So-net無料ブログ作成

チューリッヒの《ドン・パスクァーレ》TV収録 [ドン・パスクアーレ]

追記) エェーー!本日、某BBSで、フローレスは30日も出演せず、TV収録もなかったという記載がありました。チューリヒ歌劇場のサイトでは、記載が、見方によってバラバラですが、フローレスは5日も 歌う予定になっているようですから、30日もキャンセルでTV収録も中止ということなのでしょうか。残念です。(2006.1.3)

心配していたフローレスですが、30日の公演に出演できたようです。TV収録予定の公演ですから、もしかしたら、日本でもBSかCSで見られる可能性がありますね。
ドニゼッティの《ドン・パスクァーレ》は、ヴェルディの《ファルスタッフ》が出現するまでは、イタリア三大喜劇、《セビリアの理髪師》《愛の妙薬》《ドン・パスクァーレ》の一つとして人気が高かったそうです。どちらも策略にひっかかってしまう気の毒な?老人が主役で、内容的にも似ています。ファルスタッフは金欠病で、ドン・パスクァーレは大金持ちの老人ですけど、、。
今回のチューリッヒの公演は、オペラ通の方々の集う有名なBBSの常連の方とか、フローレスファンでブログを開設している方とかチューリッヒにかけつけていらっしゃるようですので、来年早々にでもレポートして下さるのではないかと期待しています。
ライモンディの公演記録を眺めていますと、《ドン・パスクァーレ》をレパートリーに加えたのが1997年、その後、毎年のように歌っています。彼が、歌い始めた頃から、各劇場での公演も目立つようになっているような気がしますが、どうなんでしょうね。

※右上写真:バス(ドン・パスクァーレ)とバリトン(マラテスタ)の早口二重唱
バリトンは、オリヴァー・ヴィドマー(Oliver Widmer 1965-スイス)

(チェチリア・バルトリのボーイフレンド??という噂ですが今もかどうかはしりません)
DVD化されたライモンディとバルトリの《イタリアのトルコ人》にも詩人の役で出演

※関連記事:
2005.7.10 記事:もしかしたら「ドン・パスクァーレ」が(公演記録表)
2004.12.11 記事:ドン・パスクアーレ


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 6

最後の間はいったい何が起きてるんですか?観客が大爆笑でしたね。楽しいファイルを聴かせて下さってありがとうございます♪ほんっとに見事な早口ですね~(笑)
by (2005-12-31 14:41) 

Orfeo

keyakiさん、今年はいろいろとお世話になり、大変ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
by Orfeo (2005-12-31 18:17) 

keyaki

りょーさん、なにしてるんでしょうね、ほんと早く映像で見たいものです。
いつのまにか新年になってますね。
今年もよろしくお願いします。
by keyaki (2006-01-01 01:38) 

keyaki

Orfeoさん、こちらこそ楽しませて頂いてます。
バタバタしていたら、2006年になってますね。
今年もよろしくお願いします。
by keyaki (2006-01-01 01:39) 

Sardanapalus

あけましておめでとうございます。新年初コメントです。今年もよろしくお願いしますね~。

>フローレスは30日も出演せず、TV収録もなかった
ええ~!?そうなんですかぁ?チューリッヒはあのサイト見辛いですから良く分からないですけど、でも27日(初日)のページには+TVマークがついてますから、もしかしたらフローレス無しの映像が出るかもしれませんね。非常に残念ですけど、アップしていただいたアリアのように可笑しいシーンが満載なんだったら映像になるだけで嬉しいです。それがDVDになるかどうか分からないのが難ですけど(^_^;)
http://www.opernhaus.ch/d/spielplan/spielplan_detail.php?vorstellID=10315052
by Sardanapalus (2006-01-03 18:57) 

keyaki

Sardanapalus さん、今年もよろしく〜

>27日(初日)のページには+TVマーク
そうなんですよ。それでさっきまた見に行ったら、30日と2日の+TVマーク復活してました、、?? ちょっと望みが、、、ね。
で、フローレス君の舞台写真も出ました!
by keyaki (2006-01-04 11:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0