So-net無料ブログ作成

ローマ歌劇場2010開幕公演は《ファルスタッフ》☆★ゼッフィレッリの影響力健在! [オペラの話題]

◎今回のデッシーの出演回数が減らされた(27,30に出演予定だった)ことに抗議して、オペラフォーラムとかブロガーが音頭をとって署名を集めて劇場に抗議していました。結局、デッシーは全公演から撤退、ファビオ・アルミリアートまで降板してしまうという最悪の事態になってしまいましたが、劇場側は、今回に限ってチケットの払い戻しに応じることにしたそうです。"Gli spettatori che intendessero chiedere il rimborso del biglietto acquistato potranno rivolgersi alla Biglietteria del Teatro nei consueti orari di apertura."(2009.12.13)

◎18日からの《椿姫》のキャストの日程が発表されました。ダニエラ・デッシーとファビオ・アルミリアートは、ゼッフィレッリに反発して、手に手をとって降板、デッシーは、来シーズン幕開けの《ファルスタッフ》にも出演しないことに....(2009.12,11)

 やっとローマ歌劇場2010シーズンの概略が発表されました。2009シーズンは、ゼッフィレッリ演出の《椿姫》で12月31日に幕を閉じ、2010年はゼッフィレッリ演出の《ファルスタッフ》で開幕です。ファルスタッフには、ブルゾン、ポンス、R.ライモンディが予定されていて、アリーチェはダニエラ・デッシー、フォード氏は、カルロス・アルバレスで劇場デビューだそうです。

 メトロポリタン歌劇場では、《トスカ》《カルメン》と徐々にゼッフィレッリ演出のものをゼッフィレッリではない演出家の新演出に取り替えているようですが、イタリアではまだまだ健在ぶりをアピールしています。1923年2月12日生まれですから86才.....アレーナ・ディ・ヴェローナではゼッフィレッリが20年前から要求していたマイクの使用を来年から認めることにしたとか....マイクを使用しないのなら、演出をやらないと宣言したそうです。まあこの辺が、ちょっとお年かな....という感じもします。ちなみに来年は、《トゥーランドット》《アイーダ》《蝶々夫人》《カルメン》《トロヴァトーレ》と五つのオペラの演出を引き受けているとか。
 ゼッフィレッリによれば、周囲の環境が昔とは変わってきていて、飛行機は飛ぶわ、車は増えるわ...でうるさいそうです。しかし、歌手側からの要望というわけではないようで、マイク使用に反対、あるいは戸惑っている歌手もいるようですが、ドミンゴは、テクノロジーの必要性を常に訴えいてるということで、賛成なのかな....すでに今年のガラ公演(来年の2月に国際フォーラムで来日公演がある)では、マイクを使用したようですし.....

 さて、ローマ歌劇場、2009年最後の演目《椿姫》は、2007年にゲオルギュー&グリゴーロ&ブルゾンでプレミエだったものの再演ですが、この時も、なかなか歌手のスケジュールが発表されなくて、グリゴーロがいらいらした....という話しを記事にしましたが、また、今回も未だにいつどの歌手が歌うのか発表されていません。
 オペラフォーラムでは、ダニエラ・デッシー(1957.05.14- )の公演数が減らされた(減っている)...と騒いでいます。一旦発表されていたのを引っ込めたのか、その辺の事情は、よく分かりません。少なくとも、シーズン発表の時はヴィオレッタが二人でしたが、今は3人か4人?もいるようですから、デッシーの出演回数が減らされた(る)...ということなんでしょう。また、ゼッフィレッリがデッシーが身体的にヴィオレッタにふさわしくないと言ったとか言わないとか.....デッシーは美人で胸は大きいですけど太ってはいませんから、年齢的なことを言っているんでしょうか.....デヴィーアなんか60過ぎてますが、歌ってますけどね。
 この騒ぎに対して、パートナーでアルフレードを歌うことになっているファビオ・アルミリアートがフォーラムにコメント(あんまり長いので読んでいませんし、多分当たり障りのない事しか書いてないと思う)を寄せています。デッシー本人のホームページでは、最後の2公演に出演することになっています。他のヴィオレッタと比べると、当然デッシーが初日に歌うのが普通だと私も思いますよ。まあ、私も野次馬的に関心があるだけなので、このへんは推測の域を出ませんので、詳しい方がいらっしましたらフォローをお願いします。
 そういえば、ゼッフィレッリは5月に《パリアッチ》の演出もしていますが、シーズン発表では、カニオはファビオ・アルミリアートでしたが、あの巨漢のスチュアート・ニールに変わっています。身体的理由で変えられたのかしら? これも単なる想像ですけど....

