So-net無料ブログ作成

メト2014-15シーズンの「ボエーム」(2014.9.23〜2015.1.24) どこまで続く...ころころ代わるキャスト(2014.11.26) ☆ マイケル・ファビアーノ君も登場(2014.11.27) [オペラの話題]

Michael-fabiano_small.jpg◎やっぱり、ヴァルガス全公演キャンセルで、デムーロ(12/1, 5)とマイケル・ファビアーノ(12/10,13)が歌うことになったようです。
 マイケル・ファビアーノ君(1984.5.8 - )は、私のブログでも「24才のアメリカ人テノール、スカラ座での「ひどい体験」を語る」という記事で取り上げているので、なんか親しみがありますし、メトのオーディションのドキュメンタリー(2007年)でも注目されていましたし、テノールにしては悪役面(若禿げなのでカツラをつけると別人になる)ですし、それはともかくとして、ここでヴィットリオ・グリゴーロが出てくるんですよ。実は、グリゴーロは12月13日までロンドンで「愛の妙薬」の舞台があるのに、12月16日と18日にカナダのケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団のクリスマス・コンサートの予定が入っていました。これを11月19日に正式にキャンセルしたんです。マネージメントのミス、スケジュール管理のミスのようです。それで、グリゴーロの代わりとしてスーザン・グラハムとマイケル・ファビアーノが歌うことに決まっています。ファビアーノは12月13日にメトで歌って16日にモントリオールでクリスマス・コンサートに出るんでしょうか.....それとも.....。オペラって主役級が転ぶと次々にいろんなところに波及していくんですよね。
 グリゴーロのOSMクリスマス・コンサート出演は3月4日に発表されて、グリゴーロも正式に予定として入れていましたので、グリゴーロ目当てでチケットを買った人もたくさんいると思います。そんな中のお一人が「2013年にはヨナス・カウフマンがキャンセルしたし、今度はグリゴーロが....悲しい...」とつぶやいていました。グリゴーロのfacebookに掲載されたキャンセルの謝罪文はこちら。(2014.11.27追記)
*  *  *  *  *  *  *  *

 メトでは定番のゼッフィレッリ演出の「ボエーム」、ついこないだ、今年の春(3〜4月)グリゴーロのロドルフォで、アニタ・ハルティッヒの急病と代役のクリスティーネ・オポライスで話題になりましたが、またやってるんですね。
 今回も話題には事欠かないようです。まるでマザーグースの「ジャックが建てた家“This is the house that Jack built.”」みたい....というレビューを見つけましたので、こちらでもちょっと記事にしておこうかと。マザーグースの歌のようにまだまだ延々続くのかもしれませんし。

まずシーズン発表の正規のキャストは、すっきりと3人のロドルフォに3人のミミでした。
1.Bryan Hymel & Ekaterina Scherbachenko
2.Ramón Vargas& Kristine Opolais, Angela Gheorghiu
3.Jean-François Borras & Kristine Opolais


それが11月24日の時点で5人のロドルフォに5人のミミになりました。
1.Bryan Hymel & Ekaterina Scherbachenko 9/23
2.Bryan Hymel & Hei-Kyung Hong 9/26,29, 10/4
3.Bryan Hymel & Sonya Yoncheva 11/14,20
4.Francesco Demuro & Sonya Yoncheva 11/24
5.Charles Castronovo & Sonya Yoncheva 11/28(予定)
6.Ramón Vargas Francesco Demuro & Sonya Yoncheva 12/1,5(予定)11/27変更
7.Ramón VargasMichael Fabiano & Angela Gheorghiu 12/10,13(予定)11/27変更
8.Jean-François Borras & Kristine Opolais 2015/1/15,19,24(予定)


マザーグースの歌のように歌えば、
・9月23日の初日はイーメルとシェルバチェンコが歌った
・9月26, 29日と10月4日はシェルバチェンコが急病でイーメルとホン姉さんが歌った
・11月14と20日は、ヴァルガス&オポライスのはずだったのに、ヴァルガスは急病でイーメルに、オポライスはミュンヘンにとられて、産休中のヨンチェヴァが代役になってイーメル&ヨンチェヴァが歌った
・11月24日は、ヴァルガスの代役のカストロノーヴォ&ヨンチェヴァのはずだったのに、カストロノーヴォが急病で、12月30日が椿姫のアルフレードでメトデビューのはずだったフランチェスコ・デムーロがロドルフォでメトデビュー、デムーロ&ヨンチェヴァが歌った
・11月28日は、カストロノーヴォの病気が回復してカストロノーヴォ&ヨンチェヴァが歌う予定になっているんだって

 ややこしいので間違っているところがあるかもしれませんが、こんな風になります。とりあえずこの先は病人が出ない限り、ヴァルガス&ゲオルギュー、オポライス、ボラス&オポライスが歌うことになっています。

メモ:Bryan Hymel(1979.8.8 アメリカ)のカタカナ表記はハイメルとヒメルが多いようですが、フランス系の家系でイーメルが正しい。ee_melと読むとNYタイムズでも注意喚起している。

