ(ロンドン・カドガンホール)の出演(6月11日)をキャンセルしたので、契約違反で告訴したと主催者から発表(告訴記事は左の写真をクリック)がありました。
 要は、リサイタルをキャンセルしたのが、はじめてではなく2回目で、主催者として納得できる理由でのキャンセルではないので、告訴に踏み切った....ということですが、どういう理由で出演できないと言ってきたのかもわかりませんし(裁判が控えているので言えない?)、ネトレプコの名前を出すくらいなら、そのくらい書けばいいのに、長い割には内容のない発表だと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

★ROH出演中のシュロットに突撃〜 ☆ケテルセンがレポレッロ〜玉突き型 [アーウィン・シュロット]

 R.ライモンディの近況ですが、チューリヒの「玉突き型キャスト変更」で出演を余儀なくされた《アルジェのイタリア女》も無事終了、13日からはボローニャで《ファルスタッフ》、11日のゲネプロも好評のうちに終ったそうです。
 さて、「玉突き型キャスト変更」の張本人アーウィン・シュロットは、現在、ロンドンのコヴェントガーデンで、《ドン・ジョヴァンニ》に出演中。シュロットのキャンセルで、迷惑を被ったライモンディのファン代表が、イギリス人なんですけど、シュロットの《ドン・ジョヴァンニ》を見に行くから、その時、本人から理由を聞きます! と宣言していたのですが、その報告がありました。
 今回の急な変更は、ライモンディ自身、実際にスケジュール的に無理な面がありましたし、新演出ですし、10年近くムスターファを歌っていないので本当は断りたかったが、断れなかった.....ということも漏れ伝わってきていますし、ライモンディの《ファウスト》を楽しみにしていた人たちは、シュロットめ! ....ということだったんです。シュロットは、ライモンディのファンの間では、共演もしていますし、好感もたれているんですけどね。
 土曜日のゲネプロ後、シュロットを楽屋口でつかまえて尋ねたということですが、シュロットもびっくりだったでしょうね。


アーウィン・シュロット談:
 《アルジェのイタリア女》のムスターファの勉強をはじめた時に、今まで、歌ったことがない役なんですど、声楽的には、自分の声に非常にピッタリでしたが、なんていうかキャラクター的に、しっくりこなくて、役柄に入り込めなくて....今は、この役をやらないこと決めました。 それで、去年の12月に、劇場側に、そのことを伝えました。代わりの歌手を探す時間は充分あったはずですが、劇場側は、私の考えが変わることを期待していたのか、土壇場までなにもしなかったのかもしれません。(結果的にライモンディに迷惑をかけたことを申し訳なく思っている様子だったそうです)
 ということで、シュロットのキャンセルの理由は、オペラに真摯に取り組んでいるからこそでしょう。何をいつ歌うかということは、とても重要なことですから、その時期が来るまで歌わないということも必要だと思います。私も、ムスターファは、もっと先でいい役だと思いますし。劇場側は、シュロットの決心が変わらなかったので、あわてて、ライモンディに泣きついたということなんでしょうね。悪いのは劇場側ということにケッテェ〜イ! しかし、カルロ・レポーレ(ダブルでムスターファを歌った)が全公演歌うということにすれば、簡単なことなのに、と思いますが、それでは観客が納得しないので、オオモノに出演してもらって、劇場側の誠意を見せるという作戦なんでしょうか。
シュロットのドン・ジョヴァンニは、とてもよかったそうです。レポレッロのカイル・ケテルセンも...ありゃ、カイル・ケテルセンって...おやおやサンタフェの...オペラの世界って狭いですね。
 これもやっぱり、「玉突き型キャスト変更」ですね。当初のレポレッロは、ジョナサン・レマル(Jonathan Lemalu)でしたが、いつのまにかカイル・ケテルセンに変更、ケテルセンはサンタフェ音楽祭出演をキャンセルしたため、ヴァランシエンヌさんが応援しているヴィノグラドフにお仕事が入って、めでたし、めでたしということになったわけですね。普通に考えれば、ジョナサン・レマルの代役をヴィノグラドフにすれば、玉突きにならないのに....と思いますけど、まあ、いろいろあるんでしょうね。
関連記事:
チューリヒ歌劇場HP進化!《アルジェのイタリア女》初日キャンセル
あらら、シュロットどうしたの?
アーウィン・シュロットのインタビュー
オペラ歌手のキャンセルいろいろ

ライモンディの写真:チューリヒの《アルジェのイタリア女》の初日はキャンセルしましたが、2007年4月24日の写真が出ました。漫画チックなメイクと衣裳ですね。クリックするとほんの少し大きくなります。


nice!(0)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

あらら、シュロットどうしたの? [アーウィン・シュロット]

 これだから、オペラって......
 理由はわかりませんが、4月〜5月のチューリッヒの《ファウスト》のメフィストが、ライモンディからロベルト・スカンディウッツィ《アルジェのイタリア女》のムスターファが、アーウィン・シュロットからライモンディになりました。
 と、まあ、こういうことなんですが、ヨーロッパのファンの方達は、すでにチケットを手配済み、あららぁ、のようです。シュロットは、どうやら、《アルジェのイタリア女》のムスターファはロールデビューだったようですので、シュロットのファンは、特にがっかりでしょうね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
アーウィン・シュロット ブログトップ