So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

《ブラザー・サン シスター・ムーン》 おや!ライモンディが.... [RRのTV・ラジオ・映画出演]

edcさんの記事で素晴しいスライドショーが見られます。2005-05-07に書いた記事ですが、ちょっと書き直しました。(2009.3.19)

 フランコ・ゼッフィレッリ監督の映画《ブラザー・サン シスター・ムーン》、若き日のアッシジの聖フランチェスコと聖キアラを描いた映画で、ウンブリアとかトスカナの中世の町と美しい田園風景、そしてドノバンの優しく語りかけるような歌が印象的です。
 この映画、ゼッフィレッリ監督の作品の中では一番好きで、何度も見ていましたが、気づきませんでした。ライモンディが出ているなんて.....
 発見した経緯は、ネットを散策していて、ライモンディの今までの公演とか、出演映画を紹介しているフランスのサイトを発見。目新しい情報はないなぁ、フランス語わからないけど、ええぇええ???
★Fratello sole, sorella luna, rèal. Franco Zefirelli, 1972
 これって、「ブラザーサン シスタームーン」、映画館でも見たし、テレビやLDでも見ている・・・・でも、オペラに全く興味がない頃で、もちろんライモンディなんか知らなかった・・・・さっそくチェック! 座っているだけですけど、やっぱり存在感ありますねぇ。フランチェスコが、教皇に謁見する場面で、ずらーーと身分の高い方々が並んでいますが、その中の一人です。手前から3人目の紫の衣裳がライモンディ、出演とはいえない出てるだけ.....すでに若手オペラ歌手として注目され、ひっぱりだこ状態でしたので、多分、ゼッフィレッリに頼まれたからではないかと思います。
この映画のロケは、アッシジの他にサン・ジミニャーノグッビオ、ローマ法王謁見の場は、シチリア島パレルモ近郊のモンレアーレのドゥオーモ(11世紀)。
 モンレアーレの司教は、映画の内容に感激し、無条件でその豪華な教会を使わせてくれた。この寛大な強力のお返しに、私はイタリア最高の修復専門家を呼び、西欧で最も美しいモザイクに元通りの輝きと色彩を甦らせた。ーゼッフィレッリ自伝よりー
(ということは、私が見学した時は、ゼッフィレッリが修復した直後ということになりますよ。)
 このモンレアーレの大聖堂の場面にライモンディが出ているわけですが、売り出し中で世界の劇場からお声がかかっているライモンディが、わざわざ数分の出演のためにシチリアまで行ったのかしらと思いましたが、1971年にCatania(シチリア)で、『清教徒』に出演しています。この映画の撮影は1971年のようですから、ゼッフィレッリに座ってるだけでいいから出てくれないかなぁーーなんて頼まれたかもしれませんね。その他大勢ですが、アップもあります。
 オペラ歌手は、日本で言えば歌舞伎役者のようなもので、こういう衣裳も着慣れているので、ゼッフィレッリが頼んだんでしょうか。他にもオペラ歌手が座っているのかもしれません。隣に座っているのが、ジュセッペ・タッデイのような感じもしますけど......どうなんでしょう..... ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]

 昔、昔のアルバムを整理していて気づきましたが、これって、映画で使っていた、塔(San Gimignano)だと思います。フランチェスコが、雀を追いかけて、このベランダから屋根に降りるシーンがあるんですよ。

ついでの話:
「ゼッフィレッリの自伝」によれば、若き日のアル・パチーノもフランチェスコ役のオーディションを受けたそうです。一目見てイタリア的な容貌と人を惹き付ける魅力をそなえ、彼なら聖者を演じられると思ったそうです。スクリーンテストまでしたそうですが、当時は舞台的な演技をカメラの前で抑える方法を学んでいなかったのであきらめたそうです。その後、彼は、「ゴッドファーザー」に出演してスターになりましたが、なんとその時のスクリーンテストのフィルムをコッポラ監督に見せるように手配したのはゼッフィレッリだそうです。
nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 9

なつ

なんと!ライモンディが出ていたんですか!?
今度ビデオ借りて確認してみます。
私は、映画監督としてのゼフィレッリは苦手なんですが、『ロミオとジュリエット』と『ブラザー・サン・シスター・ム^ン』は大好きです。
ローマ法皇は、確かアレック・ギネスでしたよね。あの謁見のシーンは、シチリアのモンレアーレ大聖堂だったのですか…。

