So-net無料ブログ作成

チューリヒ歌劇場《セビリアの理髪師》2009.12.27プレミエ 舞台写真 [セビリアの理髪師]

チューリヒ歌劇場のサイトに舞台写真が掲載されました。
Il barbiere di Siviglia:チューリヒ歌劇場 2009年12月27〜2010年1月24日/7月10日 全13公演
Dirigent:Nello Santi
Inszenierung:Cesare Lievi
Bühnenbild:Mario Botta
Kostüme:Marina Luxardo
Lichtgestaltung:Jürgen Hoffmann
Choreinstudierung:Jürg Hämmerli
Orchester der Oper Zürich
ソリスト
Serena Malfi (Rosina) メゾ
Rebeca Olvera (Berta)
Javier Camarena (il Conte Almaviva)
 Mario Zeffiri(1/6,13,15,20,22,24 7/10)
Carlos Chausson (Bartolo)
Massimo Cavalletti (Figaro)
Ruggero Raimondi (Basilio)  → → 
Davide Fersini (Fiorillo)
Alejandro Lárraga (Offizier)
George Humphreys (Ambrogio)

 建築家マリオ・ボッタ(Mario Botta, 1943.4.1 - )のデザインによる舞台です。ボッタは、ヴェネツィア大学在学中にコルビュジェの助手を務めていたそうですが、すっきりした舞台で、家具などコルビュジェ風ですね。
 ベテランのカルロス・ショーゾンとルッジェーロ・ライモンディと若い歌手さんたちの楽しい舞台になりそうです。
 ロジーナは、セレーナ・マルフィ Serena Malfi、デビュー(2006年)したての若いイタリア人メゾソプラノ....なかなかの美人、ナポリ近郊のアヴェルサ出身。フィガロは、マッシモ・カヴァレッティ Massimo Cavalletti 、1978年生まれ、ルッカ(トスカーナ)出身。2008年9月の《ルチア》で、エンリーコ役でグリゴーロと共演、2007年1月にベルガモ・ドニゼッティ劇場の来日公演で同役を歌っています。アルマヴィーヴァ伯爵はメキシコ出身のハヴィエル・カマレナ Javier Camarena、若いメキシコ出身のテノール....ううーんメキシコってスペインの混血とかがうまく出れば美男も有りなのかな.....小さいし....アジア系かな....きっと、いい声をしているんでしょうね。


◎チューリヒ歌劇場Foto-Datenbank » Il barbiere di Sivigliaから
 写真をクリックすると拡大します


関連記事:[セビリアの理髪師]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Sardanapalus

お洒落な感じの舞台ですね。このバジリオは、レモニー・スニケットの「世にも不幸せな物語」のオラフ伯爵を彷彿とさせますね。…気味の悪さは似ているかも(^_^;)

写真で見る限り、退廃的な部分と、洗練された部分が上手くミックスされていると思います。ロジーナの衣装が特に可愛いですね☆カツラを放り投げているフィガロは、何でも屋を歌っているところでしょうか?思わず噴出してしまいました。「セヴィリアの理髪師」には似合いのタイプの演出ですね。大柄な悪い人たち(笑)と、小柄な主人公達の対比も面白そうです。
by Sardanapalus (2009-12-28 23:29) 

keyaki

Sardanapalusさん
チューリヒらしい舞台ですね。前のプロダクションはカサロヴァがロジーナの時のがテレビでも放送されてDVDにもなってますが、ギャウロフがドン・バジリオだったんですが、確か71か2だったんですよ。ライモンディは68才なんですけど....
鞄の15という数字はなんでしょう.....

by keyaki (2009-12-29 03:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0