So-net無料ブログ作成

ドミンゴが後継者を「指名」?? [オペラ歌手]

12月14日 朝日新聞夕刊コラムから
ドミンゴが、ワシントン市内で講演し、後継者の候補に、クーラ、アラーニャ、リチートラの三人を挙げた。いずれも若手実力者として知られるって??????

これって、ほんとうにそんなことをドミンゴが言ったのでしょうか。
後継者の候補ってなんなの?!
リチートラはともかく、クーラもアラーニャも、今更、若手実力者って言われてもねぇ。
クーラの場合は、クーラ叩きが少し減ることが期待できるかしら。

(写真)ホセ・クーラ、ロベルト・アラーニャ

HPの更新記録:
日記を更新 これが"wobble"なんだ!


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 8

euridice

へ〜〜そんな記事があったのですかあ?

功なり名を遂げた歌手、「後継者」が欲しいものらしいし、
外野も「我らが歌手」の「後継者」確定に熱心になるもののようですね・・・

クーラの初めて(たぶん)のアリア集、もう手元にないので確認できないんですが、ドミンゴが協力、オーケストラの指揮も?してたような気がします。
リブレットには「後継者」みたいな記述もあったかも・・
思うに、ズット前から「後継者」と目している、あるいは、目されているのは
クーラじゃないの?・・・
彼、世間の思惑通りの行動をしないもので、「クーラ叩き」に励む外野が多いのかも〜〜なんて、
どうでもいけど、外野の外野の考察でした^^;
by euridice (2004-12-15 06:25) 

keyaki

どうせ紙面の穴埋め用に、ネットからひっぱってきたお手軽いい加減記事とみましたね。

しかし、「指名」とはねぇ、
ドミンゴは、オペラ界のドンか?ゴッドファーザーか?はたまた家元か?l
ほんとうにそんなことを言ったとしたら、僭越じゃーーーん。

指名された、三人も、大きなお世話、ありがた迷惑でしょ。

どうでもいいけど、自分で取材した記事を書いてよね。
by keyaki (2004-12-15 21:49) 

euridice

大学生のレポートにもネット記事丸写しってのがけっこうあるそうだけど、
大新聞のエリート記者さんたちにもネット記事翻訳(誤訳も?)のお手軽記事が横行してるようですものね〜〜 ちょっと前にもあったわね。デボラ・ボイトの・・・
by euridice (2004-12-15 23:10) 

りょー

こんにちは
欅さん、情報ありがとうございます。そんな記事がでてたんですね。

>クーラの初めて(たぶん)のアリア集、もう手元にないので確認できないんですが、ドミンゴが協力、オーケストラの指揮も?してたような気がします。

プッチーニアリア集ですね?たしかにドミンゴ指揮で歌ってますね。それに、ホセが優勝して活躍の場を広げるきっかけになった声楽コンクールは確かドミンゴ主催のコンクールだったようです。なんだかんだいって繋がりはあるとは思うのですが・・・・

>彼、世間の思惑通りの行動をしないもので、「クーラ叩き」に励む外野が多いのかも〜〜なんて、

ううう、いいこと仰いますね~!その通りだと思います。期待通りの操り人形にならないから、ですよね。それと幾らかのやっかみと。

>ドミンゴは、オペラ界のドンか?ゴッドファーザーか?はたまた家元か?l
ほんとうにそんなことを言ったとしたら、僭越じゃーーーん。

ほんとほんと、です(←←そういう私も僭越かもしれませんけど^^;)

お邪魔しました。また来ます。
by りょー (2004-12-16 06:28) 

keyaki

りょーさん、いらっしゃいませ。

夕刊の世界の鼓動、ぴーぷるというコラムです。
気になるでしょうから、全文ご紹介。

世界的テノール
若手の3人を後継に「指名」
 3大テノールの一人で米ワシントン・オペラの監督も務めるプラシド・ドミンゴさん(63)がワシントン市内で講演し、後継者の候補にホセ・クーラ、ロベルト・アラーニャ、サルバトーレ・リチートラの3人を挙げた。いずれも若手の実力者として知られる。
 全盛期の圧倒的なつやは衰えつつあるが、いまも米メトロポリタン、ミラノ・スカラ座、ウィーン、英ロイヤル・オペラの4代オペラハウスに常連として登場する。
 「聴衆とふれあう生でこそオペラだからね」
 出演を減らしてインターネットやDVDで成功しようとする最近の風潮には「録音会社の売り上げ促進のために歌うポップ歌手みたいだ」と苦言も。70歳での歌手引退を公言しているが、指揮者としても活躍し、まだまだ若手には負けられないとの自負ものぞく。
「彼らは十分にスターだが、さらにのし上がれるかは聴衆次第だ」
(石合力)

突っ込みどころ満載の記事ですなぁ。
>出演を減らしてインターネットやDVDで成功しようとする最近の風潮には
そんな歌手っておもいつきませんねぇ。
それにリリースされるDVDは、ほとんどドミンゴさんのでしょう。

クーラとアラーニャは同年代だし、ポスト3代テノールとかいわれてたりするので、いいとしても、リチートラは"十分にスター"とはいえないとおもうわ。
クーラ、アラーニャ、アルバレスのほうが、しっくりきますね。
それぞれ個性的で、スター性も十分でしょう。
by keyaki (2004-12-16 20:14) 

オクタヴィアン

確か、むか~しのインタビューでドミンゴ自身が、
“老後のために” レコーディングをたくさんしてるんだっていうようなこと
言っていたのを読んだことがあるように記憶してるんですが... ^^;

出演を減らしてレパートリーを守るということも、息の長い歌手生活を
続けるためには必要なことだとも思います。
by オクタヴィアン (2004-12-16 23:17) 

りょー

全文掲載ありがとうございますφ(..)メモメモ

老後のために、レコーディングをたくさん・・・。だから、今、やたらたくさん映像
が発売されるんでしょうか。
それにもちろん、生で見られたらそれに越したことはないけど、そうそう見に行かれるものじゃないですもん、それに、本当にいろんな意味で質の高い公演を見たかったらやっぱり海外に行きたくなりますもん。そうなるとやっぱり、映像を出してくれないと、庶民にはきつ過ぎます・・・。ぶちぶち・・・・。

しかし、ほんとにドミさんがこんなこと言ったのかな~・・・???
っていうか、この文のタイトルが誤解を招きますよね。

クーラ、アラーニャ、アルヴァレス、私もこっちのほうがいいな~(^^)
by りょー (2004-12-16 23:57) 

euridice

新聞に限らず、職業的物書きさんたち、喋り屋さんたちの発言は、虚実混合、いい加減と思ってます。意図的にやっているのか、単なる無恥か無知かずぼらかわかりませんけど^^;自分の発言、記述がどう聞かれるのか、どう読まれるか意識してるのか、していないのか。責任があると思っているのかいないのか。どっちにしても、受け手はコケにされてるわけで、不愉快(○`ε´○)
by euridice (2004-12-17 08:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0