So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミラノ・スカラ座 2018-2019シーズン発表(2018.5.30)  [オペラの話題]

スカラ座 2015/16シーズン(2018.5.30 午前11時発表)

 3年ぶりにグリゴーロが出る...と言っても3年前と同じ「愛の妙薬」なんですけど。まとめてみましたが、知らない歌手がだんだん増えてきます。アカデミア公演とかアカデミアの歌手の起用も年々増えているようです。いいことなんでしょうけど。
来々シーズンにスカラ座で「フェードラ」上演の予定との噂がありますが、もしかしたらロリスはグリゴーロかも.....インタビューで「フェードラ」を歌うと言っていましたから。......と思いましたが、カウフマンがインタビューで、2020年にスカラでフェードラを歌うって言ってますね。

・アンテプリマ(2018年12月4日) ヴェルディ: アッティラ Attila(新演出)
 Riccardo Chailly, Davide Livermore / Ildar Abdrazakov, Saioa Hernandez, Simone Piazzola

1.開幕公演 ヴェルディ:アッティラ Attila (新演出)
 2018年12月7, 11, 14, 18, 21 / 2019年1月2, 5, 8日
 Riccardo Chailly, Davide Livermore
 Ildar Abdrazakov, Saioa Hernandez, Simone Piazzola, Fabio Sartori

2.ヴェルディ:椿姫 La traviata (再演)
 2019年1月1/11, 13, 16, 19, 22, 27 / 2月2, 5, 8 / 3月12, 14 , 17日
 Myung-Whun Chung, Liliana Cavani
  Marina Rebeka/Sonya Yoncheva , Francesco Meli /Benjamin Bernheim ,
 Leo Nucci / Plácido Domingo

3.ロッシーニ:チェネレントラ La Cenerentola (再演)
 2019年2月10, 1 16 19 23 26/ 3月23, 27, 30 / 4月2, 5日
 Ottavio Dantone, Jean-Pierre Ponnelle
 Marianne Crebassa, Maxim Mironov, Carlos Chausson, Nicola Alaimo, Erwin Schrott

4.ムゾルグスキー: ボヴァンシチーナ Chovanščina (新演出)
 2019年2月27 / 3月3, 6, 13, 19, 24, 29日
 Valery Gergiev, Mario Martone
 Mikhail Petrenko, Ekaterina Semenchuk, Sergei Skorokhodov, Evgeny Akimov, Alexey Markov

5.プッチーニ: マノン・レスコー Manon Lescaut (新演出)
 2019年3月31/ 4月3, 6, 9, 13, 16, 19, 24, 27日
 Riccardo Chailly, David Pountney
 Maria José Siri, Marcelo Álvarez, Massimo Cavalletti

6.R. シュトラウス:ナクソス島のアリアドネ Ariadne auf Naxos (新演出)
 2019年4月23, 23, 28, 30 / 5月2, 5 / 6月19, 22日
 Franz Welser-Möst, Frederic Wake-Walker
 Krassimira Stoyanova / Tamara Wilson, Sebine Devieilhe / Brenda Rae, Daniela Sindram,
 Michael Koenig, Markus Werba, Alexander Pereira

7.モーツアルト:イドメネオ Idomeneo (新演出 )
 2019年5月13, 19, 22,25, 29 / 6月1,3,5日
 Christoph von Dohnányi, Matthias Hartmann
 Bernard Richter, Federica Lombardi, Michèle Losier, Julia Kleiter, Kresimir Spicer

8.コルンゴルト:死の都 Die tote Stadt (新演出 )
 2019年5月28, 31 / 6月4, 7, 11, 14, 17日
 Alan Gilbert, Graham Vick
 Klaus Florian Vogt, Asmik Grigorian, Markus Werba, Kismara Pessatti

9.ヴェルディ:群盗 I masnadieri (新演出)
 2019年6月18, 21, 24, 28 / 7月1, 4, 7日
 Michele Mariotti, David McVicar Michele Pertusi, Fabio Sartori, Massimo Cavalletti

