So-net無料ブログ作成

ドミンゴの"シモン"ベルリンを皮切りにはじまる....放送はおあずけ....ワン [オペラの話題]

◎2009年10月24日のベルリン国立歌劇場を皮切りにはじまったドミンゴの《シモン・ボッカネグラ》ツァー、途中でつまずきました。
リンデン→NYメトロポリタン→チューリヒZeljko Lucic →リンデンAndrzéj Dobber→ミラノ・スカラ→ロンドン→マドリード

◎ベルリン国立歌劇場のサイトにドミンゴのシモンのビデオ・トレーラーがアップされていました。テノール声であることに目をつぶれば立派なもんですが、とても苦しそう.....顔が晩年のギャウロフにそっくり。YouTubeに保存しましたので興味のある方はどうぞ!Simon Boccanegra2009 - Plácido Domingo

2009.10.28追記
 放送はおあずけ....ワンワンでしたので、3月にドミンゴがメト125周年ガラで歌ったシモンと娘の感動の対面シーンの音声ファイルをアップします。《シモン・ボッカネグラ》といえば、アバド.....タイトル・ロールはピエロ・カプッチッリですり込まれているオペラファンも多いと思いますので、両方並べてみました。

 1972年ミラノ・スカラ座 アバド指揮:
 カプッチッリ&フレーニ
 2009年3月 Met125周年/ドミンゴMetデビュー40周年Gala:
 ドミンゴ&ゲオルギュー
 テノールの声域も歌えるといわれたカプッチッリと比べてどうでしょうね......カプッチッリの後、1980年代はブルゾン.....YouTubeに1984年Wiener Staatsoperのリハーサルのクリップがあります。アバド、ストレーレル、ブルゾン、ライモンディ、カレーラス、リッチャレッリ.....舞台の様子はちょっとだけですが、聞きごたえ満点!

以下2009.10.26記事
 テノール歌手ドミンゴの《シモン・ボッカネグラ》が10月24日、ベルリン国立歌劇場を皮切りに....今後世界の主要歌劇場....ベルリン(リンデン)→NYメトロポリタン→チューリヒ→ベルリン(リンデン)→ミラノ・スカラ→ロンドン→マドリード...を巡る予定です。もちろんバリバリのバリトン役でバリトン歌手も憧れのヒーロー、シモンをテノールのドミンゴが歌うので話題になっています。68才の挑戦です。
 ベルリンのプレミエが放送される予定でしたが、ドミンゴのOKがでなかったので、中止になりました。来年のメトまでおあずけのようです。手ぐすねひいて待っていた人、楽しみにしていた人たちもがっかりでしょう。私も、《シモン・ボッカネグラ》は、ルッジェーロ・ライモンディがフィエスコを主要レパートリーにしていましたので、いろいろ聞いてますから、聞かせていただくつもりでした。まあ、自信がついてからのを聞かせてもらったほうがいいでしょう....楽しみに待っていましょう。
2009年10月24,27,30/11月7,10,13/3月27,30日
指揮:Daniel Barenboim
演出:Federico Tiezzi
舞台:Maurizio Balò
衣裳: Giovanna Buzzi
キャスト:
Simon Boccanegra : Plácido Domingo
Amelia :Anja Harteros
Jacopo Fiesco :Kwangchul Youn
Gabriele Adorno:Fabio Sartori
Paolo Albiani:Hanno Müller-Brachmann
Pietro:Andreas Bauer Alexander Vinogradov
Staatsopernchor/Staatskapelle Berlin

続きを読む


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