So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大丈夫かな.....年末のメトの「トスカ」レヴァイン降板 ☆ エマニュエル・ヴィヨームに決定(2017.12.6) ☆ ターフェル→ルチッチ(2017.12.12) ☆ ゲネプロのビデオ(2017.12.28) ☆順調な滑り出し(2017.12.31〜2018.1.27) [オペラの話題]

◎最終公演=HD無事終了しました。
 ライブ放送を聞き逃した方、すでにBBC Radio 3のオンデマンド(29日間)で聞けます。ネット上の情報では、HDも好評のようです。日本での上映(2/17〜 )が待ち遠しいです。
第二ブログの記事もどうぞ。
(2018.1.28)



◎euronewsのチャンネルに「トスカ」の紹介ビデオがアップされました。グリゴーロのカヴァラドッシは、トスカよりも激しい、今までにないタイプの青年カヴァラドッシですね。HD上映が楽しみです。


イタリア語フランス語ポルトガル語
*音声ファイル、レビュー等は第二ブログでどうぞ。
(2018.1.12)



◎順調な滑り出しです。ニューヨークは雪が降って、とても寒いようです。先は長いので、出演者の皆さん、体調を崩さないように、気をつけて下さい。特にJohn Macfarlaneの美術が賞賛されているようです。音声ファイル、レビュー等は第二ブログでどうぞ。

トレイーラー:微妙に異なるビデオを4種類見つけましたので、一つにまとめてみました。

(2018.1.7)



◎次々繰り返されたキャスト変更、指揮者に至っては3人目、シーズン発表とは100%異なる配役となった「トスカ」、NYTimesでは、「呪われたトスカ」なんて、記事を掲載して応援してくれているようですが......ニューヨークの寒さにも負けず、最終選考の出演者さんたち、とりあえず元気に頑張っているようです。(第二ブログの記事もどうぞ)
 メトのyoutubeにドレスリハーサルのビデオがアップされました。







 ところで、家族と居たい云々で降板したヨナス・カウフマンは、12月22日のローマ、31日のモスクワでのコンサートをキャンセルしました。健康上の問題だそうですが、31日のモスクワは、来日のための用心でしょうか。
(2017.12.30)



◎やっぱり.....ターフェル降板しました。10日のTucker Galaも欠席でしたので、どうなるのかと思っていましたが......vocal fatigue だそうです。代わりは、ルチッチ。理由はそれぞれですが、これで、当初のキャストは全員「メト脱出』.....Bryn Terfel Joins Cast Exodus From Met Opera’s New ‘Tosca’
(2017.12.13)


◎一人はエマニュエル・ヴィヨームEmmanuel Villaumeに決まりました。1/15だけ未定。(2017.12.6メト発表)
vittorios_friends_22_2.jpg ヴィヨームとは、2007年ワシントンの「ボエーム」(写真右)、2015年メトの「マノン」で一緒でした。これ以上変更がないようにお願いしたいです。

参考記事:メト2017/18シーズン「トスカ」:カウフマン降板 代わりはグリゴーロ (2017.3.3発表) 理由は personal life とprofessional obligations ☆ NYTimes 続報(3/8) ☆ オポライス降板 トスカはヨンチェヴァ(2017.6.16メト発表)☆ネルソンス→レヴァイン(2017.7.11) ☆ レヴァイン→ヴィヨーム(2017.12.6)
(2017.12.6)


◎レヴァインは降板したんですね。今現在指揮者はTBAになっています。メトはレヴァインの指揮予定はすべてキャンセルにしたそうです。先日のレクイエム(11/24と12/2)がレヴァイン最後の指揮になったということのようです。

 レヴァインの件、これって昔から噂はありましたけど....イタリアの記事では、年末にグリゴーロの「トスカ」振るんだけど.....って.....振っても観客の反応が心配.......劇場側の対応も問題になってるみたいだし.....それじゃなくても集客に苦戦しているのに、メトの先行き大丈夫なのかなぁ。



 このビデオは5月7日のメトロポリタン・オペラ 50th Anniversary Galaのものなので、指揮はレヴァインです。
 しかし、今回の「トスカ」、本当にどこまでもついてない。

 なんか世界的な流れなのね....スウェーデンでも数百人にのぼる女優さんたちのセクハラ共同告発があったとかで、この中には、結構名の知れたオペラ歌手も......イレーネ・テオリンとか。(私も#Metooと、告発したスウェーデンのオペラ歌手は、Anna Larsson , Katarina Dalayman, Erika Sunnegårdh, Miah Persson, Iréne Theorin, Elin Rombo, Katija Dragojevic, Ida Falk Winland, Kerstin Avemo,  Lena Nordin.)