10.サリエリ:はじめに音楽、次に言葉 Prima la musica poi le parole (新演出)
  プッチーニ:ジャンニ・スキッキ Gianni Schicchi (LA Opera 制作)
 アカデミア公演 2019年7月6, 8, 10, 15, 17, 19日
 Prima la musica poi le parole:Adam Fischer, icola Raab / Ambrogio Maestri 
 Gianni Schicchi:Ádám Fischer, Woody Allen / Ambrogio Maestri

11.ヴェルディ:リゴレット Rigoletto (再演)アカデミア公演
 2019年9月2, 5, 7, 11, 13, 16, 18, 20, 22日
 Nello Santih, Gilbert Deflo / Leo Nucci

12.ドニゼッティ: 愛の妙薬 L'elisir d'amore (再演)
 2019年9月10, 14, 21, 23, 25, 27 / 10月1, 4, 7, 10日
 Michele Gamba, Grischa Asagaroff
 Rosa Feola, René Barbera / Vittorio Grigolo (10/1, 4, 7, 10), Ambrogio Maestri
 Massimo Cavalletti

13.Luca Francesconi: Quartett (再演)
 2019年10月2(Anteprima), 5, 11, 14, 17, 19, 22日
 Maxime Pascal, Alex Ollé - La Fura dels Baus
 Allison Cook, Robin Adams

14.ヘンデル:ジュリオ・チェーザレ Giulio Cesare (新演出)
 2019年10月18, 21, 25, 28, 31 / 11月5, 7日
 Giovanni Antonini, Robert Carsen
 Bejun Mehta, Cecilia Bartoli, Sara Mingardo, Philippe Jaroussky, Christophe Dumaux

15.R.シュトラウス:エジプトのヘレナ Die ägyptische Helena (新演出)
 2019年11月9, 12, 15, 20, 23, 26, 29日
 Franz Welser-Möst, Sven-Eric Bechtolf
 Ricarda Merbeth, Andreas Schager, Eva Mei, Thomas Hampson, Attilio Glaser

 以上15タイトルのうち新演出9タイトル、コルンゴルドの「死の都 Die tote Stadt」とサリエリの「はじめに音楽、次に言葉 Prima la musica poi le parole 」は、スカラ座初演です。

◎Recital di canto:
 Christian Gerhaher(1/14), Marianne Crebassa(1/27), Fabio Sartori(2/24), Luca Salsi(5/30)
 Krassimira Stoyanova(3/17), Jessica Pratt(5/20), Günther Groissböck(6/16)

◎特別コンサート:
 Concerti Straordinari – Wiener Philharmoniker (6/23)
 Direttori:Plácido Domingo / Gustavo Dudamel
 Solisti :Plácido Domingo, Juan Diego Flórez, Jonas Kaufmann, Yuja Wang, Sonya Yoncheva

関連記事:
ミラノ・スカラ座 2016-2017シーズン発表(2016.5.18)
スカラ座 2015/16シーズン発表(2015.5.27) ☆スカラ座 2015/16シーズン概要(2015.3.27) とEXPO2015の吃驚企画マルペンサ空港でフラッシュモブ


◎2015年「愛の妙薬」トレイラー:

ミラノ・スカラ座「愛の妙薬」(2015.9.21, 23, 28) ☆ レビュー ☆ 舞台写真

◎2016年の「リゴレット」:

ミラノ・スカラ座「リゴレット」(2016.1.13〜2.6) ☆ 舞台写真 ☆ ヌッチに観客から"bis"☆ ビデオ

◎ウッディー・アレンのジャンニ・スキッキ:




nice!(2)  コメント(7) 

nice! 2

コメント 7

masi

私が注目しているのはイドメネオに出演するフェデリカ・ロンバルディです。彼女はアカデミーを一年前に卒業したばかりですが、研修生のころから脇役で出ていて、その声には他の歌手を圧倒するものがあり感心しました。昨年はアンア・ボレナの主役を歌い、その堂々としたプリマぶりに驚かされました。
https://www.youtube.com/watch?v=TsEBUCpSgFs

