So-net無料ブログ作成
海賊:ベッリーニ: ブログトップ

ベッリーニ《海賊》狂乱の場 [海賊:ベッリーニ:]


 前の記事でベッリーニの《海賊 Il Pirata》を取り上げましたが、ソプラノ、テノール、バリトンそれぞれ難しいため、めったに上演されないオペラだそうです。スタジオ録音の全曲盤は、これ(前の記事で紹介のCD)だけのようですし、ライブ録音も、マリア・カラス、モンセラート・カバリエ、ルチア・アリベルティのものがあるくらいのようです。
 しかし、上演されれば、めずらしい演目ですので、放送されているようで、ネットでも、こういうものをいろいろ聴くことができます。カラス、カバリエ、アリベルティの他、デヴィーア、ドラゴーニ、フレミングと聴きかじってみました。
 特に、表現力とテクニックが求められるソプラノの最後のアリア、10分以上に及ぶいわゆる「狂乱の場」は、歌手によって、かなり違って、へぇーなんですが、最も違うというか、異質なのがフレミングの歌唱です。狂ってんだからこうなのよ、みたいなかんじです。こういう様式無視ともおもえるような歌唱が、現代風で受けるのでしょうか。観客は大喜び、難しいオペラに挑戦したということへの賞賛なのでしょうか。それに、短縮版があるのかどうか知りませんが、20小節くらい端折ってますよね(詳しい方、ぜひコメントをお願いいします)興味のある方はどうぞお聴き下さい。狂乱の場全部ですと長いので、その最後の部分です。こちらに楽譜がありますので、見ながらどうぞ。
 220頁の一番したの段の真ん中の"Oh, sole! ti vela di tenebre oscure..."からですが、楽譜通りではありません。前半をカットしているようです。通常版の半分です。念のため、私が編集してカットしたわけではありません。
 カバリエの録音もアップします。短縮してないバージョンです。♪左の写真をクリックすると楽譜を見ながら歌が聴けます。ちょっと遊んでみましたが、ちゃんと音符を追えてなくて見づらいですね。
ヴィンチェンツォ・ベッリーニ(Vincenzo Bellini 1801.11.3.-1835.9.23): 1801年11月3日シチリアのカターニアで生まれる。24歳で最初のオペラを発表した後、翌年の第二作目《ビアンカとフェルナンド》の成功で、ミラノ・スカラ座からの依頼により、1827年に《海賊》を作曲、彼の名声を世界に広めることとなった。《カプレッティとモンテッキ》《ノルマ》など傑作を次々と発表し、イタリア座との契約により、丸一年かかって完成させた《清教徒》(34歳)を最後に、病に倒れ、パリ近郊で34年の短い生涯を閉じた。華やかな技巧を駆使し、品格と美しい旋律にあふれる彼の音楽は、交友のあったショパンや後のヴェルディ、ワーグナーなどにも影響を与えたといわれている。


タグ:フレミング
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
海賊:ベッリーニ: ブログトップ