So-net無料ブログ作成

新国《魔弾の射手》鑑賞:2008.4.18 [オペラ生舞台鑑賞記録]

■新国の会場で無料配布される「ステージノート」の仕様が変わりました。カラーになったのはいいのですが、活字が小さくなって、ちょっと不便。今までは、なんとか読めていましたが、全く読めません。新聞は活字を大きくする傾向にあるのに、まったくもう〜です。オペラ関係のところだけPDFでご覧いただけます。(2008.4.21追記)
アガーテ&マックス.jpg 新国の《魔弾の射手》に行ってきました。地域によってはかなりの強風を伴う雨でしたが、ほぼ満席、盛況でした。このところ、ほんと、客の入りがいいです。
 《魔弾の射手》は、最もドイツ的なオペラと言われているそうですが、私の世代では、序曲の初っ端のホルンの奏でる有名な美しくゆったりした主題は、「♪秋の夜半の み空澄みて〜」という歌詞で歌いました。アガーテの歓喜の歌も、介添えの少女たちの歌う「花嫁の冠を編みましょう」もよく聞くメロディーですし、「狩人の合唱」は、子供の頃習っていたヴァイオリンで弾いた記憶が....とまあ、よく知っている旋律満載で、しかもお話は、単純明快、とても楽しめました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(5) 
共通テーマ:音楽