リゴレットはヌッツィの引退公演という話も聞きました・・・・・
2016年にbisが出たの時は、私もいましたが、シエラも大変に評判が良く、大きく貢献していたと思います。ヴィデオにはヌッツィがペライラの意向を伺っている様子が見えます。私の席も左側であったので良く見えませんでしたが、ペライラがbisを指示したのだと思います。又シエラが聞けるかと期待していましたが・・・・・まだ若い事も役に合っていたと思います。
by masi (2018-05-31 02:52) 

masi

レオ・ヌッツィの最後のリゴレットということの様です。
8ペ—ジを参照してください
http://static.teatroallascala.org/static/upload/075/0756-rivista-def2.pdf
by masi (2018-06-01 04:32) 

keyaki

masiさん
ヌッチは、スカラ座の合唱団からソリストに転向ですし、スカラ座と共にですね。リゴレットは、とても難しい役なんだと思います。ドミンゴも舞台では歌っていませんよね。

by keyaki (2018-06-01 09:07) 

サンフランシスコ人

サリエリの歌劇をスカラ座で上演するのは初めてですか?
by サンフランシスコ人 (2018-06-06 01:47) 

keyaki

サンフランシスコ人さん

調べてみましたが、直近では、2004-2005シーズン開幕公演でサリエリの「見出されたエウローパ」を上演しています。
http://www.teatroallascala.org/archivio/interpreti.aspx?lang=it-IT&id_allest=6510&id_event=6246&id_allest_conc=&uid=7d5444d1-6039-4e27-99ce-b94ea7506d9c&objecttype=base

2004年の12月7日の公演は、スカラ座改修工事完了後の新スカラ座のこけら落し公演で、スカラ座創立の1778年の柿落しの時と同じ、「見出されたエウローパ」を上演したそうです。

ということは、けっこう、スカラ座とサリエリは縁があるってことなんですね。イタリア人ですものね。
映画「アマデウス」でサリエリの知名度が上がったっていうか悪者にされちゃいましたけど。


by keyaki (2018-06-06 10:02) 

サンフランシスコ人

「カウフマンがインタビューで、2020年にスカラでフェードラを歌う」

歌う予定? 歌う予定?? 歌う予定???

「2019年5月13, 19, 22,25, 29 / 6月1,3,5日 Christoph von Dohnányi」

http://slippedisc.com/2018/03/just-in-christoph-von-dohnanyi-quits-salome-in-row-over-regie/

The veteran maestro has walked out of Berlin’s Salome over ‘differences’ with the director Hans Neuenfels.

http://www.cleveland.com/musicdance/index.ssf/2017/10/christoph_von_dohnanyi_withdra.html

Christoph von Dohnanyi withdraws from December appearances with Cleveland Orchestra at Severance Hall
Updated Oct 25, 2017; Posted Oct 25, 2017

「サンフランシスコ人さん....調べてみましたが...」

ありがとうござい ます....
by サンフランシスコ人 (2018-06-07 01:08) 

masi

9月6日付けのCorriere della Seraによると、スカラはヘッドハンターに2020年迄の任期があるペレイラの後任の候補者のリストをクリスマス迄に作成するよう依頼したという事です。ペレイラ自身は続投の意思を表明していて理事長であるサーラ•ミラノ市長は「彼も候補者の一人だ」と述べていますが、理事会の中にペレイラに対する不満がある事が察せられます。最大の問題は客席が埋まらない事でしょう。その原因は2010年にベルルスコーニがオペラハウスに対する補助金を大幅に削減した為、入場料金を3分の1ものの大幅な値上げをしたことにあります。それ以降客離れが続いていて、それでも収支を合わせているのはペレイラがスポンサー獲得に走り回っているからですが、空席が目立つのは良いことではないでしょう。噂にのぼっているのはローマのCarlo FuotzesやヴェニスのFortunato Ortombinaなどですが、リヨンのSerge Dornyの名前が出て来たのにはビックリしました。彼は2021年からバイエルンの総監督に成る事が今年3月に発表されています。
by masi (2018-09-09 04:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。