So-net無料ブログ作成

モンセラート・カバリエの"Mein Schatzli" [RRと女声歌手]


 モンセラート・カバリエが、ウィーン国立歌劇場の《連隊の娘》にクラーケントルプ公爵夫人役で特別出演して、歌も披露したことを記事にしたところ、TAROさんから、あのスイスの歌、『「シェツリ」はカバリエ得意の曲で、何かのコンサートのライブ録音で(一度ならず)聴いたことがあります。』というコメントをもらいました。
 そこで、さっそく調べてみました。見つけました! このスイスのヨーデルソング"G'Schätzli,"は、カバリエがリサイタルのアンコールでよく歌っていたものと記述がありました。更に、実際にアンコールで歌っているのも見つけましたので、ご紹介します。
 カバリエが、国際的に知られるようになったのは、1965年頃からですが、このリサイタルは1967年10月のものです。リサイタルの内容は、ヘンデル、シューベルト,シュトラウス、ロッシーニ、ドビッシー、モンサルバーチェ、グラナドス、ロドリーゴ、と多種多様。アンコールは、スペインの歌と、 スイスの歌"Mein Schatzli" 、最後に《ボエーム》から"Si, mi chiamano Mimi"となっています。"Mein Schatzli"とミミのアリアを音声ファイルでアップしましたので、前の記事でアップしたVideoClipと新旧共にお楽しみ下さい。このポスターの写真もその当時のものです。美人ですね。
関連記事:
モンセラート・カバリエ:クラーケントルプ公爵夫人って誰?!?


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 11

よく見つけられましたね。Playbillの記事は行く前から見ていたのですが、確かにこの歌でした。さすがに67年とは声の出方が違いましたけれど、それでも年齢を考えたら大したものだと思いました。
by (2007-04-22 20:48) 

TARO

声も写真も素敵ですね。カバリエは有名になる前にスイスで活動してた時期があって、当時のスイスの局の放送録音なんかも若干CDで出てますが、その頃にレパートリーにしたのかもしれませんね。
でもパヴァロッティなんかに対してもそう思うんですが、どうして若い頃の美貌をキープしようと考えないんでしょうね。声で勝負できてる人は、あまり容姿のことは関心が無いんでしょうか??
by TARO (2007-04-22 20:52) 

Lynn

1996年5月、サントリーホールでのリサイタル、アンコールの1曲目がこの歌でした。「長年歌ってきました」というようなことを言っていました。このリサイタルはNHKでも放映されたと記憶しています。

TAROさんもおっしゃっていますが、カバリエは50年代の半ば、バーゼルでミミを歌って、3年間の契約を結ぶことができました。スペイン外でのキャリアの始まりです。彼女のドイツ作品のレパートリー(サロメなど)はこの時代に築かれたものです。
by Lynn (2007-04-23 07:25) 

euridice

>容姿のことは関心が無い
うがった見方かもしれませんが、キリスト教の影響で、深層心理に、潜在的に肉体的な美を厭うところがあるんじゃないですか。たとえばブラームス。すごい美男子だったのを嫌って、わざと醜くみせようとがんばって、ほんとに醜くなっちゃったらしいし・・?!
by euridice (2007-04-23 07:32) 

keyaki

Lynnさん、来日はあまりしてないようですけど、1996年ということは、63歳、みなさん、きっと最後の日本でのコンサートということで、お聴きになったんでしょうね。
カバリエは、バーゼル、ブレーメンで、契約して、それこそ、小さい役から、主役からなんでも歌ったそうですね。なかなか興味深い経歴ですね。
by keyaki (2007-04-23 15:07) 

keyaki

gonさん、TAROさん、
本当に美しい弱音ですよね。
結婚して、子供を生んで太ったか、ドイツ時代にスペインに帰りたくてホームシックになったそうですから、その時に太ったか・・・・
太った歌手の代名詞になっちゃってますけど、普通、あんまり太りすぎると、顔の個性が失われますが、カバリエは、そこが違いますよね。いくら太っても、目鼻立ちだけは美しい。

<euridiceさん
そういうことを気にしないタイプなのは確かでしょうね。
面白いことを言ってましたね、こういう容姿だから、演技をしても滑稽なだけで、それらしく見えないから、とかなんとか。
by keyaki (2007-04-23 15:20) 

TARO

>キリスト教の影響で、深層心理に、潜在的に肉体的な美を厭うところがあるんじゃないですか。

なるほど。これはすごい解釈ですね。
おっしゃるようにブラームスが髭をはやしたのは、美貌がいやだったからと言われてますけど、一度も美男子なるものになったことのない身としては、なんとも贅沢な感情と。。。。
by TARO (2007-04-25 00:58) 

keyaki

TAROさん、深層心理といえば、次の記事にちょっと書きましたが、カバリエは若い頃は、美人でスマートだったので、仕事を餌に言い寄ってくる不届き者がけっこういたそうです。一番いい断り方は、「私は、カトリック信者ですから...」と言えば、たいていの男は引き下がったそうですけど、こういうことって、言われるだけでもいやなことですよね。だから、太って、醜くなれば、そういうことから解放されるという深層心理が働いて、おもいっきり太ってしまった....のかもしれませんね。
by keyaki (2007-04-25 16:35) 

サンフランシスコ人

訂正......サンフランシスコの『ドン・カルロ』にはカバリエが出ませんでした....

http://archive.sfopera.com/reports/rptOpera-id1592.pdfhttp://archive.sfopera.com/reports/rptOpera-id1592.pdf
by サンフランシスコ人 (2018-10-08 04:54) 

サンフランシスコ人

カバリエのサンフランシスコ歌劇場でのリサイタル・コンサートは..

http://archive.sfopera.com/reports/rptOpera-id1772.pdf

http://archive.sfopera.com/reports/rptOpera-id1775.pdf

http://archive.sfopera.com/reports/rptOpera-id1592.pdf
by サンフランシスコ人 (2018-10-13 02:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0