So-net無料ブログ作成

ジョセフ・カレヤのスカラ座来日公演のキャンセルは4月には決まっていたのでは.....薮の中 [スカラ座事件]

 Calleja_13-07.30Scala.jpg
 スカラ座引越公演の「リゴレット」で公爵を歌うはずだったジョセフ・カレヤがキャンセルしました。日本の皆さんにお知らせがあったのは7月30日、同時に代役が発表されていますので、カレヤのキャンセルが実際にいつだったのかは分かりません。NBSからのお知らせとスカラ座からの声明文(右の画像)の訳はこちら。カレヤからのメッセージはありませんので、スカラ座からの声明だけでは何が何だかさっぱり分かりません....単なる双方の認識のずれなのか、本当にカレヤの契約違反なのか.....
 野次馬根性でちょっと調べてみました。カレヤのスケジュールはこんなかんじです。

8月24日(土):Prinsengracht - Concertgebouw
9月5日(木):BBC Proms/Verdi arias - Royal Albert Hall
9月9日(月):東京/スカラ座「リゴレット」キャンセル
9月7日(土):BBC Proms in the Park
9月13日(金):東京/スカラ座「リゴレット」キャンセル


 つまり、ロンドンのプロムスをとるか日本に来るか.....両方は無理、でもハイドパークで開催されるラストナイトのコンサートをキャンセルすればなんとかなるんじゃないの....だってお祭り騒ぎのコンサートですからカレヤが欠場しても問題ないでしょう...でも、恐らく彼は、ポップ歌手さんたちとポップを歌いたいんでしょうね。カレヤは、4月18日にプロムスのスケジュール発表があって、翌日の4月19日に自身のホームページのNewsの欄に"Joseph returns to the BBC Proms this September"と書いています。この時点で、すでに彼の眼中にスカラ座日本公演はなかったということなんですが、スカラ座にしてもオペラのキャスト変更は日常茶飯事だしカレヤにこだわる理由もないと思いますが、今や売れっ子のカレヤのことですから、NBSからのたっての希望だったんでしょうか。

 実は、カレヤはまだスカラ座デビューを果たしていません。2月11日にスカラ座デビュー(コンサート)するはずでしたが、多分体調不良で逃しています。記事はこちら "Chailly senza il tenore /La Scala priva di voce"。スカラ座が主張している様に本当にカレヤの契約違反であれば、当分スカラ座には出られないと思いますが、どうでしょう.....案外お互い話がついていたりってこともありますね。

関連記事:
ジョセフ・カレヤのニューアルバムから「アリヴェデルチ ローマ」
新国《愛の妙薬》2010.4.15 カレヤがネモリーノ
新国立劇場《愛の妙薬》リーフレット 石戸谷 結子のエッセイ読んだ人いますか.....添削しましょう....
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

keyaki

老婆の休日さん
いらっしゃいませ。
老婆の休日さんのコメント、全然迷惑ではありませんよ。
でも一応削除しますね。
老婆の休日さんのおっしゃっている通りだと思いますので、削除しておきながら、コメントのお返事書いちゃいますね。

私も記事に書きましたが、オペラ歌手のキャンセルは日常茶飯事で、特にシーズン発表は、あてにならないのが当たり前になってます。(ヴィットリオ・グリゴーロのネットで追っかけしていますが、シーズン発表は、出るかも知れない...という程度で、契約はしてない)
ですからわざわざ、こんな声明文を出す必要がないのに、NBS側が求めたんじゃないですか? だからこんなわけのわからないものになっているんだと思います。
水面下では、カレヤの了承をとった上での声明文かもしれない....とまで想像しちゃいますね。

