So-net無料ブログ作成

オペラ歌手の年間の公演回数はどのくらいが妥当か? [オペラ歌手]

2005.6.24のインタビューで、R・ライモンディは年間の公演数は35公演におさえている・・・と言っています。
数年前のインタビューでは50公演以上はやらないという風に言っていました。
そこで昨年の公演回数をチェックしてみました。

1月7公演スカルピア/トスカ新演出(マドリード)デッシー
2月3公演ドン・アルフォンソ/Così 新演出(フェッラーラ他)
3・4月4公演メフィスト/ファウスト新演出(ナポリ)M. アルバレス
5・6・7月8公演プロチダ/シチリアの晩鐘新演出(チューリッヒ)ヌッチ
7・8月2公演リサイタルPerpignan,Perelada
7・8月4公演悪漢4役/ホフマン物語新演出(マチェラータ)
9月3公演オテロ/イヤーゴ再演(チューリッヒ)クーラ 予定外代役
9月1公演フェニーチェ座ガラコン "Una Vita nella Musica"受賞ガラ
10月2公演スカルピア/トスカ 〈テルアビブ)コンサート形式
12月1公演コンサート 〈モンテカルロ)Sacred Music Festival
12月6公演ドン・パスクアーレ新演出(ボローニャ)
オペラ公演:計35公演 (風邪で1公演キャンセルしたので実際には34公演)
オペラ舞台以外:6公演
   ...............................................................................
オテロを除いて全部新演出というのがすごいですね。新演出の場合は、3週間位前からリハーサルに入るようですから、けっこう忙しいですね。
今年は、すでに24公演歌っています。7月からコジのドン・アルフォンソ等24公演が予定に入っています。35公演超えますが、ドン・アルフォンソはずーっとやりたかった役ですから、いつもは2ヶ月くらいは夏休みをとっていますが、それも返上のようですね。

インタビュー記事から:(60才の時のインタビュー)
ーしかし、このドラマティック(スカルピア)な役は、また、声的にも非常にやりがいがありますね。歌手として、この役を頻繁に歌い過ぎると、足元をすくわれるのではないですか。

RR:実際声を最大限に使うようにみえる、こういう物凄くドラマティックな役には当然非常に注意深くしています。しばしば大音響のオーケストラを超えて、歌わなくてはなりません。しかし、私は今は、何を、何処で、何度、誰と共に歌うかを条件として要求できます。きょうスカルピアを歌ったら、その後、2日間、完全に歌わない、完璧な平和が必要です。それに、三日に一度以上は決して歌わないという原則を常に守っています。現在は、一年に50公演以上は歌いません。要するに私は、舞台外での自分の生活も好きです。

ー演技者として、家族とキャリアは、しばしば対立します。そして、一方は妥協せざるをえません。あなたの同僚の多くはこのことについて不満をもっています。

RR:私にとって、家族生活は逃げ場です。家族生活から、力を得ます。楽園ではありませんが、非現実世界に生きている劇場から出るとき、私にとって良き現実です。上演のあと、私はいわば大地に足をつけなければならないのです。家族は私に、普通であることの安定を与えてくれます。それがなかったら、オペラの架空の国の空たかく永遠に飛び続けながら、だめになることなく生き延びることはできなかっただろうと思います。

※参考:RRのスケジュール


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

Sardanapalus

こちらからもTBさせていただきました~。

>物凄くドラマティックな役には当然非常に注意深くしています
若いうちに、自分の声の状態を知らずにこういった役で無理を重ねると、折角の才能も駄目になってしまうんでしょうね。キーンリーサイドも、「リゴレットももちろんやりたいけど、今はまだ時期じゃない」ということを言っています。実際、彼がヴェルディのオペラに出るようになったのは、声が重たくなってきたここ2年くらいなんですよ。バリトンやバスの低音域の歌手はちゃんと管理して歌えば息が長いので、皆さんちゃんとコントロールして、ライモンディのように長い間活躍していただきたいものです。
by Sardanapalus (2005-06-27 04:02) 

euridice

keyakiさん、コメント&TB、ありがとうございます。きょうも関連記事を載せましたので、よろしかったらのぞいてください。その記事、TBしました。

RR はもう大御所ですからね、スケジュール調整は思いのままでしょう。でも、ここまで来るには、ジレンマに陥ったこともあるでしょう・・ 普通の仕事でも、ありすぎるか、なさすぎるかのどっちかってことのほうが多いですね。ちょうどいいなんてなかなか・・
by euridice (2005-06-27 07:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2