So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ソーニャ・ヨンチェヴァ Sonya Yoncheva (1981.12.25 - ブルガリア)もうタチアナは歌わない.... [オペラ歌手]

 今、人気のソーニャ・ヨンチェヴァ、モンテカルロの1月20日と27日の「マノン」を降板、理由は腰痛、それから、パリ国立歌劇場の「エウゲニ・オネーギン(6/3, 6, 11, 14)」を、タチアナは歌わないということで降板したと話題になっていましたが、あらららら.....理由は不明ですが、3月20日のグリゴーロとのコンサートをキャンセルしました。メトの「椿姫」が、2月の24日〜3月18日(7公演)まであるので、もともとちょっとスケジュールがきつすぎですよね。

gri_yoncheva2011.jpg
Vittorio Grigolo, Sonya Yoncheva, Pier Giorgio Morandi

 「タチアナはもう歌わない....」というのは、劇場側にいつ伝えたんでしょうね。この公演、前半がネトレプコで後半がヨンチェヴァだったんですけど、劇場側が、チケットの売行きを考えてシランプリしてた可能性も有りかなぁ.....というのは、もともとスカラ座の「ボエーム」とダブルブッキングだったようです。

パリ国立歌劇場:Eugène Onéguine
 2017年5月16, 19, 22, 25, 28, 31 (ネトレプコ)
 2017年 6月3, 6, 11, 14 (ヨンチェヴァ

スカラ座:La bohème
 2017年6月7, 10, 13, 15, 20 / 7月14(ヨンチェヴァ)
 2017年6月30 / 7月3, 5 10 (ペレス)

 ちょっと意外ですが、ヨンチェヴァは、この公演がスカラ座デビューなんです。オペラ歌手は、やっぱり、スカラ座の舞台には立ちたいでしょうね。

グリゴーロとの共演:
ROH「ホフマン物語」(2016.11.7〜28) アントニア
フランスオペラアリア集"The Romantic Hero" ロメオとジュリエットの二重唱
パリ祭(2013.7.14) エッフェル塔広場コンサート
ヴェローナ音楽祭 (2013.6.14〜9.8):☆ Gala Verdi 出演 (2013.7.17) ジルダ
コンサートツァー☆ドルトムント1/12 → ハンブルグ1/15 → ミュンヘン1/18 → ....
ミュンヘンでのコンサート(2011.1.18)の模様がyoutube(上の画像からリンク)でご覧になれます。ビデオを見る限り元気いっぱい大サービスしていますが、体調が悪く、コンサート中止という事態にもなりかねない状態だったようです。それで、ヨンチェヴァに特別に参加してもらったのではないかと思います。プログラムを少し変更して、なんとか公演を乗り切り、コンサートの最後にはグリゴーロ自身から謝罪の挨拶があったそうです。

yoncheva_operalia2010.jpg
OPERALIA - 2010 WORLD OPERA COMPETITION CONCERTO DELLA FINALE DEL CONCORSO/2010.5.2

 ソーニャ・ヨンチェヴァ(1981.12.25 - ブルガリア)は、2010年、28才の時にドミンゴ主催のOperaliaで優勝、ソプラノが優勝したのは、はじめてだそうです。テノールの優勝者は23才のStefan Pop。この時のファイナルコンサートは5月2日にスカラ座で開催されました。ヨンチェヴァはマスネの「マノン」からGavotteを歌いました。(youtube)
 ヨンチェヴァはすでにブルガリアで活躍していましたが、オペラリアでの優勝が、国際的なキャリアにつながったといえると思います。
 夫は、指揮者のDomingo Hindoyan (1980.2.15 - ヴェネズエラ)、2014年10月6日生まれの息子のマテオがいます。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

masi

スカラの海賊でソーニャ・ヨンチェヴァを聞いてきました。素晴らしかったです。他の歌手たちも大変良かったのですが彼女に圧倒され影が薄くなってしまったみたいでした。まだ36歳と若いのに堂々とした歌いぶりで、天井桟敷の私の席にまでガンガン響いてきました。舞台も大変綺麗でした。
http://www.teatroallascala.org/en/season/2017-2018/opera/il-pirata.html

ベッリーニといえばカラスですが、彼女の表現力には圧倒されるものの声そのものは若干抵抗を感じています。ですからヨンチェヴァの方が美しく感じられ、気に入ってしまいました。終演後いつものレストランに行ったら、店長が「今晩はヨンチェヴァから15人分のリザーヴが入っているよ。ケーキの注文もあったから誕生日かなあ」との事。普段はこんな時間には居ない筈のパティシエも待機して居て、同じことを言います。この人はイタリア人で様々な受賞歴があり、東京、帝国ホテルで仕事をしていた事もあります。彼女が来たので早速大きいポスターにサインしてもらい、「今日は誕生日ですか?」と聞いたら、それは違って、クリスマスの日との事でした。とても気さくで親近感を持ちました。「カラスよりも気に入った」と言ったら素直に喜んでくれました。来年は椿姫を歌うことが発表されて居て、その際彼女を見出したドミンゴがジェルモンを歌います。
by masi (2018-07-15 06:19) 

masi

ありました
https://m.youtube.com/watch?v=njVyEC2SLBw
by masi (2018-07-15 07:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0