 マザーグースの歌のようだ...と書いてある11月24日のレビューはこちら、Despite another sub, Met’s “Bohème” remains a strong and enjoyable show デムーロのロドルフォについては、あの状況下ではまあよくやったと思うよ....メトにはちょいと声が小さい.....ということです。
 デムーロは12月30日の「椿姫」のアルフレードがメトデビューだったんですが、すでにニューヨークに居たということは12月7日からの第一組と一緒にリハーサルってことなんでしょうか....だとすると第一組のアルフレードのコステロ君でもよかったと思いますが、断ったのかなぁ。

関連記事:
バイエルンの「マノン・レスコー」演出絡みでネトレプコ降板! 産休中のヨンチェヴァが助け舟
メトの「ボエーム」:News! ミミがオポライスに...
MET ゼッフィレッリ演出《ボエーム》のロドルフォ & ミミ
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

Kinox

Hymel は、わたしも最初は普通に英語読みでハイメルと読んでいましたが、ルイジアナのフランス系の家系のようで、「イーメル」の発音です。
このところ気温の変化が激しいので、風邪も引きやすい気候です。いつもメトでは1、2月に調子を崩す人が多い印象ですが、今シーズンは早いような。今週中継ラジオをながら聴きしていても、毎回「おや、本調子でないな、少し風邪気味じゃないかな?」と思う歌手が一晩に必ず一人はいた印象です。

ちなみにROHのHD映画、日本ではすぐに見られて羨ましいです。フォスカリは来週やっと見る予定ですし、妙薬はやる映画館の情報もまだ全くない状態・・・
by Kinox (2014-11-29 04:04) 

keyaki

Kinoxさん
>ルイジアナのフランス系の家系のようで、「イーメル」の発音

kinoxさんが「イーメル」と書いていらっしゃったので、どうしようと迷ったんですが、検索したら、カタカナ表記ではハイメル、ヒメル、ヒメル(ハイメル)しか出てこなくて。イーメルで検索すると「もしかしてeメール」なんて、それで、ハイメルでいいかって.....

オペラ歌手は国際的に活躍しても自分がどう呼ばれるかに関心がないみたいですね。もうちょっと大物になったら、インタビューの時にでも聞いてもらえるのかな?
グリゴーロは、ポペラのアルバムを出したとき、アメリカ、イギリス、オーストラリアのテレビとかラジオに出ていましたが、英語国民にとって、グリゴーロってすごく言いにくいみたいで、グリゴーロが、グリ、グリ、ゴー、ゴー、ロってしつこく教えてました。それでもオーストラリアのラジオのおっさんは、グリジェリオになっちゃって...グリゴーロもさじ投げてました。

昔は、ネットでもオペラ通の方が集まったフォーラムがあって、けっこうこういうことにけんけんがくがくあったんですが、今は全部つぶれてそういうご意見番的な方達の意見を聞く手だてもない状態です。
たとえば、スペイン系の場合は、Vでもbだとか、だからヴィラゾンではなくビリャソンだとか、セヴィリアではなくセビリアとかアルヴァレスではなくアルバレスだとか、でもこれも特に認知されているというわけではなく、まあこだわりみたいなもんでしょうね。
ナタリー・デュセは、実際に本人に確認した方の報告で、デュセが正しいということになってました。

レイラ・ゲンチェルもいろいろありました。
http://keyaki.blog.so-net.ne.jp/2007-06-27

>ROHのHD映画
ROHではLive Cinemaと呼んでいるようですが、ロンドンで公演中のものが数時間遅れで見られるのは、嬉しいことです。
アメリカはメトのお膝元なので、変なことになってるんですね。同じ英語圏ですから同時中継が可能ですよね。オペラハウス同士、けっこう協力関係にあるのに、演出とか、歌手のトレードとか、スケジュールが重なる訳でもないのに、どうなってるんでしょう。
「愛の妙薬」は、メトのよりROHのがだんぜん面白いです。メトのは、なんか妙にお金がかかってるようですけど、アディーナは山賊の親分の娘か、アズチューナの若い時みたいだし、ネモリーノはとても農夫には見えない....パヴァロッティが出たバスク地方の演出の方が明るくていいと思いました。
グリゴーロもメトでもネモリーノ歌うようですけど、グリゴーロが出れば面白くなるのかなぁ。
by keyaki (2014-11-29 10:10) 

Kinox

イーメルは先シーズン出てきたときにNYタイムスに"ee-mel"と読む、とわざわざ注意を喚起するように書かれたので、地元メト・ファンには浸透してると思います。ラジオでもイーメルと言われているので、より正しい表記になるのは時間の問題なのかもしれません。
エラス・カサドなんかは今だにヘラス・カサドとか、ハイフン着いてるのにカサドとか書かれますが、若手だからこそ逆にわたしは正確に呼んであげたいような気がします。
そうなんです。もゲルブの映画館との契約は、うちのをかけるなら他のハウスの公演はかけないこと、というexclusiveなものなっているそうなので、そのとばっちりを観客は受けてる、というところ。わたしもメトの現演出は前のより落ちる、突っ込みどころも多すぎてへんなの、と思います。グリゴーロ版、見たいです・・・
by Kinox (2014-11-29 10:58) 

keyaki

Kinoxさん
>NYタイムスに"ee-mel"と読む、とわざわざ注意を喚起するように書かれたので
なるほど、それでは、私も今後イーメルを普及させるようにします。
by keyaki (2014-11-29 22:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0