So-net無料ブログ作成

ローマの音楽公園Sala Sinopoliでチャリティーコンサート [コンサート]

マドリードの「愛の妙薬」連日客の入りも上々のようです。楽日は、28日ですが、その後、4月のボローニャ歌劇場での《トスカ》までスケジュールが開いていますが、3月4日、ローマの音楽公園内の中ホール、サラ・シノーポリで《ダウン症児支援のためのコンサート"Concerto di gala in favore dei bambini down "》に出演することになったようです。ピアノ伴奏は、レオーネ・マジエラ氏。

 ライモンディファンには、周知のことですが、末っ子(4男)のロドリゴ君は、ダウン症候群です。そういうこともあり、チャリティーコンサートを開いたりして基金集めに協力しています。今回はイタリアダウン症協会、モナコ大使館とローマ市共催のようです。(ライモンディはモナコ在住)
 ダウン症候群といえば、一昔前までは、先天性心疾患など合併症も多くあるため、非常に短命といわれてきましたが、最近では医療の発達に伴い、長生きできるようになってきています。社会で普通に働いているケースも多いようです。発育が遅い事で、能力主義の昨今、厳しい状況にあることは間違いありませんが、ダウン症児は一般に明るくてやさしく、人なつっこい性格と言われているように、純粋で人間のいい面だけを持ち合わせているかのような感さえ受けます。
 ライモンディ自身も、最初はどう接してよいかわからず戸惑ったそうですが、ロドリゴ君の成長をみるにつけ、その純粋さにはいつも驚かされるそうです。休暇には、スキーに行ったり、海に行ったり、一緒に過ごすようにしているとか、、。

ついでの話:《音楽公園 Auditorium Parco della Musica》について
1960年に行われたローマ・オリンピックの会場となった地域に建てられた、《音楽公園 Auditorium Parco della Musica》には、大中小のコンサートホールがあり、今回のチャリティーコンサートは中ホールのSala Sinopoliで開催される。 1995年から世界的に有名な建築家レンツォ・ピアノのプロジェクトで2002年12月に完成。こちらのHP《古都ローマの新たな挑戦 音楽公園/レンゾ・ピアノ》が参考になります。

ついでに映画を紹介:
八日目実際にダウン症候群の俳優パスカル・デュケンヌが出演している。仕事中毒の中年男性とダウン症の青年との心の交流を描いたフランス映画。音楽もとても楽しい。
パスカル・デュケンヌは、1970年ベルギー生まれ。幼稚園では普通教育を受け、小学校から特別学校で学ぶ。少年時代から様々なスポーツ教育、芸術教育を受け、81年以降はベルギー障害者オリンピックに、水泳、走り幅跳び、リレーなどの部門で出場。また85年からは、クレアムという劇団で演劇活動を始め、ベルギー国内や海外で様々な舞台に立っている。


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 7

にぃにぃ

>ライモンディファンには、周知のことですが、末っ子(4男)のロドリゴ君は…
知りませんでした…(**)
チャリティ活動によく参加してるなぁ~と漠然と感じていたんですが、そういう事情もあったんですね。
RRの私生活について、私ほとんど知らないんですが(知りたいとは思うものの)こういうのは”便りがないのは無事な証拠”のようなものだ、と最近思うようになりました。
だって、歌手の私生活が話題になる時って→パヴァロッティしかりレイミーしかり…(_ _)
突き詰めて言えば、そのこと自体はどうでもいいことですが、ファンにとって耐え難いのは、そのとり上げられ方、でしょうね。
by にぃにぃ (2006-02-20 00:51) 

keyaki

にぃにぃさん、お久しぶりです。
おりゃ,知りませんでしたか。私も数年前ネットでフランスの新聞記事を見て知りました。ヨーロッパのファンは皆さんご存知のようです。ロドリゴ君は、もう16か17才くらいだと思います。
>だって、歌手の私生活が話題になる時って→パヴァロッティしかりレイミーしかり…(_ _)
年をとってからの離婚はやめてほしいですね。ご本人は満足なんでしょうけど、なんとなくお気の毒な感じがしますものね。
by keyaki (2006-02-20 02:19) 

retina

keyakiさんお久しぶりです。谷中のものです。マドリッドで見ました。初役とのことですが、なかなか老獪ぶりがよろしかったです。ブログの方にレポート書きましたので、覗いてみてください。
by retina (2006-02-20 16:05) 

keyaki

今朝retinaさんのブログを覗いて、おぉ! お出かけになったんだ、マドリードはいつかなぁ、、なんて思っていました。
早速、読ませていただきました。もう、キャンセルしないで出演するだけでも、、、、嬉しい!ってなもんですが、楽しいレポートありがとうございます。
by keyaki (2006-02-20 16:37) 

おさかな♪

keyakiさんのブログを読むと、何だかライモンディーさんと一緒に過ごしているかのような気分になって、素敵です♪
「愛の妙薬」はアラ&ゲオ夫妻のDVDで思い切り笑わせてもらいました。RRさんも登場したら、トスカとはまた違った名演になりそうですね☆
keyakiさん、お時間のあるときでかまわないのですが、いっこ教えてくださいー。「プラシド・ドミンゴ」さんってどんな人ですか・・・?
カルメンのDVDを観て、演技も歌も上手だなぁ~と思いました。
by おさかな♪ (2006-02-20 19:15) 

keyaki

おさかなさん、nice!ありがとう!
>「プラシド・ドミンゴ」さんってどんな人ですか・・・?
三大テノールの中では、演技派ですね。
あまり個性的でないせいか万人受けするんですね、ドミンゴは。つまり特徴のないのが特徴なぁんちゃって。(笑)
石を投げれば当たる、、というくらいドミンゴのファンは多いのではないかしら。とにかくなんでも歌っちゃうというこだわりのなさが人気の秘訣かな。指揮もしますしね。ワシントン・オペラの芸術監督もやってるし、超人ドミンゴ! なんですよ。
RRさんとも年齢的にも同じくらいですから、共演も多いですよ。

>カルメンのDVD
カルロス・クライバー指揮のですね。私も見ましたけど、これはクライバーが1番かっこいいかな。
by keyaki (2006-02-21 00:06) 

おさかな♪

ありがとうございます・・・♪
by おさかな♪ (2006-02-21 10:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0