それからオペラのリハーサルの件ですが、おっしゃる通り一般的には3〜4週間前からはじまりますが、ほぼ連日オペラをやっているウィーンは別だそうです。初演のものは、充分リハーサルしますが、レパートリーものは、ほんとにリハーサル無しが普通だそうですから、13日にスカラ座来日公演に出ても余裕ですね。それにカレヤはシモン・ボッカネグラは慣れた役ですし。
ということで、やっぱりプロムスが決まったからなんじゃないかと思います。カレヤ自身が、HPで嬉しそうに報告していますし、ファンを増やすためには、ミラノでの公演ならともかく、日本ではあまりうまみがないってことだと思います。それにマルタ出身のカレヤにとっては、ロンドンならマルタの人たちにも来てもらえますしね。2月のスカラ座のコンサートに出られなかった件で、マルタからカレヤのためにミラノに来た人が大勢いて、本当に直前キャンセルだったので、皆をがっかりさせてしまったので、その埋め合わせの気持ちもあるかもしれません。

スカラ座は、劇場側というか事務方が、けっこういい加減みたいで、マルセロ・アルバレスが「今後スカラ座には出ない!」と宣言した事もあります。今は和解して出ていますが.....
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2007-12-19
カレヤ側は、4月にはスカラ座に契約しないって言ってあったんじゃないですかね.......
by keyaki (2013-08-13 08:35) 

老婆の休日

Keyakiさま、どうもお手数お掛け致しました。  
また、お邪魔ですが。。3月時点で、TEC次シーズンのプログラムに9月19日 ダニエル・ガッティとのコンサートもプリントされていますが~ 当初からタイトなスケジュールを組んで本当に、日本に来る予定だったのでしょうか~??

何れにせよ、J.カレヤの実力とバックを見る限る~ 先方は大型アジャンスが後ろ盾*ヴィラゾン、カレヤ、べチャラ、ネトレプコ、ダムラウ、イダメル~ こんな大物メディアスターを抱えるアジャンスに、幾らスカラでも~ 訴訟 & 賠償云々何て~ 真面目に交渉すると思いますか~??

ご存知の様に、今のオペラ:音楽業界、インターナショナルの剛腕アジャンスに牛耳られて~ 歌手の窓口は全てアジャンスの様ですし。。。 まあ良く解りませんが~ 逆に無駄な言い訳なんてしない方が良かったかも~ ですネ。
子供じみたお粗末な言い訳は日本だけでしょう。 でも6万円もするチケット売るのに、担当者としては不手際ですが。

その上、購入者にお詫び~? 席を無料贈呈~とか、最初から3~4万で、完売出来る適正価格で販売すべきではないでしょうか~? 老婆の独り言、、、 又、適当に削除して頂き度く~ 宜しく。

by 老婆の休日 (2013-08-16 07:13) 

keyaki

老婆の休日さん
>3月時点で、TEC次シーズンのプログラムに9月19日 ダニエル・ガッティとのコンサートもプリントされていますが~ 当初からタイトなスケジュールを組んで本当に、日本に来る予定だったのでしょうか~??

グリゴーロのネットで追っかけしていて、いろいろ分かる事も多いのですが、グリゴーロのように、レパートリーもなかなか広げない、スケジュールはスカスカの歌手の方が特別です。カウフマンなんかは、オファーがくるとダブルブッキングにならない程度に全部予定に入れて、その後、調整しているんだろう....とか言われていますし。
カレヤは、ヴィリャソンが調子をくずしてから、オファーが殺到しているのか、かなりの過密スケジュールですね。まあ、こういうことをするとどうしてもキャンセルが多くなるのは当然の結果でしょう。

>幾らスカラでも~ 訴訟 & 賠償云々何て~ 真面目に交渉すると思いますか~??
金銭的にはスカラはもちろんNBSの損失なんてないと思います。あるとしたら、当分カレヤはスカラ座には出られないってことくらいでしょうけど、これもどうでしょうね。

>逆に無駄な言い訳なんてしない方が良かったかも~ ですネ。

そうですよ。オペラに詳しい方たちは皆さん首をかしげていますよね。だって、キャストは変更することがあるって明記されているのに、今回に限ってどうしちゃったんでしょうね。
カレヤは、新国にも出てくれたし、ぜひともカレヤの公爵が聞きたいと人がいたとは思えないんですけど。


by keyaki (2013-08-16 12:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0