So-net無料ブログ作成

ウィーン国立歌劇場《トスカ》2010年2月14,17日 [トスカ]

ウィーン国立歌劇場《トスカ》2010年2月14,17日(全2公演)
 昨年、2009年5月に引き続き、またウィーンでスカルピアです。昨年は、キャサリン・ネイグルスタッドとヨナス・カウフマン、今年は、マルティナ・セラフィンとホセ・クーラという、歌も知名度も見た目もいい...という《トスカ》だったんですが、トスカが、マルティナ・セラフィン(トーキョーリングのジークリンデ)ではなくて、ハスミク・パピアン(1961年アルメニア出身)に代わっていました....パピアンも美人です....
.
 この公演の一部がYouTubeにアップされていました。嬉しいことに、それが2幕のスカルピア、トスカ、カヴァラドッシの緊迫したやりとりから、最後のスカルピアが死ぬ場面まであります。ヨーロッパのライモンディ追っかけの方たちも、よかった!満足だった!という報告がありました。個人用録画で、右下には、髪の毛が爆発している人の頭が邪魔ですが、歌手の皆さんの声は、よく聞こえますし、充分楽しめます。


カヴァラドッシは、拷問室に連れて行かれる....
"Ed or fra noi parliam da buoni amici.それでは私たちだけで友人として話しましょう."


トスカは、アンジェロッティの居場所を教えてしまう....カヴァラドッシは、拷問から解放される
Floria! Amore... Sei tu?......
    Vittoria! Vittoria!........


Quanto?   Quanto?    Il prezzo!...おいくらかしら?  いくら?  値段です....


Ebbene?

YouTubeの再生リスト"«TOSCA» Wiener Staatsoper 17.02.2010"でも順番にみられます。3幕の『星は光ぬ』もあります。
 ルッジェーロ.ライモンディは、ウィーン国立歌劇場では、ダニエラ・デッシーのタイトルロールで2002年10月12日に《トスカ》に出演しています。

◎TOSCA:スタッフ&キャスト
Dirigent: Stefan Soltesz/Inszenierung: Margarethe Wallmann/Bühnenbild undKostüme: Nicola Benois/Chorleitung: Martin Schebesta
Floria Tosca: Hasmik Papian/Mario Cavaradossi: José Cura/Scarpia: Ruggero Raimondi/Cesare Angelotti: Sorin Coliban/Mesner: Alfred Šramek/Spoletta: Alexander Kaimbacher/Sciarrone: Marcus Pelz
関連記事:[トスカ]

nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 9

りょー

わーい、Keyakiさん、まとめてくださってありがとうございます。

vittoria!の瞬間には
>髪の毛が爆発している人の頭
が個人的にとても残念ですが(笑
ライモンディはほんとうに、スカルピア上手ですよね~。楽しそうです。

ところで奥舞台の回廊は書割かと思ってたんですが、本物だったのでびっくりしました。
by りょー (2010-03-21 22:09) 

Sardanapalus

3人とも熱演ですね。こういうまともな演出で実力のある歌手が出るというのがウィーンのいいところですよねぇ。ライモンディの、気品がありながらもいやらしくトスカに迫るスカルピア、やっぱり好きです~☆かなり激しい動きもあるようですが、怪我の方はすっかり良いのでしょうか?面白くて一気に見てしまったので、リストにあるクーラの「星は光ぬ」もついでに聞いてしまいました。
by Sardanapalus (2010-03-21 23:13) 

keyaki

りょーさん
久々のクーラとの共演、どっちも譲らないって感じが伝わってきますね。
どちらもこれだけりっぱで堂々としているのはなかなかないですよね。
ウィーンは、連日公演をやっているせいか、舞台写真がなくて残念なんですが、本当にこのビデオは嬉しいですね。
by keyaki (2010-03-22 20:50) 

keyaki

Sardanapalusさん
ウィーンではいろいろな組み合わせのトスカを上演していますが、ライモンディは、いい共演者と組み合わせてもらっていると思います。
思いがけない怪我で、年も年ですし、回復に時間がかかるかと思いましたが、意外に早く舞台に復帰できてよかったです。ドミンゴは結腸がんだったそうですけど、年とともにいろいろありますね。
by keyaki (2010-03-22 21:06) 

サンフランシスコ人

サンフランシスコでは、『トスカ』の人気がなくなりました。

by サンフランシスコ人 (2010-03-23 03:01) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
そうなんですか.....だいたいの劇場では定番になっているようですけど。
みんな死んでしまうのがイヤなんでしょうか。
プッチーニだと、蝶々夫人、ボエームってことなんですね。
by keyaki (2010-03-25 09:43) 

サンフランシスコ人

現在のアメリカでは、スカルピアがちっとも悪者に見えません。
by サンフランシスコ人 (2010-03-26 06:34) 

keyaki

サンフランシスコ人さん
確かに....
by keyaki (2010-03-26 16:56) 

サンフランシスコ人

それと、カヴァラドッシの拷問は、生やさしく見えます。
by サンフランシスコ人 (2010-03-27 06:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0