 2007年の《椿姫》の時のグリゴーロのインタビューで、いつどの歌手に歌わせるかの決定権は、指揮者のジェルメッティではなく、ゼッフィレッリにあったようですから、今回もそうなんでしょうね。18日が初日なのに劇場のホームページを見る限り、まだ決まってないようです。

 ローマ歌劇場は、カラカラ夏の音楽祭の《カルメン》でも、本人の確約無しにドン・ホセはマルセロ・アルバレスと発表した前歴もありますし、本当にソリストに関してはいい加減な発表が日常茶飯事になっているようです。

 ゼッフィレッリのせいで未だに歌手の日程が決まらないのかどうかは分かりませんが、現時点での歌劇場の発表はどうなっているか......面白いですよ.....ソリストのズラズラと名前が並んでいますが、皆さん分かりますか? 私は、これを眺めて???でしたが、やっと分かりました。普通は、主要キャスト順とか身分の高い順とか歌う順とかですが......こんな書き方は見た事ないですよ。劇場の担当者の苦肉の策かしら。

★ヴェルディ《椿姫》フランコ・ゼッフィレッリ演出、ジェルメッティ指揮、2009年12月18日〜31日9公演
Fabio Armiliato
Anastasia Boldyreva:
Daniela Dessì
Cinzia Forte:
Antonio Gandia:
Mariella Guarnera:
Carlo Guelfi:
Katarina Nikolic :
Myrtò Papatanasiu:
Stefan Pop:
Antonella Rondinone:
Dario Solari:
Mina Yamakazi
(Yamazaki?):
Roberto De Biasio:
アルフレード
メゾなのでフローラ
ヴィオレッタ
ヴィオレッタ
アルフレード
メゾなのでフローラ
パパ・ジェルモン
メゾなのでフローラ
ヴィオレッタ
アルフレード
ヴィオレッタ? アンニーナ 
パパ・ジェルモン
ヴィオレッタ? アンニーナ?
アルフレード(追加)
この順番分かりましたか....そうabc順です。
このリストのソプラノ全員がヴィオレッタだとするとヴィオレッタ5人、テノール全員がアルフレードだとするとアルフレード3人ということになります。

★12月10日に、やっとソリストの日程が発表されました:
ヴィオレッタ:Myrtò Papatanasiu (18, 20, 22, 31) /Cinzia Forte (19, 23, 29) /Mina Yamazaki (27, 30)
アルフレード:Antonio Gandìa (18, 20, 22, 29) /Roberto De Biasio (19, 23, 30) /Stefan Pop (27, 31)
パパ・ジェルモン:Carlo Guelfi (18, 20, 22, 27, 30) /Dario Solari (19, 23, 29, 31)


関連記事:
2007年ローマ、ゼッフィレッリ《椿姫》のドタバタ舞台裏:ゲオルギューの相手役は...
ガランチャ....夫の指揮でカルメン......M.アルバレスはキャンセル
《椿姫》アルフレード:ゲオルギュー+ブルゾン ☆VideoClip☆写真集
□La Traviata _ Cartellone 2009 Stagione _Teatro dell'Opera.pdf/2009.12.5現在
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