ところで、keyakiさんはこの映画のイタリア語版をごらんになったことはありますか?
私は一度ビデオで見たことがあるのですが、主題歌が"Fratello sole, sorella luna♪"とイタリア語の歌詞になっていて、それがすごくよかったんです。
by なつ (2005-05-07 15:30) 

euridice

この映画の二つの主題歌、大好きです。私は英語版しか見たことがありませんが、イタリア語のも同じ歌手が歌っているのかしら?
by euridice (2005-05-07 21:26) 

keyaki

なつさん、ぜひ、確認して下さい。
今の映画は、スタッフに至るまで、全関係者の名前が出るじゃないですか、これっていつ頃からそうなったんでしょうねぇ。
『ブラザー・サン・シスター・ムーン』は、ちょっとしかでないので、名前は出ないのですが、間違いなくライモンディなんですヨ。
そう、有名なのはアレック・ギネスだけで、あとは新人ですよね。

イタリアから取り寄せるとイタリア語版なんでしょうか。
俳優さんはどっちで演技しているのかしら?

そうそう、この脚本もなつさんのブログで話題になっていたスーゾ・チェッキ・ダミーコさんですね。
by keyaki (2005-05-07 23:14) 

なつ

イタリア語版のビデオは、シエナの語学校に通っているときにビデオ上映会で見たものです。ということは、イタリアでビデオを買えば、よいわけですね。。。

イタリア語主題歌は、声を聴くかぎりは、英語版と同じくシンガーソングライターのドノヴァンが歌っているのだと思いました。ほんとにこれ聴くだけでも、イタリア語版ほしいです~(でも、ユーロ導入以来、郵送料があまりに高くなったので、ネットで買うの控えています)

俳優はどちらで演じているんでしょうねー。国際的な配役の時、特に気になりますね。

スーゾ・チェッキ・ダミーコさんは、ほんとうに偉大な方です!ネオレアリズモ時代から、一昨年、公開された新作の『ふたりのトスカーナ』まで書き続けているのですから…。
by なつ (2005-05-07 23:42) 

keyaki

>俳優はどちらで演じているんでしょうねー。国際的な配役の時、特に気になりますね。

「ブラザー・サン シスター・ムーン」は、主要キャストはイギリス人のようですから、英語なんでしょうね。
でもイタリア国内では、映画は全部イタリア語に吹き替えなんで、イタリア国内用はイタリア語で、
日本の場合は、アメリカ経由で入ってくるので、英語になっているということかな。
出演者がほとんどイタリア人なのに英語の場合がけっこうあって、なんでなの!ということもありますね。

調べましたら、
挿入歌3曲はイタリア語版は、クラウディオ・バリオーニが歌っています。
Claudio Baglioni :Fratello sole sorella luna, Preghiera semplice, Canzone di San Damiano.(日本で公開された映画は英語版のため、Donovanが歌う)
by keyaki (2005-05-08 01:09) 

なつ

ありがとうございました <(_ _)>
声が似ているように感じたので、てっきりドノヴァンがイタリア語も歌ッっているのだと思い込んでいました。

>出演者がほとんどイタリア人なのに英語の場合がけっこうあって、なんでなの!ということもありますね。

BSの映画放送でも時々ありますねー。
一番違和感があったのは、英語のフェリーニの「カビリアの夜」でした。
by なつ (2005-05-08 22:46) 

euridice

keyaki さん
リンクとTB、ありがとうございます。私もTBしましたので、よろしく。

>挿入歌
この映画、これが好きです。
スライドショーには、イタリア語のブラザー・サン・シスター・ムーンもつけちゃいました。言語による雰囲気の違いがおもしろいです。
by euridice (2009-03-20 07:40) 

cnz27hiro

初めて(2018年1月21日)このブログを見ました。以前のことなので、今されになりますが、
私のブログ(https://blogs.yahoo.co.jp/cnz27hrio/15523689.html)でクラウディオ・バリオーニの「ブラザー・サン・シスター・ムーン」のことも紹介しておでりますので、宜しければご覧ください。
by cnz27hiro (2018-01-21 14:36) 

keyaki

cnz27hiroさん
コメントありがとうございます。
オペラにはまる前は、カンツォーネ大好きでよく聞いていました。
最近の歌手はよく知らないのですが、クラウディオ・バリオーニくらいまでかな。
最近のイタリアのテレビでは、マッシモ・ラニエリとかよく出ていますね。

cnz27hiroさんの記事、拝見させて頂きますね。

by keyaki (2018-01-22 15:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2