So-net無料ブログ作成

《スタバト・マーテル》放送 MP3★☆ウィーン2008/2009シーズン発表 [レクイエム/スタバト・マーテル]

★復活祭にちなんで《スタバト・マーテル》を放送 詳細はRai3のサイト 
STABAT MATER Baciccio.jpg
 3月22日と23日に、プーランク、ロッシーニ、ビバルディ、シマノフスキ、ドヴォルザーク、ペンデレツキ作曲"Stabat Mater" がRaiのラジオ・アーカイヴから、放送されました。
 ロッシーニの《スタバト・マーテル》は、1974年11月9日録音のもので、バスは、R.ライモンディです。ライモンディは、ジュリーニ指揮で、1981年にプロムスで歌い録音もしていますが、1974年のこの放送は、聴くのは、もちろんはじめてですが、演奏記録としても把握していませんでした。
♪MP3:バスのアリア " Pro peccatis suae gentis..."
 この演奏は、女声歌手ソプラノの"t"がかなり耳につく......ラテン語の正しい発音はどうなのかは知りませんが、名前から察するに英語圏の歌手のせいでしょうね。イタリア人歌手だと、こういう強烈"t"はありえなぁ〜いってことなんですけど。
♪Elisabeth Harwood(S), Beverly Wolff(MS). Veriano Luchetti(T). RR(B),Fernando Previtali指揮
■参考:カルロ・マリア・ジュリーニ1981年プロムスのビデオクリップ有り

★ウィーン国立歌劇場の来シーズンのスケジュール発表:
R.ライモンディが、2009年5月9日、12日《トスカ》に出演します。
久々のウィーン国立歌劇場出演です。2002年以来7年ぶりということですが、その時も《トスカ》に出演しています。
年内ではなく来年のことですが、共演がネイグルスタッドカウフマンというのが、なかなか興味深いです。みんな絵になる歌手だし......《トスカ》は、食傷気味ですが、放送されれば聞いてみたいです。
■参考:共演者リスト:テノール:カウフマン,ヨナス Kaufmann, Jonas (1969-)


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