So-net無料ブログ作成

ソプラノの『Eri Nakamura 中村 恵理』さん、ネトレプコの代役でジュリエッタを歌う [オペラ歌手]

★大成功だったそうです。ロンドン在住のロンドンの椿姫さんdognorahさんの鑑賞レポートをリンクさせて頂きました。写真もあります。

★イギリス人のRRの追っかけさんもこの公演をご覧になって、素晴しかった....と知らせて下さいました。リンクできませんので、記事に要約を追記しました。(2009.3.9 )


↑写真をクリック:Oh, quante volte !
※イタリア語字幕を付けてみました
 新国育ちのソプラノの中村恵理さんが、ネトレプコの代役で、3月7日にロンドンのROHで《カプレーティとモンテッキ》のジュリエッタを歌うそうです....というか歌ったようです。なにかとお騒がせのネトレプコですので、一日だけの(多分)キャンセルなのに大騒ぎのようです。中村恵理さんは、私の新国オペラ鑑賞歴にも度々登場するソプラノさんですので備忘録として残しておくことにしました。

 私が、最初に見たのが、2003年《フィガロの結婚》のバルバリーナ、これがオペラ研修所在籍中で新国デビューだったそうですが、同好の方たちの評判は上々で、小さい役ながら目立っていました。その後、2006年《こうもり》のイーダ、《イドメネオ》のイリヤ、2007年《ファルスタッフ》ナンネッタ、そして2007年10月の《フィガロの結婚》ではスザンナでした。この頃には、海外で活躍していたようですが、スザンナに予定されていたラウラ・ジョルダーノの急なキャンセルで、海外から駆けつけてくれました。

 鑑賞記録の記事が《こうもり》からありますので、リンクします。その時の「一言コメント」も転記します。新しい順です。

新国《フィガロの結婚》鑑賞:2007.10.24♪中村 恵理(スザンナ):
かわいらしいスザンナで、とってもよかった....代役に立った中村恵理はとても自然体のスザンナで、素敵でした......
プログラムの紹介には、『新国立劇場オペラ研修所を修了して、世界に羽ばたいている注目のソプラノである。』と書かれていました。

新国《ファルスタッフ》鑑賞:2007.6.19
♪中村 恵理(ナンネッタ):
くるくる巻き毛を付けて、可愛らしいナンネッタを好演していました。

(2006年11〜12月 フィデリオ:マルツェリーネ)

新国《イドメネオ》2006.10.25
■中村恵理(イーリア):
新国では、今までに、バルバリーナ、森の小鳥、《こうもり》のイーダ役を歌っています。今回のイーリアは、今までのチョイ役ではなく、ほとんど出ずっぱりの主要キャストでしたが、日本人歌手にはめずらしく、とても動きがきれいで姿勢がいいので、遠目に見れば、日本人を意識させません。歌も藤村さんにひけをとらないくらい、きっちり歌ってました。アムステルダムのオペラスタジオと正式契約されているそうで、成長の楽しみな歌手さんです。来年1月にボローニャ歌劇場で《ボエーム》のムゼッタを歌うようです。この中村さんですよね。(残念ながらボローニャデビューは、病気でキャンセルになりました)

新国立《こうもり》2006.6.26
■中村恵理(イーダ)
アデーレとイーダが日本人歌手だったので、会話が日本語。ちょっと藤山直美(藤山寛美の娘で女優)のようでしたが、やっぱり大阪出身なんですね。会話を日本語にしたのはいいアイデアだと思いました。