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 4

サンフランシスコ人

"Famed conductor James Levine accused of sexual abuse; complaints date back to his time in Cleveland"

http://www.cleveland.com/entertainment/index.ssf/2017/12/famed_conductor_james_levine_a.html
by サンフランシスコ人 (2017-12-05 09:02) 

ぽん

長くMETの会員となっている辛口の(!)友人と先月話した時に「帰国したらヨンチェヴァのトスカが聴けるので楽しみ」(彼はNYの近郊在です)と聞かされました。私は彼女を聞いたことがないので、「ふーん」と思っていたら、operawire にスカラ座1819シーズンのオープニング演目「アッティラ」に彼女が出演の噂、という記事が。そんな大スターなのか(勿論美人ですけど)と思って松竹のHPを見ると1718シーズンのMETライブビューイングに(WOWOWもしっかり放送してね!)「トスカ」「ボエーム」「ルイザ・ミラー」と3曲も主役で登場する予定なんですね。ただ、ヴィオレッタやオダベッラ(アッティラ)も含めて随分求められるものが異なる役ですが、どこに彼女の本領があるのでしょうか? MET1516シーズンの「オテロ」(デズデモナ役)も録画したきりで見ていないでお尋ねするのも恐縮ですが・・・。
by ぽん (2018-02-08 17:10) 

keyaki

ぽんさん

スカラ座開幕公演は。「アッティラ」というのは、決定のようですが、ヨンチェヴァがオダベッラですか......ソプラノ・ドラマティコ・タジリタの役ですよね。トゥーランドットより難しいんじゃないかな。

>「トスカ」「ボエーム」「ルイザ・ミラー」と3曲も主役で登場
トスカは、急遽、オポライスの代役ですけど....
あっちでもこっちでも大活躍ですね。

>どこに彼女の本領があるのでしょうか?

今は、歌えりゃいいみたいな感じで、劇場も観客も歌手も声種とか声質とか、うるさく言わないし、気にしないような感じがします。オペラがミュージカルっぽくなってきているのかもしれませんね。


by keyaki (2018-02-08 18:13) 

ぽん

Keyakiさん

>今は、歌えりゃいいみたいな感じで、

なるほど。でもアルフレード・クラウスびいきの私としてはちょっと。
昨日MET1617シーズン「椿姫」の映像の一部を見ましたが、1幕のアリアなどしっかり歌っていました。
ヨンチェヴァの名前を初めて聞いたのは、2015年初めにソニーからデビュー盤「パリ、私の愛」がでてrising star との広告を見た時だと思います。ですからフランスオペラが得意なのかなと思ってました。でも当時の記事を見ると、クイーンとピンクフロイドも好きらしい。(笑)

>あっちでもこっちでも大活躍ですね。

昨秋のパリオペラ座の「ドン・カルロ」にも出ていますね。別の友人からKrzysztof Warlikowskiの新演出目当てに日本から見にいくと聞かされた時は、ぴんと来なかったのですが、フランス以外の新聞にもたくさん評がでて、注目の公演だったんだと初めて気づきました。(カウフマン、アブドラザコフ、テジエ、ガランチャほか出演、フィリップ・ジョルダン指揮)

>オダベッラですか......ソプラノ・ドラマティコ・タジリタの役ですよね。トゥーランドットより難しいんじゃないかな。

確かに。6年前にタチヤナ・セルジャンでこの歌劇を観た時は(ムーティ指揮、ローマ歌劇場)、アビガイーレの時より安全運転で歌ってました。(笑)カラスとスリオティスもこの役は歌っていないと聞いた記憶があります。

by ぽん (2018-02-11 08:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。