So-net無料ブログ作成

新演出《セビリアの理髪師》2009.12.27プレミエ チューリヒ歌劇場 [セビリアの理髪師]

 チューリヒ歌劇場では、27日からニュープロダクションの《セビリアの理髪師》がはじまります。ルッジェーロ・ライモンディはドン・バジリオです。スイスの有名な建築家マリオ・ボッタ(Mario Botta, 1943.4.1 - )が、「舞台」を担当するというのも話題の公演です。
Il barbiere di Siviglia:チューリヒ歌劇場 新演出
 2009年12月27, 30日/2010年1月1,6,8,10,13,15,17,20,22,24日/7月10日 全13公演



Dirigent:Nello Santi
Inszenierung:Cesare Lievi
Bühnenbild:Mario Botta
Kostüme:Marina Luxardo
Lichtgestaltung:Jürgen Hoffmann
Choreinstudierung:Jürg Hämmerli
Orchester der Oper Zürich

ソリスト
Serena Malfi (Rosina)
Rebeca Olvera (Berta)
Javier Camarena (il Conte Almaviva)
Carlos Chausson (Bartolo)
Massimo Cavalletti (Figaro)
Ruggero Raimondi (Basilio)
Davide Fersini (Fiorillo)
Alejandro Lárraga (Offizier)
George Humphreys (Ambrogio)

詳細情報(PDF)

リハーサルの写真からは、どんな演出・舞台なのか皆目見当がつきませんが、伝統的ではないようです。



関連記事:[セビリアの理髪師]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

babyfairy

お久しぶりです。
ライモンディのバジリオも味がありますよね。
この間のROHの理髪師公演も映像化されるので、フローレスにはこれでライモンディとフルラネットと、2人のベテランバス歌手のバジリオと共演したものが残る事になるので、嬉しいです。

フローレスは来年もスカラ座で理髪師公演に出る予定ですが、そちらは演出がポオネルなので、出来ればこれも映像化されれば良いなと思っているんですが、聞いた事の無い名前の人がバジリオになってます。本来なら(昔のスカラ座だったら)、それこそ、ライモンディ等を抜擢すべきなんでしょうけど・・・


by babyfairy (2009-12-25 08:02) 

keyaki

babyfairyさん
ポネルの演出では昔スカラ座で歌ってますし.....でも、脇役にまでギャラの高い人はもって来れないってことかもしれませんね。
チューリヒのは、ヴェテランはライモンディだけですが、きっと舞台が引き締まると思います。変な演出みたいですが、和気あいあいのリハーサルみたいですね。ドン・パスクアーレみたいに、いずれフローレスに出てもらって、DVDなんて話しにならないかな....

by keyaki (2009-12-25 11:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1