*2009.3.9追記:
ルッジェーロ・ライモンディのファンでイギリス人の方のレポートです。この方は、ライモンディを追っかけて、日本にも何回か来ています。
『"the Young Artists programme"のメンバーである中村恵理がジュリエッタ役の代役でした。「非常に」印象的でした。カーテンコールでの拍手の大きさから他の観客も同様だったと思われます。中村恵理は、ものすごい拍手喝采に圧倒されているようでした。この公演は最高に感動的な公演のひとつとして彼女の記憶にのこることでしょう。これが彼女の輝かしいキャリアの始まりになるように願っていますから、彼女のこれからに注目していきたいと思います。彼女は今年の"The Cardiff Singer of the World cometition"の日本代表の予定です。彼女は東京の新国立劇場に出演していますから、日本のメンバーの方々は新国で彼女を見たことがおありだと思います。
RRにも、キャリアの初期にローマの "Vespri Siciliani" でNicola Rossi-Lemeniの代役を務めたとき、同じことがおこったように、いざというときの有名歌手の代役は、若い歌手にとってすばらしい将来への扉を開けることになることが少なくありません。』
RRのエピソード:いよいよ歌手デビュー(20)スポレート〜ローマ歌劇場へ
 RRのエピソード:オペラ歌手デビュー(21)一か八かのプロチダ
nice!(1)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 15

Sardanapalus

中村さんのジュリエッタは、ロンドン在住のブログ友達の皆さんが口をそろえて大成功だったと述べているほど、素晴らしい歌唱だったようです。カーテンコールはブラボーの嵐だったとか。演技もできる貴重な歌手さんだとおもいますので、今後がますます楽しみですね♪いつか生で体験したいと思います。そのときはやはり主役級の役で聴きたいです(^^)
by Sardanapalus (2009-03-09 01:13) 

tsukune☆彡

おお!
これは嬉しい大ニュースですねっ! (^^)
by tsukune☆彡 (2009-03-09 01:33) 

keyaki

Sardanapalusさん
>ロンドン在住のブログ友達の皆さんが.....素晴らしい歌唱だった
お世辞を言う必要のない歌手さんですから、本当に良かった!ということですね。
嬉しいお知らせありがとうございます。
舞台度胸もあるし、立居振る舞いもなかなかのものですし、かわいらしいですし.....これをきっかけに活躍してほしいですね。

by keyaki (2009-03-09 03:23) 

keyaki

tsukune☆彡さん
ほんと、新国ファンとしては、ちょっと鼻が高いですね。
ロメオのガランチャも新国デビューが先だし、舞台も数年前に日本でデヴィーアとガナッシで上演したのと同じプロダクションみたいだし.....

by keyaki (2009-03-09 03:30) 

euridice

うれしい情報ですね。中村さんの新国出演は多分全部行っていると思います。最初のバルバリーナが強烈でした。演出ということなのでしょうけど、演出を生かすも殺すも歌手次第だと思います。最大限生かせた彼女はやはり並以上の歌手なのだと思います。とりあえず、急きょの代役スザンナだったフィガロの結婚の記事をTBしますので、よろしく。
by euridice (2009-03-10 00:48) 

ロンドンの椿姫

お久し振りです。リンクありがとうございました。
はい、運よくニュースをキャッチしたので、一大事!とばかりコベントガーデンにはせ参じました。
感動的なカーテンコールの様子は、思い出すだけでもドキドキします。

恵理さんはカーディフのコンテストに出場なさるんですね。コベントガーデンで主役までやった人が出るなんて前代未聞では? でもこれに優勝すれば一気に注目を集めるでしょうから、ここが正念場、頑張って頂きたいものです。

まずはカーディフの前にROHの「愛の妙薬」のジャンネッタ役があり、ずっと楽しみにしていたんですよ。
by ロンドンの椿姫 (2009-03-10 05:47) 

keyaki

euridiceさん
私は、フィデリオは初演しか見てないので、これ以外は見ているということですね。
新国は、3週間出演者全員揃ってちゃんとリハーサルをやってますし、主役級は本場で活躍の歌手ですからいい経験になりますよね。
やっぱり、デビュー後、3年〜5年をメドに、主役級歌手になるかならないかが決まるようですね。
今回のチャンスをいかして、更に飛躍して欲しいですね。
by keyaki (2009-03-11 01:03) 

keyaki

ロンドンの椿姫さん
>感動的なカーテンコールの様子は、思い出すだけでもドキドキします
椿姫さんが撮られた写真からも、感動が伝わってきます。

>「愛の妙薬」のジャンネッタ
ジャンネッタもけっこう目立つ役ですから、楽しみですね。

by keyaki (2009-03-11 01:12) 