Nanako

こっちコメント全然ないのは何故?私は女声にはあまり惹かれないのでDessiがどうなろうと(失礼)いいのですが、なんかラジオで歌わないと言ったらしいじゃないですか?ファルスタッフも。Fabio Armiliatoもnon cantera'書いてあったような。。。どうなるんでしょうローマの椿姫。Mina Yamakaziって去年?だったか韓国でVioletta歌ってた日伊混血のミナ・タスカ・ヤマザキですよね?ビリに書いてあるけどこの人がプリマになったりして、、、。
by Nanako (2009-12-08 23:36) 

keyaki

Nanakoさん
ラジオで本人が歌わないって言ったとすると....どうなってるんでしょう。
どうなっているのかデッシーのホームページを見たら、この記事を書いた時は、27日と30日になっていたのに、今は、「ローマ歌劇場のサイトを参照」になってますよ。劇場は相変わらず歌手の日程は書いてないですし。

>日伊混血のミナ・タスカ・ヤマザキですよね?
そうなんですか...ぜんぜん知りません。山火事なんて書かれてますよ。

>ビリに書いてあるけどこの人がプリマになったりして
ビリに書いてあるのは、姓の頭文字がYだからなんですけど、彼女がプリマはありえないでしょう。
デッシーじゃなければ、多分、Myrtò Papatanasiu ですよ...2007年にも歌ってますし。
by keyaki (2009-12-09 01:13) 

野兎

デッシが色々掲示板に書き込みしていますね。
コメントも深夜にかかわらず結構付いていて面白いです。
by 野兎 (2009-12-11 07:54) 

keyaki

野兎さん
こうなってくると両者とも意地の張り合いで、ファンのことを忘れているのでは....と思っちゃいます。
そもそものことのはじまりがよくわかりません... 野兎さんはご存知ですか?
野兎さん= Nanakoかしら?
by keyaki (2009-12-11 13:24) 

NANAKO

野兎と私は別人ですが同じ屋根の下に住んでいますので、IPアドレスは同じです。野兎は主にマイナーな植物のブログ書いていますが、NanakoHPのレイアウトは野兎がしています。私もことの始まりはよく分かりません。Opera FreeとOperaClick、それとFBのDessi'とArmiliatoの掲示板を見ただけです。一応Dessi'のファン登録してありますがArmiliatoはテノールなのでフラちゃんのファンとしては登録しがたいです。でもファンサイトはファン以外の人にも全て公開だからあまり過激なことは書いてないようですね。
by NANAKO (2009-12-11 15:59) 

サンフランシスコ人

ローマ歌劇場は、十年後どうなるんでしょうか?
by サンフランシスコ人 (2009-12-13 06:58) 

keyaki

NANAKOさん
私のイタリア語読解力では、ことの発端が分かりませんが、プレミエ歌手でなかったことが気に入らなくて全公演キャンセルしたとするとデッシーもファンのことを忘れているような気もします。少なくとも2公演は歌うことになっていたわけですから.....

by keyaki (2009-12-13 10:02) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
10年後も相変わらずかもしれません。ゼッフィレッリは多分もういないでしょうけど。
しかし、歌手と劇場、演出家、指揮者との舞台裏のドロ試合というかゴタゴタは、昔から日常茶飯事なんでしょうが、それが、ほぼリアルタイムで表に筒抜けになってしまう....というのは10年前にはなかったことですね。インターネットでオペラフォーラムとかブロガーが世界に発信してしまいますから。
今回の騒動でも、オペラサイトがネットでオペラファンに呼びかけて、ローマ歌劇場に抗議したようで、その結果、劇場側は、払い戻しに応じるようです。
ゼッフィレッリについては、昔から、自分の演出のイメージに合わない歌手は無視するということは、周知の事実ですし、デッシーもたまたまその対象になったというだけですが、それがネットでリアルタイムで暴露された...というので騒ぎが大きくなっているんでしょうね。劇場側は、どうやらゼッフィレッリに歌手の日程まで任せているようですから、ゼッフィレッリを攻撃するのはどうかな...とも思いますが、デッシーは、ゼッフィレッリに名誉を傷つけられたとかで訴えるようなことを言ってるようです。
by keyaki (2009-12-13 10:06) 

サンフランシスコ人

アメリカの歌劇場は、2年前と全く違って現在財政難です。
by サンフランシスコ人 (2009-12-14 03:29) 

サンフランシスコ人

ダニエラ・デッシーは、サンフランシスコ・オペラに出演。

http://sfopera.com/o/200.asp
by サンフランシスコ人 (2010-01-22 09:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0