サンフランシスコ人

「一日だけの(多分)キャンセルなのに大騒ぎのようです。」

もちろんです!

by サンフランシスコ人 (2009-03-11 06:09) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
キャンセル癖のある歌手は、本当に健康面で問題がある場合でも、なにかと憶測されて、騒がれますね。
この公演自体、ネトレプコの都合に合わせているんでしょう、次は、30日だそうです。変なの....
by keyaki (2009-03-11 08:13) 

まま

今日、初めて知らずにいった「愛の媚薬」ROHで中村さんを発見して、びっくり。日本人がROHの準主役級として立つのは、どの位ぶりですか?
最後のカーテンコールでの反響がよくって、日本人としてうれしく思いました。
メゾソプラノの歌手の方と思ったら、ソプラノなのですね? 
by まま (2009-05-24 07:08) 

keyaki

ままさん、嬉しいお知らせありがとうございます。
中村恵理さんのジャンネッタは、ほめているレビューを目にしましたので、おぉ、よかった、やるじゃないの...と思ってました。
こういう役の場合、誰が歌った...と書くだけの場合が多いのですが、印象的なジャンネッタだったということですものね。
彼女は、こういうコミカルな役はとてもうまいですし、舞台度胸もありますし、ジャンネッタはけっこう目立つ役ですし。

>メゾソプラノの歌手の方と思ったら、ソプラノなのですね?
そうです。中村恵理さんはソプラノで、新国育ちなんです。

>ROHの準主役級として立つのは、どの位ぶりですか?
海外で活躍する日本人歌手自体が少ないですから、どうなんでしょうね。
東洋系は、ほとんど韓国と中国ですから......
メゾの藤村実穂子さんは、ROHにも出演していると思いますよ。
by keyaki (2009-05-24 09:19) 

サンフランシスコ人

ネトレプコの椿姫は大悪評

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2009/06/15/DDTC1873M1.DTL&typ

今日のサンフランシスコの新聞によると....

"Gone was the sleek, silvery tone that once coursed with thrilling precision through the most demanding vocal assignments. Gone, too, was the focus on emotional and dramatic detail that brought fresh insights to a range of roles."

by サンフランシスコ人 (2009-06-16 03:00) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
良きにつけ悪しきにつけ話題ふりまきのネトレプコですね。
最近は不調が目立つようですが、3年くらい育児休暇をとってもいいのでは...赤ちゃんの父親は子育てには協力的ではないみたいだし.....

アルフレードのできは更に良くなかったみたいですね。
共演者が良くないと、お互いに相乗効果ではなく足の引っぱり合いみたいになっちゃうんでしょう...お気の毒さまですね。
チャールズ・カストロノーヴォって、若いお兄ちゃんだけどどこの誰よ...と検索したら、私の記事がトップでヒット...(笑

「アメリカ人テノール、チャールズ・カストロノーヴォは、バリトンっぽい男性的な声で素敵だけど高音域に難(欠陥)有り.....だそうです。」
という雑誌の評でした。
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2009-04-22

この赤ちゃん、私のものさしからすると、さらっちゃいたいほど可愛い部類には入らない.....男の子だから、ネトレプコに似てますね。
by keyaki (2009-06-17 09:48) 

サンフランシスコ人

サンフランシス歌劇場のホームページで、ネトレプコの椿姫の動画をダウンロードすることが出来ます。

http://sfopera.com/look.asp

by サンフランシスコ人 (2009-06-18 02:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1